CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

オープンカーの買取人気車種

オープンカーの人気ランキング車種買取相場

マツダ ロードスターRF

買取相場

107万円~313.5万円

ホンダ S660

買取相場

55.00万円~249.26万円

ダイハツ コペン

買取相場

16.39万円~190.41万円

>すべてのランキングを見る

オープンカーの車種一覧

    条件に合致する実績がありませんでした。条件を変更して再度検索してください。

オープンカー車の
リセールバリュー

オープンカーの
査定ポイント

中古車相場の傾向や特徴

オープンカーの中古車相場は、車による価格の差、業者による価格の差、時期による価格の差が大きいことが特徴です。 オープンカーは、人気の多寡が価格に与える影響が大きいため、同じブランドでもモデルにより、同じモデルでもマイナーチェンジの前と後により、人気が大きく異なることがあり、それが価格に大きく影響します。 また、屋根の部分の劣化具合や不具合がその開閉や雨漏りに影響しますので、屋根の品質の程度が大きく価格に影響します。 通常の車より、屋根というチェックポイントが多くなるわけです。 これらの人気の多寡の情報、モデルによって違う屋根の開閉の仕方・それに伴う品質などの細かいチェックの能力が業者によって異なるため、結果として業者による価格の違いが大きくなってしまいます。 また、オープンカーは夏に人気がある車です。 業者はその前に在庫を持ちたいので、査定価格はその前の春に高くなる傾向があります。 これらの情報に詳しいと思われるオープンカーを専門に扱っていたり、数多く扱っている業者を中心に、複数業者に相談してみるのが、有利な中古車売買をするのに重要になります。

人気なボディタイプやカラー、装備など

オープンカーといっても、たくさんの種類があります。 軽自動車のホンダ660やダイハツ・コペンから、国産登録車のマツダロードスター、トヨタのソアラ・SC、そして輸入車のBMWZ4、ポルシェ119まで価格も車の大きさも様々です。 幅広いモデルの選択肢がありますが、今ここに挙げた車は、どれも人気車であるといえます。 屋根もハードトップ、ソフトトップがありハードトップの方が経年劣化が少ないため、中古車市場では残価という意味では、ややハードトップが有利な傾向です。 ただ、各々のモデルで両方があるわけではなく、どちらか片方しか持たないことがほとんどですので、モデルを選んでしまったらほぼ屋根を選ぶ余地はありません。

オープンカーのリセールの特徴

前述しましたがオープンカーのリセールには、屋根の品質が大きく影響を与えるのが特徴です。 買う人も屋根が開けられる車ということで、オープンカーを買いますので、そこの品質をチェックします。業者のチェックも入念です。 ソフトトップの幌(布)の車の場合、車をどこに保管していたかが、幌の状況に大きく影響します。 できれば直射日光が当たるような場所ではなく、屋根付きの駐車場に保管しておくことをお勧めします。 また、開閉に故障が起きたり、幌が破れたりしたときには、早めに修理することが重要です。 時間がたつと直るものも直らなくなる可能性があり、修理代が大きくなる可能性があります。また、幌は全体をかけ替えることができるものもありますので、修理業者に相談してみてください。 オープンカーはファンの間で売り買いされる事が多いため、ファンの動向が価格に大きく影響を与えます。 魅力的な新型車の発売やモデルチェンジなどで、価格が大きく変動します。 例えば、新車の新型車の人気がいまいちだと旧型の値段が高くなることもあります。 インターネットのコミュニティや業者とのコミュニケーションで、つねに価格の動向を把握しておくことも重要です。

オープンカーについての情報

概要や歴史

自動車が開発された初期の車は、屋根のない車でした。 これは、自動車のエンジンにそれほどの馬力がなく、屋根付きのボディを動かすことが難しかったからです。 やがて、19世紀末になって、エンジンのパワーも強力になってきて、折り畳み式の幌がつけられるようになり、さらに1920年代になって、ほとんどの車に屋根がつくようになりました。 その後、1950年代以降、オープンカーはアメリカで人気となり、小ぶりの2シーターモデルからより大きいモデルまで、各社がラインナップの中にオープンカーを追加するようになりました。 ただその後は、車内でのオートエアコンの普及、自動車走行速度の高速化(オープンだと風やノイズが増える)などにより人気が落ち、一時期アメリカブランドでの販売はなくなりましたが、その後、クライスラーなどから再びオープンカーが発売されています。 日本車では、1989年発売のマツダのロードスターが世界でベストセラーになり、二人乗りの小型オープンカーの販売台数記録として、ギネスに認定されています。

オープンカーのスペック

オープンカーの屋根には、4種類あります。 一つはソフトトップと呼ばれるもので、布やビニールでできた幌を屋根に使ったものです。開閉時の操作が手動のものと、電動のもので、2種類になります。 もう一つはハードトップと呼ばれるもので、金属や樹脂でできた屋根で、これも手動のものと電動のものの2種類です。 ただ、ハードトップの手動の設定は非常にレアになります。 ソフトトップは、安価で操作も軽いですが、外の騒音や温度の影響を受けやすく、古くなると雨漏りが心配、また防犯上も危険であるというのが問題です。 ハードトップは耐久性があり雨漏りの心配も少なく、基本的には電動なので操作が楽、というメリットはありますが、高価になること、取り外した後の収納でトランクが狭くなることなどのデメリットもあります。

人気車種の買取相場

一括査定の流れ

カンタン4ステップ

査定申し込み

一括査定

必要書類の準備

ご入金

よくあるご質問

CTNのサービスを利用するにあたりよくあるご質問をまとめました。下記の目次からご覧になりたいものをご選択ください。

CTN一括査定では「申し込み」→「査定」→「必要書類の準備」→「ご入金」まで簡単4ステップで愛車を売却できます。
必要書類などご不明な点はカスタマーサポートにて準備から売却までお手伝いをさせていただきます。詳しくは「車を売るときの流れや手順を徹底解説!トラブルなく買取してもらうためには?」

売却時の必要書類については「普通車」・「軽自動車」で異なります。
各種書類については「車の買取時に必要な書類は何?買取金額がアップする書類とは?」

CTN一括査定では多くの中古車販売店が出張査定を対応しております。
自宅や希望する場所を指定いただければ、高価買取業者がお伺いさせていただきます。

愛車のローンが残っていても所有者変更などの手続きが必要になりますが売却可能です。
注意点として、売却価格とローンの残債がどちらが大きいかになります。
ローンの残債が多い場合は一度完済する必要があります。
詳しくは「車の買取はローン中でも可能!ケース別に売却手順や方法を解説」

CTN一括査定では全国対応で高価買取いたしますのでお気軽にご連絡ください。(一部離島を除く)

CTNでは解体、貿易グループとの提携により、廃車、事故車、故障車、不動車など関わらず全ての車両の買取が可能となります。気になる方はまずはご相談ください。

高価買取店を地域から探す