CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

車を売るときの流れや手順を徹底解説!トラブルなく買取してもらうためには?

  • 2023年3月10日

CTN買取 流れ

「車を売りたいけど何から始めればいいの?」
「車を売るときの一般的な流れを知りたい」
「傷や修復歴があるけど買い取ってくれるの?」
などの悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
この記事ではこのような悩みを解消するために、車を売る一般的な流れについて解説していきます。
事前に流れを把握しておくことで今後の取引をスピーディかつ安心して行うことができるでしょう。
自賠責保険や任意保険の手続き、売却するにあたっての注意点などもまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

車を買い取ってもらう流れや手続き

まずは車を売却する流れを順番に説明していきます。

①買取りしてもらう業者を選ぶ(相場や目安を取得する)

まずは買い取ってくれる業者を調べてみましょう。
「車 買取 業者」「車 買取 おすすめ」などと検索するとたくさんの買取業者がアップされてきます。
その中でも

  • 1.ポジティブな口コミが目立つ業者
  • 2.JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)

の“適正買取店”として認定されているかも確認しましょう。
買取業者によって買取価格は変動しますので、慎重に選ぶ必要があります。

一括査定(オススメ)

今自分が乗っている車の情報をフォームに入力すると、たくさんの買取業者が内容を確認して買取価格を連絡してくれます。
この一括査定は色々な買取業者を自分で比較するという手間を担ってくれるため、時間や手間をできるだけ減らしていきたいと考えている方におすすめです。
引越し業者もこの一括査定を取り入れており、利用された方も多いのではないでしょうか。

販売店へ持ち込み

販売店へ直接持ち込むことによって売却することも可能です。
その場合ネットで見積りするよりも高値になる場合がほとんどですが、

  • ・売却と次に購入する車の手続きを別々で行うことになる
  • ・すぐに引き渡さなければならない

というデメリットがあります。
そのため「少しでも高値で売りたい」と考えている方向けといえるでしょう。

個人間での売買

知人に車の購入を考えている人がいれば、今自分が乗っている車をおすすめしてみましょう。
実際に購入することが決定すれば仲介業者をはさまない分、高価で売ることができます。

ですがその反面、必要書類を集めたり名義変更へ出向いたりなどの手間はかかります。
書類に関しては個人情報を含むものもありますので、費用はかかりますが手間がかかる手続きなどは一括して代行してくれる業者がいますので検討してみましょう。

ディーラーでの下取り車として

ディーラーに直接持ち込み、下取り車として今乗っている車を手放す方法があります。
下取り車とは「今乗っている車を手放して新しい車を購入する」ことが前提となるため、売却して現金化することができません。
売却した金額は全額新しい車の購入費用に充てられるため「早く次の車に乗りたい人」向けと言えます。

また、今乗っている車は新しい車が納車されるまで使用することが可能なので「足がないと不便」と感じる人も下取り車なら問題ありません。
下取りと買取の違いについてはこちら

オークション

不用品を手放す際に使用することで有名なフリマアプリやインターネットオークションも、車を売る際に使用して良いことになっています。
ただ車は付随費用を含めた金額が高額であることや、配送問題を含め、少々やり取りが複雑になってくる点は注意が必要です。

また、もしトラブルが起きてしまったとしても基本的には個人同士で解決しなければなりません。
このようにデメリットはありますが、個人間売買では「自分の好きなタイミングで売り買いができる」「仲介業者を含まないため高値で売れる」などのメリットがあります。

②必要書類をそろえる

買取業者が決まったら必要書類を揃えていきましょう。
車の売却で一番手間のかかる作業が書類集めで、契約書等には個人情報も記載されたものが多くあるので取り扱いにも注意が必要です。

自分でするにはお金も時間もかかるから難しいと考えている人のために司法書士や手続きを代行してくれる業者もありますので、活用を検討してみてください。
車の買取時に必要な書類はこちら

③実際に査定してもらう

必要書類がそろったら実際に査定してもらいます。
少しでも高値で売れるよう、以下のことに注意しましょう。

  • ・自分でできる洗車やワックスがけなどは事前に済ませる
  • ・トランクの中身を空にする、掃除する
  • ・事故歴や修復歴、ついている傷などは必ず伝える

見た目はきれいな方がいいので、自分でできる最大限の掃除や手入れは行いましょう。
ただ高値で売りたいばかりに傷や修復歴を隠してしまうのはいい印象を与えないため、自分から伝えるようにします。

④売却先を決定し売却手続き

売却先を決定させたら手続きに入りますが、上述の通り業者によって査定額はかなり変動しますので慎重に選ぶ必要があります。
何社か相対的に判断し、売却先が決定したら電話やインターネットから申し込みをして手続きに入ります。

⑤自賠責・任意保険の手続き

自賠責保険は保険契約期間内に売却する場合、月割によって戻ってきます。
早めに解約すればその分「売却額に上乗せされる」「査定のプラスになる」ことになります。
任意保険は手放す場合のみは解約となり、新たに車を購入する場合は「車両入替」といった手続きを行います。
新しく購入する車種によっては金額の変更などにより契約内容が変更になることもあるので、保険会社に確認しましょう。

⑥車両の引き渡し

車の査定が終了し引き渡し日当日が来るまで、車は極力乗らないようにしましょう。
査定はあくまで査定時までの金額となっており、引き渡し日までに車を使用してしまうとその分価値が下がってしまいます。

また、査定後に新たな傷ができてしまったり事故を起こしてしまった場合にはトラブルの原因となってしまうため、必要時以外は乗ることを控えたほうが無難です。
引き渡しまで必要書類を揃えて全ての手続きを終了させ、引き渡し当日になったら買取業者にキーと車を渡して手続き完了です。

⑦入金の確認

引き渡し後、入金予定日になったら指定口座に入金されているか確認します。
ほとんどの場合引き渡し日より1週間~10日ほどで入金されます。
こちらも入金日がいつになるかをしっかりと確認しておきましょう。

車を買い取ってもらう際の注意点

次にトラブル防止のため、車を売却する際の注意点を前もって以下のことを確認しておきましょう。

◯売却予定の車のローンが完済しているか

車のローンが残っていても売却することは可能ですが、できれば完済している方がいいでしょう。
仮に月々の支払いが厳しいから売却するとなると、下取り価格よりも残っている残債の方が高ければ損をしてしまうからです。
ローン中の車買取についてはこちら

◯修復歴や傷は忘れず伝える

買取業者にて全て確認はしてくれますが、必ず自覚のある傷や修復歴などは伝え漏れのないようにしましょう。

また、小さな傷はへたに自分で直してしまうと査定に響く可能性があるため、そのままの状態にして伝えるほうが無難です。
車に傷がついている場合の買取方法はこちら

◯契約後のキャンセルはなるべくしない

契約が成立した後のキャンセルは極力しないようにしましょう。
キャンセルしないことを前提にしつつも、どうしてもキャンセルしなければならないことがあるかもしれません。
その場合は必ず買取業者に確認し、キャンセル料などが発生する場合はその指示に従います。
買取契約後のキャンセルについてはこちら

車を売った後の流れは?

車を売った後は使用できる車がなくて不便に感じるかもしれません。
その場合は代車貸出サービスを利用しましょう。
車を売却して新しい車が手元に来るまでの間、買取業者が代車を貸してくれるサービスです。
タクシーやレンタカーを使用するよりも安価で借りられることが多いため、公共交通機関よりも車を使用することが多い人にはメリットといえます。
車を売却した際の代車についてはこちら

◯任意保険の手続き

車を保有している場合、ほとんどの人が任意保険に加入していると思います。
その場合、車を手放した時点で任意保険の手続きを忘れないようにしましょう。
車を新しく購入予定の人は「車両入替」となり、売却のみの場合は解約となります。
必ず保険会社へ連絡しましょう。

◯廃車の場合

売却ではなく廃車にする場合は廃車の買取専門店に依頼することになります。
その場合、廃車する車であっても買取価格が付く場合があるのでお金を受け取ることができます。
自賠責保険や任意保険も多く支払った分は還付されてきますので、入金通知ハガキを確認しましょう。

なお、自賠責保険に関しては廃車買取業者が手続きしてくれる場合がほとんどです。
廃車買取に必要な書類はこちら

車を売るのにおすすめな時期は?

次に、車を売るおすすめな時期を紹介します。
時期によっては買取金額に数万円の差が出てくることもありますので、急ぎではなければ時期を確認して売ったほうがお得になります。

◯車検前

車検を受けた後のほうが高くなると思われがちですが、実は車検を受ける前のほうが売却時期としてはおすすめです。
意外にも車検後と車検前ではそこまで査定額に差がないこともあり、それなら高いお金を払って車検を受ける必要はないといえます。
法定費用のみでも数万円は車検時に支払わなければならないので、それなら車検前に売却してしまったほうが手元に残る金額が多くなります。
車検切れの車を売却する方法についてはこちら

◯モデルチェンジ前

モデルチェンジ前の車とモデルチェンジ後の車では、一般的にモデルチェンジ後の車のほうが人気が高い傾向にあります。
そのため売却するならモデルチェンジ前を選びましょう。
人気がある車なら高値で買い取ってくれる業者も多いです。

◯1月~3月

1月〜3月も売却する時期に良い時期とされている理由があります。

  • ・3月に買取業者の決算があるため
  • ・4月から新生活が始まることにより需要が高まる

他の月に売却するよりも高値で売れる場合があるので、急いで売る場合以外は1月〜3月を狙って売ることをおすすめします。

なお、次に売りやすいと言われているのが9月でありますが、こちらも夏に決算を行う買取業者やボーナス支給の関係からといわれています。

ただ、近年では新型コロナウイルスの影響で車を必要とする人が急増していることから、時期に限らず例年より高価で買い取ってくれる業者も多いようです。
車買取でおすすめの時期についてはこちら

走行距離が5万キロ・10万キロになる前

走行距離も売却の大きな査定基準になりますが、そのボーダーラインが5万キロ、10万キロだといわれています。
車は消耗品なので、中古車の場合は新しければ新しいほど高価になるのが一般的です。

まとめ

今回は車の売却についての流れや手続き方法をまとめました。
「車の売却が初めて」「一人で買取業者を比較するなどが不安」という人は、まずは一括査定から始めることをおすすめします。
たくさんの業者の中から査定額や対応といった総合的な判断で車の売却を決めると良いでしょう。
自分が今まで乗ってきた愛車であれば少しでも高価で親切な買取業者を選びたいものです。
この記事があなたの愛車を売却する手助けとなれば幸いです。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.事故車は回収してくれますか?

一般的に修理が済んでいる場合は売却が可能です。
ただ買取業者によっては断る場合もあるため、まずは相談して修理歴がある旨伝えてみましょう。
大きな傷や凹み、走行できないような車は廃車も考え、廃車買取業者も視野に入れて業者を検討する必要があります。
事故車についての買取はこちら

Q2.自動車税が未払いの車ですが買い取りは可能ですか?

自動車税が未納のまま車を売却することはできません。
自動車税とは毎年4月〜5月に車の所有者あてに納付書が届き納めていくものですが、車を保有している以上自動車税を支払うのは義務となるため、それを放棄して売却することはできません。
万が一故意ではなく、納税を忘れて売却してしまった場合は買取業者によっては査定額から自動車税分を相殺してくれるところもあるようです。
車を売却した時の税金についてはこちら

この記事の監修者

6.前田

前田 杏奈

資  格:普通自動車免許、夫婦問題カウンセラー、日商簿記3級
専門分野:車、夫婦、仮想通貨など
概  要:自身の離婚経験から夫婦問題カウンセラーの資格を取得し、テレビ出演も経験。
趣味はスポーツカーを運転することで、車関係の記事を書くことを得意としている。
小学生の娘と事実婚パートナーと3人暮らし。

高価買取店を地域から探す