CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

廃車や事故車の買取、廃車手続きの際に必要な書類は何?

  • 2023年3月9日

CTN廃車買取 必要書類

距離を走っている車や多年式の車は買い取ってもらえるのか気になる方は多くいると思います。
また、買い取ってもらう際、面倒な手続きや書類が必要なのかどうかと不安な方もいらっしゃると思います。
ここでは、廃車手続きの際に必要な書類はなにか、流れや注意点などをご紹介していきます。

廃車でも買取は可能なのか?

結論から申し上げますと、廃車でも買い取ってもらうことができます。

しかし、全ての買取業者が必ずしも買い取ってくれるとは限りません。
例えば、中古買取業者やディーラーでは廃車にするとき費用がかかる場合があります。

廃車を売るには3つの選択肢がある

上記で申し上げたように、廃車を買取してもらうことは可能です。
その際廃車はどこに売ればいいのかという疑問が出てくると思います。
廃車を買取してくれる所は、「ディーラー」「スクラップ業者」「廃車買取業者」の3つがあります。
ここでは3つの選択肢をそれぞれメリットやデメリットをご紹介していきます。

①ディーラー

買取価格 普通自動車:1万円〜2万円
軽自動車:3千円〜1万円
費用 1万円〜8万円
メリット 手続きを代行してもらえる
デメリット 手数料がかかってしまう。(手続き代行や引き取りなど)

ディーラーへお願いした時、廃車買取業者と同じく手続き全てを代行で行ってくれます。
ただ、廃車買取業者とは違い、廃車の買取はされず費用がかかってしまいます。
というのもディーラーは車を販売することも目的としているため、需要がない車は処分に余計なお金がかかってしまうからです。

②スクラップ業者

買取価格 0円
費用 普通自動車:2万5千円〜4万5千円
軽自動車:2万円〜4万円
メリット 車の状態次第では買取も可能。
デメリット 個人で依頼するのは難しい。
廃車手続きが手間。運輸支局に行く必要がある。

スクラップ業者にお願いした場合、廃車手続きを全部自分でしなくてはいけないのでかなりの時間と手間がかかってしまいます。
また、スクラップ業者はトラブルを嫌うため個人からの依頼は受けない傾向にあります。

③廃車買取業者

買取価格 普通自動車:4万円〜6万円
軽自動車:1万円〜2万5千円
費用 0円
メリット 事故車や故障車、水没などでも買取をしてくれる。
エンジンがかからないなどの問題を抱えていても買取可能。
デメリット なし

廃車を売却する際は廃車買取業者にお願いする事が、最もおすすめな方法です。
なぜなら、上記でご紹介した方法の中でも一番買取価格が高く、複雑な手続きなども無料で行ってくれるからです。
また、車を移動させる際のレッカー代も無料となっており、動かすことのできない車でも買取の依頼をする事ができます。

廃車手続きや事故車の買取に必要な書類

廃車や事故車の買取手続きには以下の書類を用意しましょう。
車種や事故の状況などによって、必要な書類が異なるのでご自身の状況を把握し事前に調べておくようにしましょう。

ここでは、廃車買取業者に依頼した時の普通自動車だった場合と軽自動車だった場合で例をそれぞれ3つ程ご紹介します。

◯普通車

一般的な廃車、事故車の手続きに必要な書類など

・車検証

・印鑑証明書

・ナンバープレート前後2枚

・自賠責保険証

・リサイクル券

代理人が廃車にする場合の手続きに必要な書類など

・車検証

・所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)

・ナンバープレート前後2枚

・自賠責保険証

・リサイクル券

車検証の住所から1度引越しをした場合の手続きに必要な書類など・車検証

・印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内)

・ナンバープレート前後2枚

・自賠責保険証

・リサイクル券

・住民票(発行日から3ヶ月以内)

といったように状況などによって必要なものが変わってきます。

軽自動車

一般的な廃車、事故車の手続きに必要な書類など

・車検証

・ナンバープレート前後2枚

・自賠責保険証

・リサイクル券

代理人が廃車にする場合の手続きに必要な書類など

・車検証

・ナンバープレート前後2枚

・自賠責保険証

・リサイクル券

車が営業ナンバーだった場合の手続きに必要な書類など

・車検証

・ナンバープレート前後2枚

・自賠責保険証

・リサイクル券

・貨物軽自動車運送事業経営変更等届出書

・事業用自動車等連絡書(発行日から1ヶ月以内)

普通自動車と軽自動車によっても用意するものが違い、普通自動車の方が必要な書類が多くなっています。

また、自分で廃車の手続きをする際には永久抹消登録や一時抹消登録申請、解体届出などをする必要があり追加で書類などの準備をしなければなりません。

◯追加書類が必要になるケースがある

廃車の手続きは、基本的には上記で挙げた書類で全てとなっています。

ただ、場合によっては追加で書類を用意しなければいけないケースもあります。
ここでは追加で書類が必要になる場合と必要書類を解説していきます。

車検証の所有者欄の名前と住所が印鑑証明書の情報と違う場合

車検証に載っている所有者の名前や住所が印鑑証明証の情報と違っていると陸運局での手続きをする事ができません。
情報に違いがある時は、廃車の手続きに必要な書類に加え、住民票の提出をしなければなりません。

車の所有者が個人ではない場合

車の所有者が個人ではなく法人の場合は、廃車の手続きに必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、譲渡証明書、委任状の3つが必要です。
いずれも発行日から2ヶ月以内のものが必要です。

所有者がなくなっている時

所有者が亡くなっている時は、廃車の手続きに必要な書類に加え、遺産分割協議書、印鑑証明証、戸籍謄本が必要になります。
戸籍謄本は、相続人全員が載っている必要があります。

また、除籍謄本に所有者の死亡が載っている必要があり、遺産分割協議書は、相続人全員の記入押印があり代表相続人だけの実印が押されていることが必要です。

普通車と軽自動車の手続きの場所

普通車と軽自動車の廃車手続きを行う場所は違います。
普通車の廃車手続きを行う際には、書類の提出するところは住んでいる地域の「管轄の陸運局」となっており、軽自動車の廃車手続きを行う際には、書類を提出するところは住んでいる地域の管轄する「軽自動車検査協会」となっています。

その他にも、リサイクル料金や自動車税還付など普通車と軽自動車では異なる部分が複数あります。

廃車買取をする時の流れ

廃車買取をしたいと思っても実際に何をしたら良いのか、どんな流れで進んでいくのかなど不安があると思います。
ここでは、廃車買取業者に依頼した時の流れを簡単に説明していきます。
廃車の買取の流れは、大きく5つの段階に分かれています。

①無料査定フォームや電話での問い合わせ

無料査定フォームや電話で問い合わせを行い、査定、見積もりをお願いしましょう。
査定申し込み後担当者から連絡がきます。内容に納得した場合、期限内に再度連絡をしましょう。

②引き取りの日程を決める

買取する事が決まったら、引き取りの日時を決めていきます。
買取業者によっては土日祝日の引き取りも可能となっているところもあるので事前に確認しておきましょう。

③引き取り日までに必要書類を用意

成約確認書に書かれている必要書類を準備します。
引き取り日に担当の人に渡しましょう。郵送でも可能な場合があるので時間が取れなくて直接立会できない場合などうまく活用しましょう。

④車引き取り

決めた日にちに担当者が車を引き取りにきてくれます。
業者によっては、立ち会いが難しい場合でも引き取りはしてくれます。
注意点として終結した後のキャンセルについては、違約金がかかる場合があるので覚えておきましょう。
買取契約後のキャンセルのついてはこちら

⑤買取金額の振り込み、廃車証明書の送付

廃車手続きに必要な書類を送り、書類と車の引き取り完了が確認できたら指定口座にお金が振り込まれます。
その後、1週間〜2週間で廃車の手続きが終わります。
料金が振り込まれる日程も事前に買取業者へ確認しておきましょう。

廃車にする時の注意点、ポイント

廃車は購入する時とは違い、何度も経験しないため手続き等が複雑で難しく感じてしまうのではないかと思います。
そんな悩みを抱えている人達に向けここでは、車を廃車にするときに注意すべき点を3つご紹介していきます。

◯走れる車は買取店で査定

乗っている車はもう古いからなどと考えていても、実は需要があったりします。
中古車として再販できたり、修理することで問題なく走れるといった車は買取してくれる可能性があります。

また、車は古くてもその中にはまだ使える部品が残っているものです。
もちろん部品にも価値があるため、走らない車でも十分価値があるといえます。

◯一括査定サイトを利用し、複数の業者で見積もりを出してもらう

見積もりを取る時は一括査定サイトを利用し、複数の業者から1番高く買取価格を提示してくれる買取業者へ依頼するようにしましょう。
買取業者やお店によって査定額が違うのでより条件のいい買取をしてくれるところを探す事もポイントの1つです。

◯廃車手続きが月をまたぐ場合、還付金に注意

自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、自動車任意保険解約などは月割りとなっています。
手続きが月をまたいでしまうと1ヶ月分損をしてしまいます。
月をまたいでの手続きになってしまわないように注意しましょう。

廃車手続きの種類

廃車手続きにはいくつか種類があります。
それぞれ、用途や手続きの仕方が違うので事前に確認しておくようにしましょう。

◯永久抹消

永久抹消は、すでに自動車の解体を行っている、または自動車が利用できない状態の車の情報を完全に削除する手続きとなっています。
永久抹消では、車を再利用しないでリサイクル業者へ解体を依頼します。

◯一時抹消

一時抹消は、一時的に自動車の使用を中止する時に行う手続きです。
本拠地の管轄する運輸支局で手続きを行います。
一時抹消をしている間は自動車税の課税が停止されます。

◯解体届出

解体届出は、一時抹消登録を済ませた自動車を解体した時に行う手続きです。
手続きは運輸支局(全国どこでも可)で行います。
リサイクル業者から解体を終えた報告を受けた後、15日以内の手続きを必要とします。

◯輸出抹消

輸出抹消は、自動車を輸出する時に運輸支局で行う手続きです。
通関のため、車の所有者が申請して輸出抹消仮登録証明書をもらう必要があります。
輸出抹消仮登録証明書を税関に提出し、輸出したことを国土交通省が確認したら完了となります。

◯解体返納

解体返納は、自動車の解体が済んでいたり、災害などによって軽自動車が使えなくなった時に行う手続きです。
本拠地の管轄する軽自動車検査協会で手続きを行います。

◯一時使用中止

一時使用中止(別名 返納証明書交付)は、一時的に軽自動車の登録情報を抹消する時に行う手続きとなっています。

◯輸出予定届出

輸出予定届出は、軽自動車を輸出する時に行う手続きです。
転勤や海外移住をする時などに日本で使用していた軽自動車を海外に持っていくための手続きです。

必要書類を揃える際の注意点

廃車をお願いする場所や一連の流れ、注意点やポイントなど上記で解説してきました。
より手続きをスムーズに進めていくためには、上記で説明した他に書類等の細かい部分も大事になってきます。
ここでは、廃車手続きに必要な書類の揃える際の注意点についてご紹介していきます。

◯車検証の所有者を要確認

車検証の所有者は誰なのかよく確認するようにしましょう。
もし車検証の所有者が自分でない場合は委任状や印鑑証明書、譲渡証明書などが必要になるので事前に確認しておきましょう。
書類があれば本人でなくても廃車の手続きをすることが可能となっています。

◯印鑑証明は発行されてから3ヶ月以内か

印鑑証明は発行後3ヶ月以内の物を使用するようにしましょう。
印鑑証明自体に有効期限はないですが、廃車の時に使う印鑑証明書は3ヶ月以内と期間の指定があります。
廃車をする時、手続きや書類などが多くなってしまうため、事前に印鑑証明書を用意しがちですが注意が必要となっています。

◯印鑑証明書と同じ印鑑か

廃車の手続きを行う時は、印鑑証明書と同じ印鑑である必要があります。
しかし中には、やむを得ない理由で印鑑証明書が用意できないケースもあると思います。
例えば、引っ越しをした場合住民票が必要となり、結婚した場合は、戸籍謄本が必要になってきます。
印鑑証明書の注意点や発行方法についてはこちら

◯ナンバープレートが盗難などではない場合は理由書がいる

ナンバープレートを無くしていても廃車手続きをする事ができます。
ただし、ナンバープレートを無くした時は、警察への届け出が必要となります。

まとめ

廃車の買取をする際には、さまざまな手続きや書類が必要になってきます。
事前に必要な物や買取に出す際のポイントを押さえておくことでスムーズな取引を行う事ができます。
廃車を自分でするとなると根気が必要となってくる事もあります。
わからない事があった場合は、都度業者に確認するなどして自身の負担にならないようにする事も大事です。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.ローンが残っていても廃車可能ですか?

車検証に記載してある所有者が本人または家族であれば可能となっています。
ローンをしていて所有者欄が信販会社の場合は、車の名義を自分に変更してから廃車しなければいけません。
ローン中の車買取についてはこちら

Q2.車検証を無くしました。廃車は可能でしょうか?

普通車、軽自動車どちらとも廃車可能です。普通車では、車検証に載っている所有者の書類が必要になってきます。
軽自動車では、車検証に載っている所有者の名前、住所の正確な情報が必要になってきます。

この記事の監修者

8.国松 聖真(chack9314)

国松 聖真

専門分野:車、ファッション、ゲーム
概  要:車、ファッション、ゲーム記事を得意とするWebライター。
前職では、車の部品やパーツ製造から営業まで車関係の仕事に幅広く従事。
身に付けた自動車の知識を活かし、「車の楽しさ」や「車の知恵」を発信。
現在は、フリーランスWebライター・マーケターとして様々なメディアの執筆や編集、監修を幅広く行っている。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す