CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

廃車買取のレッカー費用は無料?廃車買取の流れや手続きについても解説

  • 2024年4月26日

⑰廃車 買取 レッカー
廃車の買取とレッカーを業者に依頼するときはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
この記事では、廃車の買取費用やレッカー費用について解説します。
車の処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

廃車の買取とレッカーにかかる費用

廃車になった車の買取とレッカーにかかる費用を業者別に解説します。

解体業者に依頼する場合

解体業者に廃車のレッカーを依頼すると、10,000円〜30,000円の費用がかかります。
大型車や長距離移動が必要な場合は別途費用が必要です。
レッカー費用は空車回送距離と牽引距離によっても変動します。

解体業者に廃車の解体処分を依頼すると、普通車の場合で25,000円〜45,000円、軽自動車の場合で23,000円〜40,000円必要です。
解体業者は車の解体は担当してくれますが、廃車手続きの代行は行っていません。
廃車の手続きは所有者自身で行う必要があります。

ディーラーに依頼する場合

ディーラーでは廃車のレッカー作業や廃車手続きの代行まで行ってくれますが、レッカー代が30,000円、代行手数料が10,000円〜20,000円かかるため、50,000円程度の費用を支払う必要があります。

ディーラーでは基本的に廃車の買取には対応していません。
新車を購入する場合は下取りによる値引きが発生しますが、廃車にかかる費用が高すぎると下取り値引きの恩恵が受けられない場合もあります。

レッカー業者に依頼する場合

廃車の移動をレッカー専門業者に依頼した場合、13,000〜26,000円の費用が必要です。
レッカー費用は車の状態や場所によって変動します。
休日や夜間の場合はさらに料金が高額になるため注意してください。

廃車にする場合は、解体費用や廃車手続きの費用もかかります。

廃車買取業者に依頼する場合

廃車買取業者に依頼した場合は、レッカー費用も廃車手続き代行費用もすべて無料になります。
車の状態や時間、場所による追加料金の発生もありません。

廃車買取を専門としているため、どんな車でも0円以上での買取が可能です。
レッカー代や代行手数料が不要で買取も可能なため、最もお得な処分方法といえるでしょう。

廃車買取業者が買取もレッカーも無料でできる理由

廃車買取業者はなぜ買取やレッカーなどのサービスを無料で提供できるのでしょうか。
その理由について解説します。

廃車でもパーツ自体に価値があるため

動かなくなってしまった車や走行距離が20万kmを超えていて再販が難しい車でも、使われているパーツには価値があります。
目立った不具合がなければ動作確認後に洗浄して、中古パーツとして販売することが可能です。

中古のパーツは車の修理費用を抑えたいというユーザーに需要があります。

資源としても活用できるため

車のパーツは金属などの資源でできているため、鉄やアルミをリサイクル資源として有効に活用することが可能です。
自動車リサイクル法により、解体された車の金属資源は解体業者に売却できます。

ボディに多少の傷や凹みがあっても、資源としての価値に影響はありません。

廃車でも海外需要が期待できる

日本の車は耐久性に優れているため、輸入したいと考えている国が世界中にあります。
中古車の海外輸出ができる場合は、それなりの利益を得ることが可能です。

日本では寿命と考えられている車でも、海外ではまだまだ走れると見なされるため、しっかりとメンテナンスすれば海外で中古車として販売することが可能です。

特に日本車はタイやマレーシアなどの東南アジアでは高い人気があります。
東南アジア市場では、走行距離10万km以上の日本車の取引も盛んです。
アフリカやヨーロッパでも日本車の需要は高まっています。

失敗しない廃車買取業者の選び方

廃車買取業車の中には、残念ながら悪徳な業者も紛れ込んでいます。
失敗しない買取業者の選び方をチェックしていきましょう。

還付金についての説明がある

廃車買取業者に廃車手続きを依頼すると保険料や税金の還付金相当額を、買取金額に上乗せしてくれる場合があります。
買取金額を提示する際に還付金の説明が一切ない業者もいるので注意が必要です。

トラブルを回避するために、還付金に関する説明がない場合は忘れずに業者に質問しましょう。

国から認可を受けたリサイクル工場がある

自社のリサイクル工場があれば、費用をかけずに車を解体することが可能です。
ない場合は他の解体業者への委託手数料がかかってしまうため、買取価格が減額されてしまいます。

車を解体するためには、国からの許認可が必要です。
認可を受けたリサイクル工場があるかどうかは、ホームページを確認するか直接業者に連絡して問い合わせてみましょう。

海外への販路を確保している

海外へ中古車を輸出できる仕組みを持っている業者の場合は、買取価格のアップが期待できます。
買取価格を高くできるのは、海外で人気の高い日本の中古車やパーツを販売できるからです。
日本国内にしか販売ルートのない業者と、海外に販売できる業者では利益に大きな差が生まれるでしょう。

住んでいるエリアから近い

廃車買取業者の店舗や工場がある場所が住んでいるエリアから近いことも、業者選びの大事なポイントになります。
基本的にレッカー引き取りは無料で対応していますが、距離が遠すぎる場合は有料になる可能性があるためです。

廃車買取業者の公式サイトで対応エリアや近くの店舗を確認しておきましょう。

公式サイトに手数料などの料金が掲載されている

廃車買取専門店の公式サイトに明確な料金が掲載されていない場合は、手数料などの追加料金が請求される可能性があります。
キャンセルした場合は違約金を請求する業者もあるため、料金については契約する前に確認しておくことが大切です。

説明をしっかりと行ってくれる

契約する前に質問したことを丁寧にわかりやすく説明してくれる業者は信頼度が高いです。
専門的な知識をもっている、言葉遣いが丁寧など、スタッフの対応力の高さも業者選びではチェックしておきたいポイントになります。

信頼できる業者を選んで安心安全な取引を目指しましょう。

レッカー無料の廃車買取業者5選

レッカー引き取りが無料の廃車買取業者を5社厳選して紹介します。

カーネクスト

カーネクストは全国レッカー出張に対応していて、車の無料引き取りサービスを提供しています。(一部離島は除く)
大破して動かない事故車でも0円以上で買い取ることが可能です。
廃車手続きの専門スタッフが在籍していて、手続きの代行手数料の負担は必要ありません。
買取価格とは別に自動車税の還付金が受け取れます。

廃車王

廃車王は全国に150店舗展開していて、電話1本で全国どこでも無料引き取りが可能です。
また、廃車手続きも無料で代行してくれます。

万が一キャンセルした場合でも手数料や違約金などの請求はありません。
自動車リサイクル業界では国内で唯一経済産業大臣の認可を取得しています。

廃車本舗

廃車本舗は創業24年の実績があり、廃車のレッカー代も負担してくれます。
廃車手続きの代行にかかる費用は一切ありません。
海外輸出事業との連携により高価買取を実現しています。
専門のスタッフが丁寧に対応してくれるため、初めての方でも安心です。

日本廃車センター

日本廃車センターでは、全国どこに住んでいても車の引き取りが無料です。
また、どのような状態の車でも、0円以上で買い取ることを保証しています。
廃車手続きも無料で、買取価格からの減額はありません。
スピード対応のため、即日現金化が可能です。

ナビクル廃車買取

ナビクル廃車買取では、廃車引き取りの全国出張に無料で対応しています。
事故車や故障車など、他社で買取を拒否された車でも買い取ることが可能です。
また、面倒な廃車手続きも無料で代行します。
さらに、自動車の査定額に加えて、自動車税の還付金を受け取ることも可能です。

廃車買取の流れ

廃車買取の一般的な流れについて解説します。

無料査定や相談を申し込む

まずは電話やメールで廃車の無料査定を申し込みます。
車について質問されるため、手元に車検証を用意しておくとスムーズです。
インターネットで受付をしている場合は、24時間好きなタイミングで査定を依頼できます。

必要書類を準備する

引き取りが決まったら、廃車買取に必要な書類を準備します。
必要書類は普通自動車の場合と軽自動車の場合で異なるため、しっかり確認しておきましょう。

普通自動車 軽自動車
・自動車検査証

・印鑑証明書

・実印

・委任状

・譲渡証明書

・リサイクル券(A・B)
・身分証明書

・自動車検査証

・リサイクル券(A・B)
・身分証明書

・申請依頼書

・認印

車の登録状況によって必要書類が変わる場合があります。
都道府県によっては自動車重量税還付の際に、マイナンバーの個人カードまたは通知カードのコピーが必要です。

レッカーによる引き取りの実施

担当者が指定された日時に車の引き取りに向かいます。
成約後にキャンセルとなった場合は、違約金を請求される場合もあるため注意してください。
通常は引き取りの際に身分証明書の確認と必要書類の受け渡しが行われますが、業者によっては書類は郵送で所有者の立ち会いが不要な場合もあります。

廃車手続きの代行と買取代金の入金

必要書類に不備がなければ、業者が廃車の手続きを代行します。
廃車手続きが完了すると廃車証明書が発行されるため、郵送やメールで送ってもらいましょう。
買取代金は廃車手続き完了後指定口座に振り込まれます。

廃車手続きを行い、車の乗り換えを検討するときにおすすめなのは一括査定を利用することです。
CTN一括査定では利用者の登録情報をもとに3社を厳選してご連絡しますので、電話ラッシュで時間や手間を取られることがありません。
またCTN一括査定の大きなポイントは、軽自動車やSUV、輸入車などの専門買取業者などでも比較できることです。
そのうえ車販売店のみならず解体業者や貿易会社とも連携しているため、大掛かりな修理が必要な車などにも対応が可能です。
「きっと値がつかないだろう」と諦めている方もCTN一括査定なら、愛車にぴったりの買取業者を見つけられるかもしれません。
車を高く売りたいと思っている方は、CTN一括査定をぜひご利用ください。

車を自分で廃車にする場合に必要な手続き

車を廃車にするためには、永久抹消登録か一時抹消登録のどちらかの手続きが必要です。
自分で廃車手続きを行う際に必要な手続きについて解説します。

永久抹消登録

永久抹消登録は二度と公道を走行しない場合の手続きです。
事故を起こして走行不能になった車は永久抹消登録で廃車にできます。
永久抹消登録に必要な書類は、次のとおりです。

  • ・自動車検査証
    ・ナンバープレート
    ・実印
    ・印鑑証明書
    ・申請書
    ・手数料納付書
    ・自動車税申告書
    ・リサイクル券(A・B)
    ・解体日がわかる書類

車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合は、住民票も提出する必要があります。
書類の取得にかかる費用は実費です。

一時抹消登録

一時抹消登録は、転勤や海外出張により長期間車に乗らない場合の手続きです。
自動車税の支払いを停止したり、申請すれば再び公道を走らせたりすることができます。
一時抹消登録に必要な書類は、次のとおりです。

  • ・自動車検査証
    ・ナンバープレート
    ・実印
    ・印鑑証明書
    ・申請書
    ・手数料納付書
    ・自動車税申告書

一時抹消登録の手続きでは、車を再び使用する際に必要な登録識別情報等通知書が交付されます。
重要な書類となるため、紛失には注意しましょう。

まとめ

今回は、廃車の買取とレッカー費用について解説してきました。
廃車の買取を廃車買取専門業者に依頼すると、廃車手続きやレッカー費用が無料になる場合があります。
面倒な手続きやレッカー費用が削減できるため廃車買取業者の利用がおすすめです。
信頼できる廃車買取業者を選択して、安心安全な取引を目指しましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

廃車買取業者がレッカーを無料にできる理由は?

廃車の車両本体をお金に変える手段を持っているためです。
リユースやリサイクル、海外への輸出により、レッカー代を賄えるほどの利益を得ています。

無料引き取りを実施している廃車買取業者はあやしい?

廃車買取業者を利用した人からトラブルが起きた報告があるのは事実です。
トラブルに巻き込まれないために、今回解説した信頼できる業者選びのポイントを正しく理解しておくことが大切です。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。 中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す