CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

プロトンの車種一覧

プロトン車の
リセールバリュー

プロトンの
査定ポイント

中古車相場の傾向や特徴

プロトンの中古車は、日本における新車の販売台数がそれほど多いメーカーでもなかった上に、わざわざ中古車を輸入する必要もなかったことから、中古車として販売されている車の台数は非常に少ない状況です。 このような状況のため、プロトンの中古車相場も、情報が少なく、傾向や特徴を把握しにくくなっています。 マレーシアのメーカー、モータースポーツ向けのモデル、台数が少ないということを考慮すると、新車時の価格に比べて、安めの中古車相場になっている状況です。

人気なボディタイプやカラー、装備など

プロトンは、先程説明したように、正式輸入されているのは、1モデルのみで、色についてもソリッドホワイトの一色のみです。 グレードはAからDの4段階の設定がありますが、ベースグレードに安全装備のLSD(リミテッド・スリップ・デファレンシャル)が付くかどうかと、さらにラリー向け装備であるロールゲージという車体の剛性を上げる装備が付くかどうかになっています。 モータースポーツ向けではなく、一般のドライバー向けには、ロールゲージがないものが好まれるでしょう。 一方ラリーなどモータースポーツ向けには、ロールゲージありも評価されるでしょう。

プロトンのリセールの特徴

プロトンのリセールの第一の特徴としては、台数が少ないということになります。 非常に少ない台数しか輸入されていません。 そして限られた人向きの車であるということです。 基本は、モータースポーツを趣味とする人向きのクルマです。 中古車の検索サイトで調べてみても、今売られているプロトンの車はゼロ件であることが多い状況になります。 このような状況ですから、査定価格やリセール価格の前例がなく、情報が少ないということになります。 プロトンの車を売るにしろ、買うにしろ、相場感がわからないというのが、プロトンのリセールの第2の特徴です。 実際プロトンの車を業者に売るとしても、業者はそれを買って、次にどれぐらいの値段で、またどれぐらいの期間で、その車が売れるのかが分からないというのが実情でしょう。 したがって、彼らとしても値段のつけようがないというのが現実だと想像できます。 また、値段が付いたとしても、売る方にとってもその値段で納得していいのかどうかの参考情報がありません。 買う方の立場の場合も、全く同じで、売り車があったとしても、その値段で買うべきなのかどうかが分かりません。 過去の事例がないことから、売り買いをしたい場合は、やはり正規の輸入元に相談してみるのがいい方法でしょう。

プロトンについての情報

概要や歴史

プロトンはマレーシアの自動車会社で、正式名称はマレー語のPerusahaan Otomobil Nasional(国民自動車会社)になります。 マレーシアの首相だったマハティール氏が、マレーシアの国民のための国民車構想を立ち上げ、そのための会社として1985年に設立されました。 日本の三菱自動車の技術協力でモデルを開発・生産していました。 マレーシアの国民車ということで、政府の強力なバックアップのもと、マレーシア市場の60%のシェアを確保するまで成長しましたが、第2の国民車メーカーであるプロドゥアの躍進で、シェアを落としています。 2017年に中国の自動車メーカーである吉利汽車が資本を持ち、吉利汽車のモデルを導入するなどして順調に再建を進めています。

プロトン車のスペック

プロトン車は、もともとマレーシアの国民車として、国民が手に入れやすい車を製造・販売してきた会社ですから、基本はリーズナブルな価格の車が中心です。 その中で日本に導入されたサトリアネオは、モータースポーツ仕様ということで、5速マニュアルミッションのみの設定で、オートマ限定の免許の方では運転できません。 ラリーでは邪魔になることがあるということで、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)もついていません。 特定の車に関する趣味を持った人向けのスペックということができます。

人気車種の買取相場

一括査定の流れ

カンタン4ステップ

査定申し込み

一括査定

必要書類の準備

ご入金

よくあるご質問

CTNのサービスを利用するにあたりよくあるご質問をまとめました。下記の目次からご覧になりたいものをご選択ください。

CTN車一括査定では「申し込み」→「査定」→「必要書類の準備」→「ご入金」まで簡単4ステップで愛車を売却できます。
必要書類などご不明な点はカスタマーサポートにて準備から売却までお手伝いをさせていただきます。詳しくは「車を売るときの流れや手順を徹底解説!トラブルなく買取してもらうためには?」

売却時の必要書類については「普通車」・「軽自動車」で異なります。
各種書類については「車の買取時に必要な書類は何?買取金額がアップする書類とは?」

CTN車一括査定では多くの中古車販売店が出張査定を対応しております。
自宅や希望する場所を指定いただければ、高価買取業者がお伺いさせていただきます。

愛車のローンが残っていても所有者変更などの手続きが必要になりますが売却可能です。
注意点として、売却価格とローンの残債がどちらが大きいかになります。
ローンの残債が多い場合は一度完済する必要があります。
詳しくは「車の買取はローン中でも可能!ケース別に売却手順や方法を解説」

CTN車一括査定では全国対応で高価買取いたしますのでお気軽にご連絡ください。(一部離島を除く)

CTNでは解体、貿易グループとの提携により、廃車、事故車、故障車、不動車など関わらず全ての車両の買取が可能となります。気になる方はまずはご相談ください。

高価買取店を地域から探す