CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

サーブの車種一覧

サーブ車の
リセールバリュー

サーブの
査定ポイント

中古車相場の傾向や特徴

もともとそれほど販売台数が多いメーカーでもなかった上に、10年以上新しい車が登録されていないため、中古車として販売されている車の台数は少ない状況です。 売買も活発ではないことから、それほど傾向らしい傾向はありませんが、1年古くなれば古くなるだけ、相場は安くなる傾向にあると言えます。 ただ、売りに出る台数が少ないため、程度のいい人気車が売りに出れば、思ったより高い値段が付く可能性があるとは言えます。

人気なボディタイプやカラー、装備など

サーブの人気車は、最後まで販売していた9-3というモデルです。 サーブは量産車で初めてターボを採用したメーカーで、ターボの性能には定評があります。 9-3はすべてのグレードでターボを採用している人気の車だったため、中古車としても人気があります。 サーブはその独自のデザインにファンが多くいます。 9-3では、不動の人気は伝統的なセダンですが、今でも人気があるクロスオーバータイプのボディの9-3Xもあり、こちらは若い層も含め人気のモデルです。 新車でも価格的には高めのブランドでしたから、インテリアは作り込まれています。 ただ、装備品では、年数が経つと電気系統の装備の品質が劣化することが多くありますので、売るときにも買うときにも注意することをおすすめします。

サーブのリセールの特徴

サーブのリセールの一番の特徴は、もう新車が来ないということです。 それゆえ、今乗られている車が全てになります。 リセールされる車が限られているということになります。 もともと、サーブに乗っていた方は、あまり人とかぶらない、同じにならないという「レア」さを狙って乗っていた方が多いのですが、さらに「レア」になっているのが今の状況です。 新車が販売されていたときでも、北欧の優れた品質や、独自のデザインに定評があり、プレミアムブランドの一角を占めていたブランドですから、固定のファンは日本にもいました。 今でも、一定の人気はあります。 したがって、状態のいい中古車が出れば、高く買い取ってもらえ高く売れる可能性が有ります。 一方、サーブは、固定のファン以外にはあまり検討もされないブランドであるというのが、正直なところの現状になります。 それ故、程度の悪い車や大きな事故車については、金額も下がり、売るのにも時間がかかってしまうという状況になりがちです。 また、純正部品の入手なども難しい状況になっていますから、電気系統の不具合がある車は、直すことも難しいと思われ、敬遠されてしまいます。 サーブのリセールを成功させるためには、売る前にできるだけ直しておいて、買い主を不安にさせないことが重要です。

サーブについての情報

概要や歴史

SAABの社名は、スヴェンスカ・エアロプランABを略したもので、意味としてはスウェーデン航空機株式会社になります。 第二次大戦前の1937年の設立で、スウェーデン空軍などで使用される軍用機や、軽飛行機を製造してきました。自動車部門は消滅しましたが、航空機や軍用車両を製造するSAABという会社は今でも残っています。 サーブは1970年代にターボエンジンを搭載した世界初の量産車を登場させ、その独自なスタイリングと安全性から、人気となりました。 その後、日本ではバブルの時代にでたクラシック900と呼ばれるモデルが大ヒットとなり、サーブ人気が定着しました。 1990年にGMの傘下に入り、その後GMの経営が苦しくなってからは、サーブの経営も苦しくなり、身売りを繰り返し、最終的に2014年に生産を停止し、サーブの名前を冠した新車はなくなりました。

サーブ車のスペック

新車の時から、値段の高いプレミアムセグメントに属するブランドでしたから、品質面では信頼できる車です。 北欧ブランドとしてボルボと同じように、安全面でも信頼性は高いブランドでした。 前述の様にターボを量販車に初めて搭載したメーカーでもあり、エンジン技術でも高いスペックを持っています。 GMの傘下に入ってからは、GMとの車体・部品の共有化を進めたため、スペック的にもGM寄りになってきていました。

人気車種の買取相場

一括査定の流れ

カンタン4ステップ

査定申し込み

一括査定

必要書類の準備

ご入金

よくあるご質問

CTNのサービスを利用するにあたりよくあるご質問をまとめました。下記の目次からご覧になりたいものをご選択ください。

CTN車一括査定では「申し込み」→「査定」→「必要書類の準備」→「ご入金」まで簡単4ステップで愛車を売却できます。
必要書類などご不明な点はカスタマーサポートにて準備から売却までお手伝いをさせていただきます。詳しくは「車を売るときの流れや手順を徹底解説!トラブルなく買取してもらうためには?」

売却時の必要書類については「普通車」・「軽自動車」で異なります。
各種書類については「車の買取時に必要な書類は何?買取金額がアップする書類とは?」

CTN車一括査定では多くの中古車販売店が出張査定を対応しております。
自宅や希望する場所を指定いただければ、高価買取業者がお伺いさせていただきます。

愛車のローンが残っていても所有者変更などの手続きが必要になりますが売却可能です。
注意点として、売却価格とローンの残債がどちらが大きいかになります。
ローンの残債が多い場合は一度完済する必要があります。
詳しくは「車の買取はローン中でも可能!ケース別に売却手順や方法を解説」

CTN車一括査定では全国対応で高価買取いたしますのでお気軽にご連絡ください。(一部離島を除く)

CTNでは解体、貿易グループとの提携により、廃車、事故車、故障車、不動車など関わらず全ての車両の買取が可能となります。気になる方はまずはご相談ください。

高価買取店を地域から探す