CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

米国スバルの車種一覧

    条件に合致する実績がありませんでした。条件を変更して再度検索してください。

米国スバル車の
リセールバリュー

米国スバルの
査定ポイント

米国スバルの査定ポイント

米国スバルの中古車相場の傾向は、流通している台数が少ないことです。 中古車検索サイトで検索しても、10数台ほどしか確認できないことも多いでしょう。 最近のスバルブランド車の中古車輸入台数も100台を下回るほどになっています。 ただ、スバル車には「スバリスト」と呼ばれる熱狂的なファンもいますので、希少なアメリカ限定モデルを求める人も、日本と同じモデルの左ハンドルスバル車を求める方もいます。 そのため、流通している台数が少なめではありますが、相場は比較的安定しているといえる状況です。 ただ、日本でも販売されている車を探している方は、日本のスバル車と比較検討している方も多いとされますので、その価格は日本でのモデルチェンジや新型車の発売の影響も受けます。 日本でのモデルチェンジ情報は入手しておいた方がいいでしょう。

人気なボディタイプやカラー、装備など

現在、アメリカでのみ販売しているスバル車は、アセントという大型のSUVです。 過去には、同様の大型SUVであるトライベッカと、小さい荷台の付いたSUVのバハが販売されていました。 これらの車はアメリカのみで販売されていたモデルとして今も人気があります。 日本でも販売されているモデルとしては、WRXやBRZのような、カッコよさを求めるスポーツタイプ車の、左ハンドル車を求めて人気となっています。

米国スバルのリセールの特徴

米国スバルはスバルのファンであるスバリストたちが多く選ぶブランドになります。 取引される台数としても、少ない台数です。 買ってくれる方を見つけるのが大変、買う方も欲しい車を探すのが大変というのが米国スバルのリセールの特徴です。 従って、スバルファンが多いサイトの情報を入手して、日本車・逆輸入車にかかわらずスバル車を多く取り扱っている業者、あるいはスバルにかかわらず輸入車、特に逆輸入車を多く取り扱っている業者に相談するのがいいでしょう。 彼らなら、モデルの希少価値を理解してくれるでしょうし、不具合があった場合の修理にかかる時間やコストも説明してくれるはずです。 購入してくれる可能性のあるお客様がついている業者に売ることが高く売れるポイントになります。 また、買う方もそのような業者に相談することが、希望の車を見つけることにつながります。 米国スバルは米国でも、品質の悪い車ではありません。 買う方も不具合を覚悟しているわけではありませんので、日ごろからメンテナンスをきちんとして、不具合のないようにしておくことも重要です。

米国スバルについての情報

概要や歴史

日本の本社である株式会社SUBARUは、昔は「富士重工業株式会社」という名前でしたが、2017年4月1日にブランド名である「SUBARU」を会社名にした「株式会社SUBARU」になりました。 スバルは、星空のプレアデス星団の日本名昴(すばる)からとられています。 米国スバルであるスバルオブアメリカは、1968年にアメリカで設立された会社で、1986年に当時の富士重工株式会社の子会社になりました。 アメリカでのスバル車の輸入卸売をする代理店です。 アメリカにおけるスバルは、小型車から始まり、1970年代には日本車の隆盛の波に乗って台数を拡大しましたが、1980年代後半に入り円高などによって不振に陥りました。 その中で、1987年に現地生産工場を立ち上げ、1989年発売のレガシーのヒットなどにより、販売を回復しました。 スバルは北米を重視した戦略を展開しており、その信頼性・安全性はアメリカで高く評価されていて、消費者の自動車評価雑誌で2022年に一位になっています。

米国スバル車のスペック

米国スバル車のスペックについては、有名で評価が高いものは以下のようなものになります。 基本は、日本のスバルと同じです。 ・水平対向エンジン ふつうは垂直に向いているエンジンのシリンダーを横向き・水平に配置しているエンジンになります。 今は、スバルとポルシェだけが採用しています。 車高・重心を低くし、高い走行性能と軽快なハンドリングにつながります。 ・シンメトリカル4WD スバル独自の4輪駆動システムのことです。 水平対向エンジンがもたらす左右均等な重量配分が、4つのタイヤの安定した接地性を確保し、4輪駆動のポテンシャルを最大限に発揮することを可能にします。 ・アイサイト スバル独自の安全支援システムのことです。 ステレオカメラが車の前方を認識し、車や人、障害物を把握して、衝突回避などの予防安全を制御します。

人気車種の買取相場

一括査定の流れ

カンタン4ステップ

査定申し込み

一括査定

必要書類の準備

ご入金

よくあるご質問

CTNのサービスを利用するにあたりよくあるご質問をまとめました。下記の目次からご覧になりたいものをご選択ください。

CTN一括査定では「申し込み」→「査定」→「必要書類の準備」→「ご入金」まで簡単4ステップで愛車を売却できます。
必要書類などご不明な点はカスタマーサポートにて準備から売却までお手伝いをさせていただきます。詳しくは「車を売るときの流れや手順を徹底解説!トラブルなく買取してもらうためには?」

売却時の必要書類については「普通車」・「軽自動車」で異なります。
各種書類については「車の買取時に必要な書類は何?買取金額がアップする書類とは?」

CTN一括査定では多くの中古車販売店が出張査定を対応しております。
自宅や希望する場所を指定いただければ、高価買取業者がお伺いさせていただきます。

愛車のローンが残っていても所有者変更などの手続きが必要になりますが売却可能です。
注意点として、売却価格とローンの残債がどちらが大きいかになります。
ローンの残債が多い場合は一度完済する必要があります。
詳しくは「車の買取はローン中でも可能!ケース別に売却手順や方法を解説」

CTN一括査定では全国対応で高価買取いたしますのでお気軽にご連絡ください。(一部離島を除く)

CTNでは解体、貿易グループとの提携により、廃車、事故車、故障車、不動車など関わらず全ての車両の買取が可能となります。気になる方はまずはご相談ください。

高価買取店を地域から探す