CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

廃車にした後に車庫証明書の抹消が必要?知っておきたい基礎知識と手続き方法についても解説!

  • 2023年12月27日

車を廃車したり、車庫証明を取得したりする際には、さまざまな手続きが必要です。
しかし、手続きの流れや必要書類がわからなければスムーズに手続きを進めることができません。
そこで、この記事では廃車と車庫証明の基礎知識と最新情報をわかりやすく解説していきます。

車庫証明書とは?

車庫証明書とは、自動車を所有者の居住地に保管する際に必要な書類です。
車の保管場所(車庫)を管轄している警察署で取得できます。
申請には所有者の本人確認書類や自動車登録証明書が必要です。
これは車両が正規の場所に保管されていることを証明するもので、車庫法の定めにより自動車を新たに購入や自動車の所有者の変更、自動車の所有者が住所・事業所等を変更した場合は、管轄の警察署で「保管場所証明申請手続」を行うことが定められています。
この書類がない場合は、駐車場所が違法であるため、罰金や車両の移動が求められることがあります。
このことから、所有者は証明書を取得して、法令を遵守し、安全な駐車環境を整えることが重要です。

廃車後に車庫証明書の抹消は必要なの?

廃車後、車庫証明書の抹消は通常必要です。
車庫証明書は、車両が使用されている住所(車庫や駐車場の場所)を証明する文書であり、廃車したあとにこれを抹消しないと、車両が廃車になった場合は、それを証明する必要があります。
抹消手続きは、廃車届と呼ばれる書類を提出して行います。
これにより、役所のデータベースから情報が削除され、正規の手続きが完了になるのです。
廃車後も手続きを怠らず、法令を遵守して車の管理を行いましょう。

車庫証明の種類と手続きの流れ

車庫証明は新規登録や変更登録、抹消登録の際に必要になります。
新規登録では、車両の所有者が居住する市区町村の役場で書類を取得することができます。
変更登録では、車庫の場所が変わった場合や所有者の住所変更時に再度必要となり、抹消登録は車両が廃車となった場合に行う手続きです。
各地域の役場で、交付申請書と必要書類を提出する流れです。
手続きをするときは、書類の確認や料金の支払いを行います。
車庫証明書は法令を守り、安全な駐車環境を維持するために欠かせない手続きです。

車庫証明の種類

車庫証明提出の際は、何枚かの書類が必要です。
ここでは、車庫証明を提出する際に必要な書類の種類を解説していきます。
条件をクリア出来る場所の確保ができてから、車庫証明をするために必要な申請書を取得しておきましょう。

自動車保管場所証明申請書

この書類は、車庫証明書の取得を申請する書類です。車を保管する場所を証明し、所有者の安全管理を確認するための書類になります。住んでいる管轄の役場で取得することができます。

保管場所標章交付申請書

この書類は、所有者が車を保管する場所を示すための書類です。
役場で提出し、安全管理を確認します。
受理されると、保管場所を確保していることを証明するステッカーが交付される流れです。
ステッカーは、車のリアガラスに貼り付けることが義務づけられています。
交付されたら忘れずに貼り付けておきましょう。

保管場所の所在図・配置図

保管場所の所在図・配置図も、車庫証明で必要な書類です。
これは、所有者が車を安全に保管する場所を示すための図面となり、役場へ提出します。
所在図は敷地の配置を示します。
配置図は建物内での具体的な車の保管位置を記載する書類です。
これらは、車が正しく保管されていることを確認するために必要な書類になります。

保管場所使用権原疎明書面・保管場所使用承諾証明書

これらも車庫証明に必要な書類です。
敷地や建物を所有・利用する権利を確認する文書になります。
車の保管場所として、土地の使用が許可されていることを証明するものです。
保管場所使用権原疎明は土地の所有者が自分の場合、保管場所使用承諾証明書は賃貸駐車場などで他人の土地を借りる場合のものになっています。

車庫証明の手続きについて

車庫証明に関する書類が準備できれば、あとは住んでいる場所の役場に行き手続きをするだけです。
手続きの流れは、所有者が居住する市区町村の役場に行き、交付申請書を取得します。
必要書類(身分証明書や自動車登録証明書)と一緒に提出し、手数料を支払いをします。
そのあとに、審査が行われ、通過すれば証明書が交付され完了です。
必要書類を確認してから提出するようにしてください。

廃車と車庫証明に関する最新情報

最新の廃車手続きはシンプルな方法で、廃車届を提出することが中心です。
役所やオンラインでの手続きも可能になりました。
車庫証明においては、所有者の住んでいる役場で交付申請書を提出するため、必要書類と手数料も確認が必要です。
これらの手続きは車の保管・管理に関する重要な項目になります。
最新情報は役場やオンラインサービスで確認し、円滑な手続きを心掛けましょう。

廃車手続きの簡素化によるメリット・デメリット

廃車手続きが簡素化され、簡単に手続きができるようになりました。
それによりメリットも多くなってきました。
ただし、いくつか注意しておかなければならない点もありますので、ここから廃車手続きの簡素化によるメリット・デメリットをお伝えしていきます。

簡素化によるメリット

廃車手続きの簡素化には多くのメリットがあります。
まず手続きがシンプルになることで、所有者の手続きが迅速にできるようになります。
時間がない方や面倒な手続きを避けたい方は、時間と労力を節約できるので便利です。
また行政側も、簡素な手続きにより業務が効率的に進みます。
情報処理の最適利用が可能になることもメリットのひとつです。
簡素な手続きは確認不足のリスクを低減し、正確なデータ管理が行えるようになりました。

簡素化によるデメリット

手続きの簡素化にはいくつかのデメリットもあります。
例えば手続きが極端に簡略化されることで、必要な情報や手順が抜け漏れしやすくなることも考えられます。
誤ったデータや混乱が生じることもあるため注意が必要です。
また適切な審査や確認が軽視されると、法令違反や安全上の問題が生じる恐れもあります。
手続きの簡素化が進むと、対応できるスタッフのスキルが低下してしまい、サービス品質が低下するというデメリットがあると覚えておきましょう。

車庫証明のオンライン申請のメリット・デメリット

車庫証明のオンライン申請が可能になったことで、簡単な手続きが可能になりました。
その一方で、やはりデメリットも考えられるのです。
ここでは、オンライン申請によるメリットやデメリットを解説していきます。
参考にしてください。

オンライン申請のメリット

自宅やオフィスから手続きが可能で、時間や移動の手間を大幅に軽減できることがオンライン申請の最大のメリットです。
仕事や家事が忙しくて、役場に行けない方でも時間を気にせず手続きをすることが可能になりました。
さらに、電子データのやりとりにより手続きのスピードが向上しています。
迅速な審査と手続きの完了が早いこともメリットのひとつだと言えるでしょう。
オンライン申請をすることで、利用者の利便性向上と行政の効率向上が同時に達成できる点が大きなメリットです。

オンライン申請のデメリット

デメリットも少なからず存在します。
例えばネット環境が不安定な場合は、申請過程での接続トラブルが発生しやすくなります。
手続きの中断や情報の損失が考えられるのです。
また、高齢者やデジタル技術に不慣れな方にとっては、オンライン手続きが複雑で理解しづらいことも問題のひとつでしょう。
オンライン環境での情報漏洩や、セキュリティリスクも考えられます。
プライバシーへの不安が生じる可能性もあります。

廃車と車庫証明に関する相談窓口の利用方法

廃車や車庫証明に関する相談は、地元の役場や運輸支局に電話で問い合わせることが可能です。
もし疑問点や分からないことがあれば、それらの担当窓口を利用してください。
相談窓口では、書類の書き方や手続きの流れ、手数料などを明確にしてくれます。
自分で初めて手続きを行う場合は、これらの相談窓口で事前に聞いてみることがおすすめです。
さらに各自治体の公式サイトなども活用しましょう。
必要な書類のダウンロードや、書き方の見本が見られる場合もあります。
最近では、オンラインチャットを使用して疑問や悩みを解決することも可能です。
直接窓口に行くメリットとしては、担当者との面談が可能なことです。
具体的な疑問や不安をその場で解消できます。
専門的な情報や、最新の規定が手に入れられるため、手続き前に相談することがおすすめです。
窓口の利用は、安心して手続きを進めるために有益な方法だと言えるでしょう。

廃車と車庫証明に関する疑問や悩み

初めて廃車や車庫証明の手続きをする方にとって、疑問や不安が大きいでしょう。
ここでは、代表的な疑問点やそれに関する解決策を紹介していきます。
初めてだからこそ、手続きが複雑に感じる、必要書類・オンライン手続きの不安など、さまざまな疑問が浮かび上がります。
しかし、これらの疑問には確かな解決策があります。
手続きや必要書類に関する情報を手に入れ、安心して手続きを進めるための道しるべを探していきましょう。

廃車手続きが初めてで分からない場合の解決策

初めて廃車手続きを自分で行う場合は、かなり戸惑うでしょう。
なにから始めたら良いのか分からない方は、役所のウェブサイトや電話相談で手続きの流れや必要書類を確認してみましょう。
また役場の窓口では、対面での相談も可能です。
担当者に質問することで、スムーズに手続きが進みます。
安心できる役所のサポートを利用し、手続きの詳細を確認しておくことが大切です。

車庫証明書の提出先が分からない場合の解決策

提出先が不明な場合は、申請書類一式を、自動車の保管場所を管轄する警察署の窓口に確認してください。
また、住んでいる地域の役場や運輸支局に直接問い合わせる方法も可能です。

正確な提出場所や手順を把握し、迷いなく必要な手続きを進めるために、地元の警察署や役場への問い合わせが合理的です。

オンライン手続きが不安な方の解決策

オンライン手続きが不安な方は、役場の窓口へ電話して聞く方法と、直接対面で聞く方法がおすすめです。
パソコンが苦手な方は、対面で教えてもらいながら手続きができる窓口に問い合わせてみましょう。

必要な書類がわからない不安への解決策

役所のウェブサイトや、陸運局の電話相談で必要書類を確認してみましょう。
不明点があれば相談窓口で尋ねることも大切です。
車庫証明や廃車届など、手続きによって必要な書類は異なります。

手続きにかかる料金が心配な方の解決策

廃車手続きには一時抹消や永久抹消があります。
この手続きを行う場合の手数料は収入印紙代や印鑑証明代、申請手数料などが発生します。
車の車種によって金額はさまざまなので、ディーラーや販売店に相談してみることも、ひとつの方法です。

また車庫証明を取得する際も、取得手数料などの費用がかかってきます。
自分で手続きをするのが面倒だと感じる方は、ディーラーや中古車販売店などに代行してもらうことも可能です。

廃車するとお金が戻ってくる?

車を手放す際、廃車すると実はお金が戻ってくることがあるのです。
廃車をした場合、抹消手続きを行うとお金が戻ってきます。
これは自動車税の還付金で、自動車税は年に一度支払いが義務づけられているものです。

例えば毎年4月1日の時点で、所有者が税金を払う義務があります。
しかし、その年度の途中で抹消の手続きをすると、月割りで未使用分の税金が戻ってくる仕組みになっているのです。
これはしっかりと覚えておきましょう。

また自賠責保険の返戻金も戻ってきます。
手続きは簡単で、役所で廃車届を提出するだけです。
車を手放す際は、廃車手続きのメリットを賢く活用して手続きを行いましょう。

車庫証明の申請を間違えたらどうする?

申請を間違えて提出してしまうと、受理されないことがあります。
なるべくなら間違いなく提出したいものですが、誰しも間違えてることもあるのです。
そのような場合は、どう対処したら良いのかをここから詳しく解説していきます。
参考にしてみてください。

まずはどの部分に不備があったのかを確認します。
具体的にどの項目が問題なのかを特定しましょう。
申請書に誤りがある場合は、直ちに役場に連絡して誤りがあることを伝えます。
そのあとは、担当者の指示に従ってください。

まとめ

廃車と車庫証明は、車を所有する上で避けて通れない手続きです。
この記事では、廃車と車庫証明の基礎知識と最新情報をわかりやすく解説しました。
廃車と車庫証明の費用も確認しておきましょう。
また最新情報では、ネットからの申請を行うことで手続きが便利になりました。
廃車や車庫証明の手続きは、複雑でわかりにくいという声も多く聞かれます。
この記事で解説した基礎知識と最新情報を参考に、スムーズに手続きを進めましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.廃車をするのに費用がかかるのか?

廃車手続きには、解体費用やリサイクル費用・レッカー代などの費用が発生します。
また、自分でおこなう場合と業者に依頼する場合でも費用は異なってくると考えましょう。

Q2.自治体によって、廃車や車庫証明に関する規制は異なりますか?

自治体によって、廃車や車庫証明の規制を緩和する動きがあります。
制度改正や規制緩和は、廃車や車庫証明の手続きをより便利で円滑に行う目的でおこなわれているのです。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。
中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す