CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

廃車買取をしてもらうときのトラブルとは?事例や対処方法をご紹介!

  • 2023年4月20日

廃車買取り トラブル

車を廃車にする際には、さまざまな書類や手続きが必要になりますし、自分でやるとなると面倒な事も多くあります。
廃車買取をスムーズに行うには、代行業者を活用することがおすすめですが、業者を利用した時にトラブルが起きてしまうことがあります。
トラブルの事例や対処方法を知り、うまく廃車買取をしていきましょう

廃車買取時に発生するトラブルとは?

廃車買取をする時に心配になってくるのがトラブルです。
廃車買取業者が無料で引き取りをすると広告などで宣伝していても、場合によっては引き取りの際に別で費用が発生してきます。

また、廃車買取は電話のみで査定完了までを行う場合が多く、引き取った後に減額されたなどと言った声も聞きます。
問い合わせをした時と契約の後で費用が変わればトラブルになる事は当たり前です。

ここでは、廃車買取時に発生するトラブルについてご紹介していきます。

〇レッカー費用を買取価格から減額されている

車を廃車にする時、廃車買取業者にお願いする方がほとんどだと思います。
買取業者の宣伝などで、引き取りを無料で行うと謳っている業者がほとんどです。

しかし、引き取りを無料で行える車は、自走できてキャリアカーに載せるのが容易な場合となっています。
自走が不可能な車やキャリアカーが入れない場所などでは、特殊なレッカー車を用いることになります。
そのような場合は、廃車買取業者は作業できる車を持ち合わせていないためにレッカーの専門業者にお願いします。

そのため、レッカー費用が無料となっていなければ後でレッカー費用を請求されてしまいます。
自走できない車や特殊な状況での車を所持している場合は、トラブルになり得るため事前に廃車買取業者へ確認するようにしましょう。

〇廃車手続きが行われていなかった

廃車の手続きをお願いしたのにも関わらず、手続きが行われていない場合や車トラブルに発展してしまいます。
廃車の手続きがしっかりと行われていないと、自動車税の請求が来てしまうので余分にお金を払わなくてはいけなくなります。
確実に手続きが完了するためにも、信頼のおける業者を選ぶなどの注意が必要です。

〇還付金が受け取れない

買取査定をする時に還付金の説明をせず、お客さんの還付金を廃車買取業者が横領してしまうと言った事例も耳にします。
お客さん側が還付金について触れない限り、業者側は対応しないといったイメージです。

例をあげると、「車検が残っている車で残存期間が1ヶ月以上の場合、自賠責保険料と重量税は還付金が出ます」と言ったように還付金の説明をしてくれない業者にあたってしまうと還付金を

受け取れなかったといったトラブルに発展してしまいます。
車を売却したときに戻ってくる税金についてはこちら

〇売却した車の解体が行われていなかった

廃車買取業者の中には、車を解体せず放置していたり、解体はしたが手続きをしていないといった悪徳な業者もいます。
自動車の解体ができる業者は、都道府県の知事から許可を受けている業者しかできません。

依頼する前に依頼する業者が解体の許可を得ているのか確認する必要があります。
もし依頼したところが車の解体していなかった場合は早急に業者に連絡をし手続きを行うように促しましょう。

〇入金日当日になっても入金されていない

契約の書面では売却の手続きをしてくれるもののお客さんに査定額を振り込まず、車を引き取りお金を持ち逃げしてしまうといったトラブルもあります。
車を引き渡すだけではなく、入金確認もしっかりと行うようにしましょう。
車を売却してから入金されるまでの期間についてはこちら

〇廃車にしたはずなのに税金の請求がきた

廃車をすれば車に登録されている名義が抹消されるので、自動車税の課税はストップされます。

しかし、廃車買取業者によって正しく抹消登録がされず、各種税金が課せられてしまうことがあります。
車を手放したとしても名義が残っていたら車を持っていることになるので、支払い義務が発生します。

業者に依頼した際は、廃車が本当にされているか、しっかり確認することが大事になっていきます。

トラブルを未然に防ぐ方法

廃車買取後にトラブルが発生したという事例をよく耳にします。そのほとんどが、廃車買取業者のミスによるものといった場合が多いです。
廃車買取の際は事前準備やトラブルの原因などを知っておく必要があります。
ここでは、トラブルを未然に防ぐ方法を6つご紹介していきます。

〇契約書を必ず読む

まずは契約を交わす際に確認する契約書を必ず読むようにしましょう。
契約書を隅々まで読まないと損をしてしまう可能性があります。
また、契約書を必ず読むことで、疑問点は質問できますし、記載されていないことがないか確認できるのでトラブルを未然に防ぐことができます。
売買契約書の確認事項についてはこちら

〇前もって還付金の説明を聞いておく

還付金の説明は返ってくるお金のことなので、廃車買取業者から前もって還付金の説明をしてもらうようにしましょう。
ボイスレコーダーなどで録音しておけば還付金が返ってこなかった時の証拠として提出することができます。

〇査定後に価格変動がないか確認しておく

車の査定額を出してもらっても、その価格で売れるとは限りません。

なぜなら、査定した日と売却する日が違う場合、車の相場は変動する可能性があるので買取査定額も変わる場合があるからです。
最初に査定してもらった時の価格で買い取ってもらえるかは廃車買取業者によっても違ってきます。

もしも日を置いて査定後に車を持っていく場合は、価格に変化がないのかを先に確認するようにしましょう。

〇査定額の内訳を確認しておく

査定額の内訳もしっかり確認するようにしましょう。
内訳がない廃車買取業者は、査定価格をいい加減につけている可能性があります。

さらに売却する時の手数料の内訳も確認するようにしましょう。
廃車代行手数料や引き取りにかかる費用の金額、割合は業者によって違ってくるので、相見積などで複数の業者確認をしているときは、業者ごとの手数料に注意が必要です。

〇支払日や支払方法について確認しておく

支払い期日になってもお金が入金されないといったトラブルが実際にあります。
そうならないために、事前に支払日や支払い方法について確認しておくことが大事になってきます。

もし支払日になっても入金がされない場合は、すぐに買取業者に連絡をし遅れていることを伝えましょう。
振込先の間違いや手違いでたまたま期日までに自分の口座に振り込まれていないといった場合があるからです。
基本的には、最短2〜3日の営業日、遅くても1週間までには振り込みをする業者がほとんどです。

〇廃車証明書を郵送してもらう

廃車依頼をしてもなかなか手続きが完了しないといったトラブルが多いので、廃車の証明書を発行してもらうようにしましょう。
廃車が完了すると、登録事項等証明書が発行されますし、事前にお願いしておくことで郵送で送ってもらう事もできます。
証明書があれば確実に廃車が完了していますし、何かトラブルがあった際の証拠としても出すことができます。
登録事項等証明書はあらかじめ申し出ておかないと発行してくれないことが多いので、依頼する際は必ず伝えるようにしましょう。

優良な廃車買取業者を選定しましょう

廃車買取をお願いする際、トラブルを防ぐといった意味でも優良企業に依頼をした方が良いです。
ここでは、優良な廃車買取業者を見分けるポイントとなる点をご紹介していきます。

〇レッカー費用が無料と明記してある

不動車や車検が切れている車を買い取ってもらう時、無料でレッカー移動をしてくれる廃車買取業者は優良買取業者と言えます。
業者によって、対応地域ごとでレッカーの費用がかかるところ、かからないところが記載されているところもあります。
「不動車も引き取りできます」と書いてあっても、レッカーの費用が明記されていない時は、高額なレッカー代が別で請求されてしまう場合があるので注意しましょう。
レッカーについては業者の運営しているサイト等で「レッカー無料」などと載っているので確認してみましょう。

〇不明点を事前にしっかりと説明してくれる

車を売却する前に不明点などをしっかり説明してくれる業者は優良買取業車と言えます。
質問に全て答えてくれたり、契約から買取までの流れを細かく説明してくれるところであれば廃車を安心して売ることができます。
また、廃車をするかはまだわからないと伝えた上で相談に乗ってくれる業者であれば安心して任せられます。車を売らないとわかった時に態度を変える業者などは信用できません。

廃車した後、車はどうなるのか知っておこう

廃車した後に車がどうなるのか知っておくことも大切です。
ここでは廃車にした車がどのようになるのか、主な2つの用途をご紹介していきます。

〇海外に輸出し中古車として販売

エンジンや車体など状態がいい場合は、海外で中古車として販売されます。
日本で価値のない車とみられていても、海外だと自動車として需要があり販売できることがあります。
正当な手続きを行わなければ輸出することができません。また、車を解体してから輸出するといった場合もあります。

〇パーツとして車の修理にあてる

不動車、事故車は、車として利用できなくても、解体しパーツとしてみたらまだまだ使える場合があります。その場合は、パーツや部品をリサイクル販売します。
部品やパーツを同じ型式車両の修理用としてリサイクル業車は販売したりします。
また、車から回収した鉄や非鉄金属を再度加工し、金属加工工場へ売られ、リサイクルされた鉄が新しい車に使われたりもします。

トラブルが発生した際の相談先とは?

廃車を売る時に関して困ったことがある時は、相談窓口に連絡をし指示を仰ぐことが大切です。
廃車を売却する時は納得がいく取引をするため、複数の専門家や弁護士などに相談できる状態を作っておくことが大切です。
万全の体制で廃車を売るようにしておくことでトラブルが起きた時、冷静に対処をすることができます。

〇JPUC

JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)は、廃車の売却する際トラブルが発生した時に対応をしてくれる相談室です。
キャンセルの事案や減額交渉、勧誘といったさまざまな被害にも対応してくれます。
受付対応してくれる日時は、平日9時〜17時のみで電話対応となっています。
あくまで相談窓口なので、査定をキャンセルしたり、情報の削除ができるというわけではないので注意が必要となっています。

〇国民生活センター

国民生活センターは、商品やサービスに対して公正な立ち位置で対応してくれる消費者ホットラインといった窓口があります。
事案をまとめたり、トラブルを未然に防ぐといった対策活動を行う場所となっています。
受付対応してくれる日時は、平日11時〜13時で電話対応だけとなっているので問い合わせの方法や日時には注意しましょう。
また、土日や祝日に問い合わせたい時は、消費者ホットラインに電話すると近くの相談窓口を紹介してくれるのでおすすめです。

〇弁護士

JPUCや国民生活センターの他にも弁護士に相談するといった方法もあります。(弁護士は依頼料がかかります。)
対面での対応ができるので、安心感が得やすいことや聞きたいことを詳しく聞けたりするところがメリットとして挙げられています。
また、車売買時におけるトラブルにも精通しているので弁護士にお願いすることでトラブルをスムーズに解決してくれます。
お金に関するトラブルの場合相談窓口だけでは対応し切れない場合があるので、多少費用をかけても弁護士にお願いすることで返金の額が多くなる可能性があります。

まとめ

廃車を売りに出す際、廃車買取業車や代行業車は便利な存在ですが、業者や方法を間違えてしまうとトラブルに発展してしまいます。
廃車を買い取ってもらう時のトラブルは、事前に準備しておくことで自分自身で防ぐことができます。
また、トラブル以外にも悪徳業者などに気をつける必要もあります。
悪徳業者に売却してしまうと査定額より手数料の方が高いからなどといって別で費用を請求されてしまう恐れがあります。
廃車に余計な時間や手間をかけないためにも、知識や正しいやり方、対処の仕方を把握しておき、不要なトラブルは避けるようにしましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.廃車時に必要な書類はありますか?

所有者の実印が押してある委任状と譲渡証明書、所有者の印鑑証明書、身分証明書の写しなどが必要です。
廃車買取時に必要な書類についてはこちら

廃車にする際でも未納の自動車税は払わなければいけないですか?

税金なのでお支払いする必要があります。未納でも廃車手続きができる場合もありますが、納税義務の免除になるわけではないので注意が必要です。

この記事の監修者

8.国松 聖真(chack9314)

国松 聖真

資  格:車、ファッション、ゲーム
概  要:車、ファッション、ゲーム記事を得意とするWebライター。
前職では、車の部品やパーツ製造から営業まで車関係の仕事に幅広く従事。
身に付けた自動車の知識を活かし、「車の楽しさ」や「車の知恵」を発信。
現在は、フリーランスWebライター・マーケターとして様々なメディアの執筆や編集、監修を幅広く行っている。

人気車種の買取相場

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す