CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

車の買取価格にカーナビは影響する?外さずに査定に出すほうが良い理由を解説!

  • 2023年4月19日

買取 カーナビ

車を買取査定に出す際に、カーナビを外すかどうかでお悩みではありませんか?
カーナビの取り外しで悩んでいる場合には、外さずにそのまま査定にだすことがおすすめです。
例えば、高性能なカーナビがついている車両であればプラス査定となる場合があります。

カーナビを外して売却すると、カーナビ部分の査定はゼロもしくはマイナスになることを避けられません。
車の買取は総合評価になるうえ、カーナビだけでもさまざまなパターンがあるため、迷う方も多くいらっしゃるはずです。

そこでこの記事では、車の買取価格にカーナビがどう影響するのかを網羅して解説します。
カーナビを外す場合にはどのようなことに気を付ければ良いのかについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

カーナビを外さずに査定に出すほうが良い理由

カーナビを外さずに査定に出すほうが良い理由は、カーナビがプラス査定になる可能性があるうえに外す時の手間が大変だからです。
車の査定額は、一般社団法人日本自動車査定協会(JAAI)が主催するテストに合格した中古車査定士が決めます。

中古車査定士が査定額を決める基準は、ホワイトブックの基準です。
ホワイトブックに沿って、車の査定を加減点します。
ホワイトブックにはカーナビに関する内容が記載されており、オプションとして加点されるのが一般的です。

よって買取査定だけを考慮するなら、カーナビは外さずに査定を受けるほうが良いといえます。
カーナビを外さずに査定に出すほうが良い理由をさらに詳しく確認してみましょう。

〇カーナビがあると買取価格が高くなる場合がある

カーナビがあると、買取価格が高くなる場合があります。

しかしプラス査定になるカーナビと価値がつかないカーナビがあるので、事情に合わせて外すかどうか検討することが大切です。
プラス査定になりやすいカーナビは、種類と状態によって決まります。

まず紹介するのは、純正ナビ・ディーラーオプション・外付けナビの3種類で買取価格にどのように影響するのかです。
あなたの車についているカーナビがどれに当てはまるのか、確認してみましょう。

純正ナビ

純正ナビは、カーナビの査定で最もプラス査定になりやすいです。
純正ナビは、対象の車種専用に開発されたナビを指します。

特に埋め込み型の純正ナビは、車種ごとに適した外観や機能面を備えていることが特徴です。
カーナビのデザインが車内のインテリアや内装と合っていたり、エアコンなど他の機能と連動する機能がついていたりします。

純正ナビは専用の機能によって、対象の車種で快適な機能性を確立することが特徴です。
純正ナビは取り外したとしても他の車種に転用できない場合がほとんどとなっています。

次の車には使用できないため、純正ナビは取り外しをせずに査定に出しましょう。

ディーラーオプション

ディーラーオプションのカーナビは、販売店で取り付けたカーナビです。
さまざまな車種に取り付けられるうえに、リーズナブルな価格帯のものが多く展開されています。

純正ナビと比べるとプラス査定にはなりにくいですが、年式と状態の条件が揃っている場合のみプラス査定になりやすいです。
反対に年式が新しくても目立つ傷がついていたり、年式が古かったりするとプラス査定にはなりません。

ディーラーオプションのカーナビは他の車種にも取り付けやすいため、次に乗る車で使う場合には取り外しても大丈夫です。
しかし、年式と状態の条件が揃っていなくてもほとんどマイナス査定にはならないため、今後の使用予定がなければつけておくのも良いでしょう。

外付けナビ

外付けナビは、社外ナビとも呼ばれます。
価格帯はさまざまでカー用品店などで気軽に購入できるうえに、近年はオーディオなどの他機能が充実しているモデルが多いです。

利便性と汎用性に優れた外付けナビですが、あまりプラス査定にはなりません。
最新モデルや高級モデルの外付けナビはプラス査定になりますが、傷があるものや年式が古いものは評価されにくいです。

プラス査定になりにくいうえに簡単に取り外せるモデルが多いので、次に乗る車で使用する予定があるなら取り外しを検討しましょう。
中古車を売却する際の査定基準についてはこちら

〇壊れたカーナビがついていても買取価格には影響しない

壊れているカーナビがついている場合だと、マイナス査定になるのではないかと取り外しに迷う方もいらっしゃるかもしれません。
カーナビが壊れているからといって、マイナス査定になることは基本的にありません。
次に使う予定がなくても取り外しに工賃をかけるくらいなら、そのまま査定に出すほうが結果として損をしにくいです。
次の使用用途が決まっていない場合には、カーナビが壊れていたとしてもつけたままで査定に出しましょう。

〇高性能なカーナビは高評価になる

年式が新しくて高性能なカーナビは、10万円近くのプラス査定が期待できます。
後から高性能なカーナビを付けた場合には、査定を行う前に査定士に申告しましょう。

車両と同じように、カーナビも年式が大切です。
高性能だとしても年式が古いカーナビの場合には、1万円くらいしかプラスにならない場合があります。
目立つ傷がついていたり動作に不具合がある場合には、評価されない場合があるので気をつけましょう。

〇取り外したカーナビは処分が大変

カーナビを外さずに査定に出すほうが良い理由は、査定に関わる部分だけではありません。
取り外し作業や取り外したカーナビの処分まで大変だからです。

取り外したカーナビを単体で売却すると、多くの場合で高額査定は期待することができません。
なぜなら、カーナビを装着できる車を選ぶ製品だからです。
自分で外せない場合には業者に依頼することになりますが、工賃がかかります。

また、燃えないゴミとして処分する場合にも自治体によって扱いが変わるので、手間がかかる可能性が高いです。

取り外したカーナビを処分する場合には、粗大ごみもしくは小型家電回収ボックスを利用します。
もしくはリサイクルショップかオークションで売却する方法がありますが、あまりお金にならない場合が多いです。
よって、外した後の使い道が決まっている場合以外はカーナビを外さずに査定に持ち込みましょう。

カーナビをつけた車を査定に出す前にやっておきたいことは?

カーナビには、位置情報や個人情報が記録されています。
思わぬトラブルを防ぐためにも、査定に出す前にはカーナビを初期化しましょう。
カーナビに記録されている個人情報がきっかけで、トラブルに巻き込まれるのを未然に防げます。
次の項目からは、カーナビをつけた車を査定に出す前にやっておきたいことを紹介しますので査定前に確認してみましょう。

〇データの消去

ほとんどの買取業者は適切に個人情報を扱いますが、人が行う作業です。
悪意のあるなしに関わらず、不備やミスがあった場合には個人情報が次の持ち主に知られる危険性があります。

面倒に感じるかもしれませんが、手放す時にはカーナビのマニュアルを見ながらデータを消去して工場から出荷された状態に戻しましょう。
もしマニュアルをなくしてしまった場合は、メーカーのホームページで確認できる場合が多いです。

メーカーのホームページに初期化方法が掲載されていない場合には、電話やメールで問い合わせをして聞いてみましょう。

ここからはデータの消去を行わなかった場合に、どのような情報が残るのかを紹介します。

走行データ

GPSが搭載されているカーナビであれば、走行履歴が残ります。
走行履歴から辿ると過去に行った場所にも簡単にアクセスすることが可能です。
走行履歴にはこれまで行った場所だけでなく時間帯まで記録されます。
第三者が見た時にどのような生活スタイルでどこに住んでいるかまで、発覚する恐れがあるため注意しましょう。

音楽データ

カーナビには位置情報や登録した住所だけでなく、音楽データも残ります。
音楽データを残していたとしても犯罪被害に発展するような危険性はありません。

しかし、本来ならお金を払って楽しむ音楽を聞けてしまうのは著作権の侵害に抵触する恐れがあります。

自宅データ

遠方から車を使って帰宅する時に、自宅データをカーナビに登録していると道に迷うことがなく便利です。
自宅データは住所登録によって登録できますが、自宅の住所を悪意のある第三者に知られてしまうとストーキングなどの犯罪被害に遭う恐れがあります。

カーナビを外す場合にはどうすればいい?

次に乗る車で使いたいなど事情がある場合には、カーナビを外しましょう。
カーナビを外す方法は、自分で外す方法か業者に頼む方法の2つです。
専門的な作業になるため少しでも不安がある場合には、業者に依頼しましょう。
次の項目からは、自分で外す方法か業者に頼む方法の2つを詳しく解説します。

〇自分で外すなら慎重に作業しよう

カーナビを自分で外す場合には、多少の工作や電気の知識が必要です。
取り外しの際にダッシュボードなどの車内に目立つ傷をつけてしまうとマイナス査定の原因にもなるため、作業前には必ず周囲を保護する養生テープなど用意しましょう。

カーナビの取り外し方は、メーカーや車種によってさまざまです。
リムーバーやピックツールを使用する場合がありますが、まずは手で外せないか試してください。
力加減や外す向きを間違えたままで無理に外そうとすると、装着部分が破損するので気をつけましょう。

また配線も知識がなければ、ショートなどで怪我をする危険性があります。
自分で取り外す場合には車両の査定額への影響だけでなく場合によっては怪我をする危険性もあるため、少しでも不安を感じる場合には無理せず専門の業者に任せましょう。

〇自分で外せないなら無理せず業者に任せよう

業者にカーナビの取り外しを任せる平均工賃は、およそ2万円です。
多機能なカーナビだと他の機能にも連動しているため、配線が複雑化して取り外しが困難な場合があります。
自分で外せない時は無理に作業すると危険ですので、業者に任せるようにしましょう。

カーナビ付き車の下取りでの影響とは?

車の下取り価格にカーナビが与える影響は、ケースバイケースです。
カーナビの査定は、カーナビの価値と状態に左右されます。

ダッシュボードに埋め込まれている純正ナビは、プラス査定になる場合が多いです。
プラス査定になる純正ナビの多くはHDDやメモリーのカーナビであり、DVDタイプだとプラス査定になりにくくなります。
純正ナビだとしても、年式が古いとプラス査定にはなりにくいため注意しましょう。
外付けしたカーナビは、プラス査定にはなりにくいです。
次に乗る予定の車にカーナビがなく、カーナビが必要な場合には取り外して次の車で使ったほうが良い場合が多いです。

他にも、他の機能が搭載されているカーナビであれば下取り価格が上がる可能性があります。
ツインモニターやカメラといった最新機能が搭載されているカーナビは評価されやすい傾向です。

下取り価格への影響は様々ですが、次の車に使う予定がなければ取り外さずに下取り査定に出すほうが手間がありません。

まとめ

この記事では、車の買取価格にカーナビがどう影響するのかについて紹介しました。
次の車でカーナビを使う予定がなければ、カーナビをつけたままで査定に出しましょう。
カーナビをつけたまま査定を出す時にはデータを消去して、思わぬトラブルを予防することも大切です。
カーナビが車の買取価格に影響するパターンを知って、スムーズに買取を進めましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.カーナビのサイズでも買取価格は変動しますか?

HDDモデルだと容量の大きさで買取価格が変動します。
容量が大きいモデルほど、プラス査定になりやすいです。

Q2.カーナビを単体で売却することはできますか?

単体での売却は可能ですが、単体で売却したからといってお得になるわけではありません。
カーナビを単体で売却する場合には、リサイクルショップやオークションといった売却方法が一般的です。
しかし取り外しの手間がかかるうえに、オークションであれば売れるまでに時間がかかるためその間カーナビを単体で保管しなくてはいけません。

この記事の監修者

ナカハラ

資  格:普通自動車第一種運転免許、普通自動二輪免許
専門分野:車・バイク分野、金融分野、美容分野、BtoB分野など
概  要:家族が毎日自動車の運転をすることから、安全や節約といった面で安心できるカーライフのご提案を多く行う。
自動車メディアや金融メディアなど、数多くのメディアで記事執筆・監修を行っている。

人気車種の買取相場

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す