CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

車買取の二重契約に注意!知っておくべきポイントと対処法をご紹介!

  • 2023年5月8日

車 買取 二重契約

車を売るときには、買取業者と契約を結ぶことが一般的です。

しかし、中には「二重契約」と呼ばれるトラブルが発生することがあります。
この記事では、複数の買取業者と同時に契約を結んでしまう二重契約のリスクや、それに伴う問題点について詳しく解説します。

また、二重契約を避けるために知っておくべきポイントや対処法も紹介します。

これから車の売却を検討している方には必見の情報です。
車買取でトラブルに巻き込まれないよう、ぜひ本記事をお役立てください。

二重契約とは何か?

そもそも二重契約とは一体どのような状態を指すのでしょうか。
ここでは、車買取における二重契約の定義や二重契約が生じる原因について解説します。

二重契約の定義

車買取における二重契約とは、同一の車両に対して、異なる買取業者と同時に買取契約を結んでしまうことを指します。
この状況は、売却者にとって法的な問題を引き起こすだけではなく、買取業者同士のトラブルや、信用を損なう結果にもつながることがあります。

また契約という言葉は一概には言えず、以下のような契約パターンが存在します。

  • ・販売先と口頭で約束を交わした
  • ・契約書に署名したが、車はまだ引き渡していない
  • ・契約書を交わし、車も引き渡した
  • ・契約書を交わし、車も引き渡し、買取額も受け取った

取引がすべて完了し、契約が終了したと考える方もいますが、実際には契約書にサインした時点で契約が成立します。

二重契約が生じる原因

二重契約が生じてしまう要因としては、主に以下の6つが挙げられます。

・知識不足

車買取に関する知識が不足している場合、意図せず二重契約に陥ることがあります。
特に初めて車を売却する方は、注意が必要です。

・高額査定を求める欲求

複数の買取業者から査定額を比較し、最も高い査定額を提示した業者と契約したいと考えるため、一度に複数の業者と契約してしまうことがあります。

・売却のタイミング

一度の査定で納得のいく査定額が得られず、再度査定を依頼した際に、前回の査定業者との契約がまだ有効であることを忘れている場合、二重契約になることがあります。

・曖昧なコミュニケーション

口頭での約束や認識の違いから、買取業者とのコミュニケーションが不十分であることが、二重契約の原因となることがあります。

・契約内容の不確認

査定後、すぐに契約書にサインしてしまうことで、同じ車両に対して別の業者とも契約してしまう可能性があります。
契約内容を十分に確認することが重要です。

・悪質な買取業者による強引な契約

なかには、不当な高額査定や契約締結の圧力、不十分な契約書などを用いて消費者を誤解させ、無理やり契約させるような買取業者もいます。
たとえば、消費者が検討中であるにも関わらず、すぐに契約しなければ取引ができないと嘘をついて、焦らせることで契約を締結させる業者などです。

二重契約によって起こりうるトラブル

二重契約が発生すると、売却者や買取業者に様々なトラブルが起こる可能性があります。
ここでは、二重契約によって生じる主なトラブルをご紹介します。

キャンセルが出来ない

二重契約が発覚した際、売却者はどちらかの契約をキャンセルしたいと考えるものでしょう。

しかし、契約書に署名した時点で法的な契約が成立しているため、簡単にキャンセルすることができない場合があります。
キャンセルに関する条件は、契約書や取引条件によって異なるため、注意が必要です。

キャンセル料が発生する

場合によっては、キャンセル料を支払うことでキャンセルができることもあります。

車の売却に伴うキャンセル料は、キャンセルのタイミングや条件によって変わることがありますが、一般的には約3万円から5万円程度とされています。
買取業者によっては、売却額の10%をキャンセル料と設定している場合もあります。

たとえキャンセルする予定がなくても、相場を確認しておくことが重要です。
二重契約を回避することができれば、このような追加費用を支払うことなく、スムーズな取引が可能となります。

買取契約後のキャンセルについてはこちら

二重契約のリスクとは?

二重契約には、様々なリスクが伴います。
ここでは、二重契約の主なリスクについて説明します。

損害賠償などの問題

二重契約が発覚した場合、売却者は一方の買取業者から損害賠償を求められる可能性があります。
これは、二重契約によって発生した買取業者の損失や追加費用をカバーするためのものです。

また、二重契約が信用問題となり、将来の取引に悪影響を及ぼすこともあります。

さらに、裁判所に訴訟を提起され、弁護士費用や裁判費用がかかる場合もあります。

契約解除の手続きが複雑になる

二重契約の契約を解除する場合、契約解除の手続きは複雑になることがあります。
契約解除には、両方の買取業者との調整や契約内容の把握、書類手続き、交渉、様々な観点から手続きが複雑になり、多くの時間を要します。

そのため、最初から二重契約を避け、買取業者との契約を慎重に進めることが重要です。

二重契約を防ぐためには?

二重契約を防ぐためには、以下の方法を意識することが非常に大切です。

買取業者の信頼性を確認する

インターネット上の口コミや評判、知人の紹介などを参考に、信頼性の高い買取業者を選ぶことが重要です。

また、買取業者の経営状況や取引実績なども調べることで、安心して契約に臨むことができるようになるでしょう。

複数の買取業者と同時に契約しない

同時に複数の買取業者と契約することは、二重契約のリスクを高めます。
複数の買取業者の査定を受ける際は、見積もりを取得し、条件を比較検討して最適な業者を選ぶことが重要です。

焦って契約しない

焦って契約することは、後悔やトラブルの原因となることがあります。
十分な時間をかけて契約内容を確認し、不明な点や疑問があれば業者に質問するようにしましょう。

キャンセル規定が明記されている買取業者を選ぶ

キャンセル規定が明確な買取業者を選ぶことは、車の売却において重要なポイントです。
契約書や見積書を慎重に読み、キャンセルに関する規定が明記されているかどうかを確認しましょう。

また、キャンセルに伴う費用や条件を理解し、納得できる範囲であることを確認することも大切です。
正確な契約書を用意し、内容を丁寧に説明してくれる買取業者を選ぶことで、トラブルを回避できる可能性が高まります。

二重契約が発生した場合の対処法

もしも、二重契約をしてしまったらどのような対処をすれば良いのでしょうか。
ここでは、二重契約が発生した場合の対処法について詳しく解説します。

キャンセルできる状況か確認する

二重契約が発生した際には、まずキャンセルが可能な状況かどうかを確認しましょう。
契約の進行状況やキャンセル条件によって対応が変わるため、どの段階で契約が成立しているかを把握することが重要です。
口頭での意思表示がなされている段階であれば、キャンセルが容易に行える場合もあります。

さらに、契約書が交わされていても、必要な書類が不足していたり、車両の引き渡しがまだ行われていなかったりと、状況によってはキャンセル可能なケースもあるため、キャンセル条件や現在の進行状況をしっかりと把握しましょう。

買取業者のキャンセル対応や契約書を確認する

キャンセルに関する規定は買取業者によってさまざまです。
キャンセル料金や条件が明記されている場合はそれに従って対処し、条件が不明瞭な場合は買取業者と話し合いましょう。

買取業者と交渉する

買取業者と直接交渉を行い、二重契約の解消やキャンセル料金の減額、契約内容の変更など柔軟な対応を求めましょう。
誠意ある対応で問題を解決することが望ましいですが、交渉が難航する場合もあります。

弁護士に相談する

買取業者との交渉が難航し、法的な問題が発生する可能性がある場合は、弁護士に相談して専門的なアドバイスを受けましょう。
弁護士は契約書や状況を詳しく調査し、適切な対処法や解決策を提案してくれます。

また、必要に応じて法的手続きを代行してくれることもありますので、安心して任せることができます。

ただし、弁護士に相談すると費用が発生したり、事前準備も必要になったりするため、弁護士に相談する前に、まずは買取業者との交渉や自力での解決を検討しましょう。

二重契約が発生した場合の具体例について

二重契約にはどのようなパターンがあるのでしょうか。
ここでは、キャンセルができる場合とできない場合、それぞれの具体例をご紹介します。

キャンセルできる場合

「山田さんは、車の買取査定を複数の業者に依頼しました。
買取業者Aに口頭で100万円で売却の意思を伝えた後、買取業者Bから120万円で買い取るとさらに良い査定額が提示されました。
山田さんは、業者Aとの契約書を交わしていなかったため、業者Aに連絡してキャンセルを依頼し、業者Bと契約を結びました。」

上記のように、口頭での意思を伝えたのみで、契約者を交わしておらず、車の引き渡しをしていない場合は、キャンセルできる場合が多いです。

キャンセルできない場合

「鈴木さんは、車の買取業者Aと契約を結び、車の引き渡しと代金の受け取りを完了しました。

しかし、その後、友人から買取業者Bがより高い金額で買い取ってくれると聞きました。
鈴木さんは、業者Aとの契約をキャンセルしようと試みましたが、既に車の引き渡しや代金の受け取りが完了していたため、キャンセルができませんでした。」
上記のように、すでに契約を結び、車の引き渡しが完了している場合は、キャンセルは難しいでしょう。

今回紹介した具体例はとてもシンプルな例ですが、実際にはさまざまなパターンが想定されます。

二重契約をしてしまった場合、契約状況や契約内容を確認し、適切に対処しましょう。

まとめ

今回は、車買取の二重契約やその対処法などについて解説しました。
車買取の二重契約に注意し、トラブルを避けるためには、契約成立のタイミングや条件を理解し、信頼性のある買取業者を選ぶことが重要です。
二重契約になってしまった場合のリスクと対処法を把握し、契約書のチェックポイント(キャンセル規定、成立・解除条件など)に注意して契約を行いましょう。
万が一、二重契約になってしまった場合は、キャンセルの可否や買取業者との交渉、必要に応じて国民生活センターや弁護士に相談するようにしましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.二重契約になってしまった場合、自分で解決できますか?

二重契約になってしまった場合、自分自身で解決することも可能です。
まずは、契約書の内容をきちんと確認し、キャンセル規定や条件を把握しましょう。
その後、買取業者と連絡を取り、状況を説明して対処方法について相談します。
ただし、解決が難しい場合や法的な問題が発生する可能性がある場合は、国民生活センターや弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

Q2.二重契約のトラブルを防ぐために、チェックすべき契約書のポイントは何ですか?

まずは、契約書にキャンセルに関する規定が明記されているか確認しましょう。
キャンセルが可能な場合や条件、キャンセル料金などが記載されているかどうかが重要です。
また、契約が完了するために必要な条件(車の引き渡し、代金の支払いなど)や、契約変更・追加事項に関する記載があるかどうかも確認しましょう。
将来的にトラブルが発生しないよう、契約内容を変更したり追加したりする際の手続きや条件が明記されていることが望ましいです。

この記事の監修者

naoki8887

資格:宅地建物取引士
専門分野:車・不動産分野
概要:Webライター兼ブロガー。
月間40,000PVの自動車メディアを運営中。
多くの人に車やドライブの楽しさを知ってもらうため、車にまつわる情報を発信している。
また、宅地建物取引氏の資格を取得しており、不動産に関する記事執筆も行っている。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す