CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

10年落ちの車は下取り?買取?査定価格を少しでも上げるポイントについてご紹介!

  • 2023年4月20日

下取り 10年落ち

この記事では10年落ちの中古車市場での評価や、どうすれば高く売れるのかという方法をご紹介します。

10年落ちの車を所有している方にとっては必見の内容となっております。

10年落ち車両、中古車市場での評価とは?

一般的に10年落ちの車は走行距離が多く、部品などの消耗も激しいので買取額が低くなると考えられます。

しかし、中古車の相場は年式のみで決まるわけではないので、10年落ちの車の買取額が低いとは限りません。
ここでは、10年落ちの中古車の買取相場はどうなのかご紹介していきます。

〇買取が可能

10年落ちの車であっても価値は見込めるので、買取をしてくれることがほとんどです。

今までは、10年で10万キロの車だった場合、交換時期とも重なるので故障のリスクを回避するといった理由で買取を避けられていました。
しかし近頃は、自動車製造や技術の向上で状態の良い中古車が増えたことにより、買取業車の評価も変わっています。

また、海外においては10万キロを超えた車でも需要があるため、海外向けの販売経路をもつ買取業車からは年式の古い中古車でも需要があります。

〇車の状態、種類で相場は変化する

10年落ちの中古車は、年式に焦点を置いてしまいますが、実際の中古車買取相場は車の状態や車種によって決まってきます。
10年落ちの車であっても状態が良かったり人気の車種だった場合は高い価格で取引されます。

また、国産車は性能が良いため、海外の評価が高く買取をしてくれる業者が多くあります。
あまり走っていない車や需要の高い車であれば、高値がつくこともあります。

以上の点から、10年落ちの車両であっても場合によっては高く評価される事もあります。

10年落ちの車は下取り?買取?

10年落ちの車は車種や状態によっては、高値で買取をしてくれる場合があります。

しかし、中古車を売る時にはディーラーの下取りという事も考えられ、どちらが良いのか迷う方がいらっしゃると思います。
そこでここでは、10年落ちの車は下取りに出した方が良いのか、買取に出した方が良いのかをご紹介していきます。

〇下取りがおすすめの方

新車への買い替えを検討している場合は、ディーラーの下取りをおすすめします。
古い車と新しい車が同タイミングで引き換えとなるので手続きも手短に完結できるといったメリットがあります。

しかし、車の下取りを選択した場合は、買取よりも査定額が低くなることが予想されるのと、車を売却したお金を現金で受け取ることができないといった点は把握しておく必要があります。

10年落ちの車は通常の車に比べ査定額が低くなる傾向があるため、少しでも買取の価格を高くしたいという場合は下取りに出すのはやめておいたほうが良いでしょう。
下取り査定についてはこちら

〇買取がおすすめの方

査定額だけを見て車を売るなら、下取りをするよりも買取してもらう方がおすすめとなっています。

下取りに出した場合は、基本相場以上の買取額になることはありませんが、買取の場合は違ってきます。
特に買取した後の販売路線を持っている買取業者なら、高額で査定をしてくれることがあります。

また、中古車の買取の場合、年式や走行距離、モデルなどを問わず査定基準にない項目も反映させた買取価格を提示してくれる場合があります。

迷っているのであれば、下取りよりも先に買取査定に出してみることをおすすめします。
買取と下取りの違いについてはこちら

10年落ちの車でも買取相場が高い車はどんな車?

10年落ちの車でも買取をしてもらうことは可能となっていますが、車種や状態次第で買取価格が跳ね上がる場合もあります。
一体どのような車が高く買い取られるのでしょうか。
ここでは、10年落ちの車でも買取相場が高い車はどんな車なのかご紹介していきます。

〇人気の車

人気のある車は、10年落ちでも価値が下がりにくいです。
モデルチェンジした後は、価格が大きく下がる場合がほとんどですが、人気の高い車はあまり影響を受けません。

〇低走行車

10年落ちの車でも、低走行車の場合買取相場は高くなると予想できます。
距離の目安としては1年1万キロ程度となっているため、10年落ちなら10万キロ未満の走行距離の車だと高い値が付きやすいです。

また、劣化も少なく、問題なく走行可能と判断されるとさらに査定額にも期待できます。

ただ、距離が短かった場合でも長い間眠っていた車の場合は注意が必要となっています。
放置してある車だと不具合がある場合があり、買取の価格が下がるといったこともあります。
走行距離と買取価格の関係性についてはこちら

〇フルモデルチェンジ前の車

車のモデルチェンジには、フルモデルチェンジとマイナーチェンジの2種類があります。
買取相場にはフルモデルチェンジが大きな影響を与えます。

マイナーチェンジは、装備やデザインの変更のみで、新しいモデルとしての価値や買取の価格も安定しています。

フルモデルチェンジは、最新のモデルが売られているので、中古車の市場にある旧車は買取の価格が低くなる傾向があります。

可能であれば、4〜6年の周期で変わるフルモデルチェンジされる前の車を売るように意識すると良いでしょう。

〇しっかりとメンテナンスが施してある車

10年落ちしている車は故障しやすい場合があるので、しっかりメンテナンスされている状態の良い車とアピールできれば買取額アップにつながります。

また、メンテナンスをしっかり行っていれば、車を大切にしていたことが伝わります。
目に見える部分だけではなく、エンジン、足回りといった車の機能部分もしっかりメンテナンスされていれば、良い評価につながるでしょう。

また、車自体に修復歴が無いということも重要な要素となっています。
修復歴は、マイナスな査定の要因となってしまいます。
査定時には、修復歴を重視されるので、修復歴がない場合は伝えておくと良いでしょう。

〇人気の車種・カラー

人気の車種やカラーは、10年落ちしていても価値が下がりにくいといったことがあります。

通常の車は、モデルチェンジした後に価格が下がる場合がほとんどですが、人気の車種はあまり影響を受けません。
ヴィンテージの中古車などでは、古くても欲しいという熱狂的な支持者がいるので需要があります。

その他にも、年数が経過した事で相場が上がったという車があるということも覚えておくと良いです。

10年落ちした車の買取を高くする方法とは?

10年落ちした車でも高く売れる車についてご紹介しましたが、自分が持っている車が上記で挙げた項目に該当しないといった場合でも、買取相場を高くする方法があります。

ここでは、10年落ちした車の買取価格を高くする方法をご紹介していきます。

〇売り時が重要

買取業者の繁忙期は、1月〜3月と7月〜9月となっており、この時期を狙うことをおすすめします。

就職や進学といったイベントにより車の買い替えが多くなる時期で、業者も在庫を確保したいと考えるので、高い価格で買取をしてくれます。

ただ、車の価値は日を増すごとに下がっていくので売るタイミングを逃さないことも大事です。

〇車をできるだけ綺麗にしておく

車が綺麗にしてあると査定士からの印象もよくなるので、車を売る前には洗車したり車内の掃除を行ってから持っていくようにしましょう。
また、タバコやペットなどの臭いは査定士からあまり良い印象を受けず、マイナスに査定されてしまいます。
車を持ち込む際は、消臭スプレーなどを使って可能な限り臭いが残らないようにしましょう。

〇純正品の準備を忘れずに

純正品の評価が良いため、カスタムなどをしている場合は純正品を準備してから査定を受けることをおすすめします。
ただ、社外品だったとしても一部例外となるものがあります。
「人気があるブランドのパーツ」や「高性能で新しいナビやオーディオ」などをカスタムしている場合は、プラスの査定となる可能性があります。
そのため、事前に売りに出す車のパーツなどを確認しておくことが重要となっています。
買取価格を上げるためのコツについてはこちら
古い車の買取についてはこちら

10年落ちの車を売却した後の再販方法とは?

10年落ちの車でも買取してもらえるのは、買取業者が再販方法を持っているからです。
車が問題なく走れるのであれば、国内や海外問わずに再度販売されますが、部品やパーツといった部分が評価されるといった点もあります。
ここでは、10年落ちの車を売却した後の再販方法についてご紹介していきます。

〇中古車として再度売りに出す

国内のオークションなどに出せる業者であれば、状態が良い車や人気の車などは高い評価を受けることができます。
年式が古く人気が下がった車でも、価格が低い中古車を買いたいという方がいるので、0円で査定されることは少ないので、とりあえず査定をしてみる事をおすすめします。

〇部品やパーツとして再度売りに出す

10年落ちの車は、しっかりとメンテナンスを行えておらず、走れないといったこともあります。動かない車=廃車というイメージを持たれてる方もいると思います。
ですが、不動車でも買取に出した際に値が付くことがある事を覚えておきましょう。
買取業者の中には、部品やパーツなどを見てまだ使えると評価してくれる事があります。
バッテリーやタイヤなど部品やパーツなどであれば、買取業者も再販して利益を得ることができるので買取してくれる事があります。
廃車するのにかかる費用が数十万といった場合もあるので、廃車にしなければという車でもまずは買取査定にだしてみるようにしましょう。

〇海外での販売

国内で売れない車でも、海外では高く売れるといった場合があります。
日本の車は、品質がよく壊れにくいとされています。
更に、走行に問題なく四駆だったり、多くのひとや荷物を載せられる車であったり、先進の技術がない車などは買取額も高くなることが期待できます。
中古車の買取業者でも、海外への販売経路を持っている業者は、国内で売れないとされてる車も買い取ってくれます。
もし、海外で人気がある車に該当している場合は、海外に販売してくれる買取業者にお願いしてみましょう。

車種別に10年落ちの買取相場をご紹介

10年落ちの車を売る時に、大体相場はどのくらいになるか気になると思います。
ここでは、実際に10年落ちした車種の相場をWEB上のデーターを基にいくつか挙げていきますので参考にしてみてください。
人気車種やカラーなどによっては相場が変わる場合があるので一概には言えないということを注意してください。

〇スズキ ジムニー

・買取の相場は、30万円~40万円
四駆で人気の高い、スズキのジムニーの買取価格は、30万円〜40万円となっており、残価率は、25%前後と少し高い数字となっています。
なぜなら、スズキのジムニーは、根強いファンが多い車として有名で、中古車でも高い価格で取引されることが多いからです。

〇トヨタ プリウス

・買取の相場は、15万円〜30万円
中古車でも人気のあるトヨタのプリウスの買取価格は、15万円〜30万円となっており、残価率は、10%前後となっています。
トヨタのプリウスは中古車市場での流通が多いのであまり商品価値が出にくくなっています。10年落ちともなると価格は下がる傾向にあります。
ただ、プリウスの中でも限定車などでは、希少価値を評価され高く買い取ってくれます。

〇トヨタ ヴェルファイア

・買取の相場は、40万円〜80万円
ワンボックスカーの中でも人気のあるヴェルファイアの買取価格は、40万円〜80万円となっており、10%〜よくて20%前後となっています。
ヴェルファイアは、ガソリンモデルではなくハイブリットモデルの場合より高値で買い取ってくれる傾向があります。

まとめ

10年落ちの中古車の買取相場は、走行した距離や状態によって高値で買取ってもらえる可能性があります。
目安として「10年落ち」ですが、走った距離や車の状態も査定に大きな影響を与える部分となっています。
車種によって相場に与える部分は統一的ではなく、高いグレードだったり、特別仕様車だったり、スポーツ車だったりする場合は、買取価格も高くなります。
10年落ちの車であっても、より高く売るためには、相場などをよく調べ、一括査定またはオークション査定を上手く活用しましょう。
また、それでも値がつかないといった時は、廃車の専門店などに持ち込むと良いでしょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.15年落ちや20年落ちの車も買取ってくれますか?

15年落ちや20年落ちの車でも買い取ってもらうことは可能です。査定基準も10年落ちの車と同じ基準で買取をしてもらえることがほとんどです。

Q2.車の寿命はどれくらい?

平均的には乗用車で13年程度となっています。年々、平均使用年数は上がっています。

この記事の監修者

8.国松 聖真(chack9314)

国松 聖真

資  格:車、ファッション、ゲーム
概  要:車、ファッション、ゲーム記事を得意とするWebライター。
前職では、車の部品やパーツ製造から営業まで車関係の仕事に幅広く従事。
身に付けた自動車の知識を活かし、「車の楽しさ」や「車の知恵」を発信。
現在は、フリーランスWebライター・マーケターとして様々なメディアの執筆や編集、監修を幅広く行っている。

人気車種の買取相場

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す