CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

金融車とは?売却時のメリット・デメリットと方法をわかりやすく解説

  • 2023年12月25日

「金融車とは?」
「金融車はどこに売ればいい?」
本記事では、金融車買取のメリット・デメリットから売る方法までわかりやすく解説します。

金融車ってなに?経緯も紹介

金融車を指すものから、経緯まで紹介していきます。

金融車とは

金融といえば思い浮かべるのは銀行や証券ですが、金融車とはローンが残っている車を指します。
例えば、借金の返済が出来ずに担保として回収された車や、ローンの支払いが完了していない状態の車のことがあげられます。
ローンが残っていて車両の名義変更ができないことで、金融車の査定を中古車買取業者に拒否されることが多いです。
名義変更をするには、車検証の使用者がローンを完済して有権解除の申請をしたら正規の車となり名義変更が可能です。
中古車店で売る場合は、ローンの残りと差し引きになるため手元にお金が残らないことや状況によっては追加でお金を支払うこともあります。
金融車専門店で売る場合は、ローンの残りと差し引きになることはないため、即日則金で買取が可能です。
車の所有権はローン会社にあって購入者は使用者の立場になるためローンを支払うことはなく安心です。

金融車の経緯には種類があるため、以下でわかりやすく解説していきます。

金融車になる経緯とは

金融車とは、ローンが残っていて名義変更ができない車を指すことを紹介しました。
金融車になるまでの経緯を、わかりやすく解説します。

1.担保として実行された車
ローンが残っている状態で支払いができなくなると、融資を出してる会社は車を売却する権利を持ちます。
上記の状態を担保実行と呼び、市場に流れると金融車になります。

2.物で支払うことになった車
車のローン融資以外を受けて、現金返済が厳しくなった場合に物で支払います。
このように、物で代わりに支払う状態になることを代物弁済と呼びます。
現金返済が出来ずに代物弁済になった場合は、金融車になります。

3.金融車買取に直接売った車
使用者がローンの返済を終えていない車を、買取業者に直接売ることが金融車として1番多いケースです。

4.滞納して没収された車
没収された車は金融車になり、車のローンを長期間支払えずに滞納した場合は没収されるケースもあります。
使用者が判断して売るのではなく、ローン会社が物として没収した点が今まで紹介した1〜3のケースと違います。

金融車の種類

金融車の種類を以下で解説します。

1.運転資金がない業者
法人名義の車を売って現金にしたいほど、会社の業績が落ちて資金が厳しくなった時にするケースです。

2.使用者が直接車を売る
経緯でも紹介をした通り、1番多いケースは使用者が直接売ることです。
ほとんどの場合がインターネットで、金融買取やローン買取などを検索して調べたお店で売買をしています。

3.金融車は高級車が多い
金融車は、特にベンツやBMWなどの高級車が多いです。
なぜなら、一般人や法人が高いローンを組んでいて支払えなくなるからです。
高級車の場合は危ない金融車も多いため注意が必要です。
金融車自体は違法ではなく正規の取引として販売業者や金融機関と契約していて安心ですが、金融車と聞くと良いイメージをしないのは利用者や使用者側の問題です。

問題点を踏まえたうえで売買の判断をする必要があるため、金融車買取のメリットとデメリットを以下でわかりやすく解説していきます。

金融車買取のメリット

金融車を売るとどのようなメリットがあるのかを紹介します。

通常は売却できない車を手放せる場合がある

通常は売却できない車を手放せる場合があることが、金融車買取1つ目のメリットです。
基本的にローンが残っている車の所有権はローン会社にあるため、承認がないと売ることが厳しいです。
中古車として売却するには名義変更が必要で、車検証の使用者がローンを完済して有権解除の申請をする必要があります。
ただし、金融車専門店であれば通常は扱えない車も売却することが可能です。
金融車を所有している方は専門店から購入した方が多く、売却に迷っている場合は状況を電話や対面で相談するのが早くて安心です。
良い買取業者の選び方は、次の項目で分かりやすく解説していきます。
ローンの期間と走行距離が短いと、価格が下落しない内に処分できるため車の買取は早めの方が利益を多く出せます。

すぐに現金にできる

すぐに現金にできることが、金融車買取2つ目のメリットです。
金融車を売るために用意する必要な書類は、印鑑証明と免許証のコピーだけで通常の中古車買取よりも少ないため、時間をかけることなく簡単に現金を手にできます。
受け取った現金はローン会社に返済する必要はないため、手元に全て残せます。
完了時間は買取店によって異なりますが、スピード査定した場合には署名と最短で30分のやり取りで決済が完了するケースも中にはあります。
状況によって今すぐにでも現金がほしい方は、ローンが残っている車を買取に出せる買取店に相談してみるのも1つの手段です。
お店によっては、最大2000万円を現金で渡すことができるところもあります。

金融車買取のデメリット

売るとどのようなデメリットがあるのかを紹介します。

査定額が安い

査定額が安いことが、金融車買取1つ目のデメリットです。
車種が同じ一般の中古車と比較してみると、5割〜6割の半額程度で査定され売却するケースが多いです。
なかには相場の3割〜5割の買取と店舗によって内容や査定結果はさまざまになります。
査定額が安くなる理由としては、中古車と違って名義変更ができないことによる税金などの書類がややこしくなることです。
次に使用する方にデメリットとなることが多い点が、買取額が安くなる要因となっています。
さらに税金の支払いが完了していなかったり、車検が切れている場合にはより査定額が安くなることもあります。
金融車を買う側はよいですが、売る側にとっては大きなデメリットになる点を知っておくことが大切です。

購入者とトラブルが生じる可能性がある

購入者とトラブルが生じる可能性があることが、金融車買取2つ目のデメリットです。
金融車はローンが残っていて名義変更ができないため、所有者と購入者でトラブルが発生することがあります。
ローン会社が担保として車を回収する場合は、名義人が残りのローンを払えなくなった時です。
金融車を購入した人はローンの支払いと関係ないにも関わらず、車を取り上げられてしまうケースがあります。
上記のようなケースでは、問題が発生する可能性が高いです。
支払いが毎月完了していれば売却後のトラブルはほぼないですが、問題となるのは使用者側の支払いが滞っている場合に注意が必要です。
トラブルの発生源は使用者側だけでなく、購入者側にもあるため以下でわかりやすく解説していきます。

購入者が交通違反をすることがある

購入者が交通違反をすることがある点が、金融車買取3つ目のデメリットです。
購入者がスピード違反や駐車違反をして、料金を支払わなかった場合に違反の通知が使用者に届きます。
悪質な違反を繰り返した場合は、警察に検挙される可能性もあります。
購入者が違反を放置すると、使用者は違反していないのに罰金や反則金を支払うことになります。
購入者が違反をした際のリスクを理解した上で、金融車を売る必要があります。
使用者が金融車を売る場合は、交通違反の罰金や反則金は全て清算することです。
未納の場合は、査定額がさらに安くなったり買取自体を断られることがあるためです。

購入者が犯罪に使うことがある

購入者が犯罪に使うことがある点が、金融車買取4つ目のデメリットです。
金融車は名義変更ができないことを利用して、犯罪目的に購入する人もいます。
最悪のケースは、警察から身元を調べられた時に犯人や共犯者だと疑われることです。
業者を通さない個人の取引では、相手の身元や使用目的をしっかりと確認してから判断することが重要です。
おすすめは、専門の買取業者に相談をしつつ買取をしてもらうことです。
正規ルートで売買したとしても犯罪に巻き込まれる可能性はありますが、リスクを抑えることはできます。
金融車を売却する方法と良い業者の選び方について、それぞれ解説していきます。

金融車を売却する方法

ここでは、「どこで売ったらいいの?」
とわからない方向けに、売却する方法と注意点を解説します。

金融車専門の買取業者

金融車専門の買取業者について解説します。

金融車は、売買に必要な書類を揃えることができない点が大きなデメリットです。
一般の中古自動車の売買には、譲渡証明書が必要になります。
譲渡証明書とは、車検証に記載がある車の所有者から購入者へと譲渡しても良い許可証のような扱いです。
普通自動車の場合は、所有者が譲渡証明書に実印を押して印鑑登録証明書の2つが必要です。
金融車の場合は、所有者の権利をそのままに市場に流れた車がほとんどなため、金融車を手にして売却する書類をそろえることは不可能に近いです。
そのため一般の中古車買取店では、名義変更不可の項目が原因となり車の取り扱いができないです。
金融車買取業者は、ローンが残っていて名義変更ができない車の取り扱いが出来て、見積りから相談まで可能です。

金融車買取を扱うお店は少ない理由

金融車買取を扱うお店が、少ない理由をわかりやすく解説します。
必要な書類をそろえることが厳しいため、買取を取り扱うお店が少ないことが理由です。
所有者と使用者が変われば法律で15日以内の移転登録が義務付けられているため、車の所有者と購入した使用者を明確にする必要があります。
名義変更ができない場合、法律違反に該当するため中古買取店では取り扱いを断っています。
しかし、守らなくてもペナルティがないことから金融車として使用される場合もあるので注意しましょう。
金融車を専門に取り扱う業者に、売買を迷っている方は1度でも相談をすることをおすすめします。
上記の通り、必要な書類がそろわないため金融車を扱うお店は一般の買取業者より少ないことを知っておくことが大切です。

売却に必要な書類

金融車の売却に必要な書類を紹介をします。

以下の7つです。

  • ・車検証
    ・賠償責任保険証
    ・リサイクル券
    ・実印
    ・印鑑証明
    ・自動車税納税証明書
    ・免許証のコピー

上記がメインの書類です。
他にもローンがどれくらいあるのかを証明する、残債調査照会依頼書が必要になる場合もあります。

契約を早急に終わらせるためにも、金融車買取の業者に必要書類を確認することが重要です。

金融車を売る流れ

金融車を売る流れを紹介します。
参考は、売却済車両 | 金融車の買取・販売【カーライフ】 (carlife-co-ltd.com)です。

  • 1.電話やWebから問い合わせをする
    2.電話査定の結果を待つ
    3.査定員が所有者の車両を確認する
    4.現金を即日即金で受け取る

金融車買取の業者に問い合わせをするときは、査定に関係する車の年代や車種、走行距離などの情報が必要で事前に確認が大切です。

良い買取業者の選び方

なかには悪質な業者もいるため、ネットオークションなどの個人売買より、専門の業者に買取してもらう方が安心です。
ここでは、良い買取業者の選び方を紹介します。

ホームページに実店舗がある

良い買取業者を選ぶための1つ目の判断は、ホームページに実店舗があるかどうかです。
金融車買取業者の中には、トラブルが発生した時に逃げられるようにしたり、固定費を払わないために実店舗を持たないところもあります。
店舗ではない場所で買取手続きや査定をする業者や、店舗買取はしていなくて出張買取のみで査定している業者などは実店舗がないなかで営業している可能性があります。
公式サイトに住所が載っている場合でも、なかには偽の住所や仮の住所を設定している場合があるため口コミなどでリサーチをする必要があります。
他には、地図アプリで検索をしてみたり直接足を運んでみるのも良いです。
店舗を持たない一括査定やネット買取専門の業者の場合は、本社の記載場所が明確なのか、実際に会社が存在しているのかなどを確認することが大事です。

固定電話を持っている

良い買取業者を選ぶための2つ目の判断は、固定電話を持っていることです。
携帯電話の番号のみで営業している業者は、悪徳業者の可能性があります。
理由としては、維持費がかかる固定電話の回線を嫌っているケースはトラブルが発生したときに逃げるために固定電話の支払いをしていない業者の可能性があります。
逆に、維持費をかけてでも固定電話の回線を持っている業者は、しっかりと営業しているケースが多いです。
固定電話の開通には、住所や法人情報の登録が必須になるため嘘の住所で営業をしていない証明になります。
また、番号があったとしても電話がつながらなかったりメールの返信が5日以上ない場合は怪しいです。

アフターフォローがある

良い買取業者を選ぶための3つ目の判断は、アフターフォローがあることです。
購入した金融車を販売する時や金融車を売った後でも、アフターフォローがある店舗はトラブルの可能性を減らすことができます。
買取業者によって内容は異なりますが、主なアフターフォローは以下の通りです。

  • ・車検代行
    ・任意の保険加入
    ・返金保証等

まとめ

金融車とは、ローンが残っている車です。

金融車の特徴は、BMWやベンツといった高級車が多い傾向があり、名義変更は所有者がローンを全て支払う時まで変更できない点です。
名義を変更できないと法律違反に該当するため、通常の中古車買取店では取り扱いができないです。
金融車の名義人はすぐに現金にすることが可能で、上記の通常では手放せない車を金融車買取店に売買できる点がメリットです。
しかし、査定額が安かったり犯罪や違反などのトラブルに巻き込まれるデメリットを理解した上で売却することが重要です。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.金融車を高く売る方法は?

できるだけ早めに売ることです。

税金の滞納がない場合は、早めに売る方が車検期間が長くなり信頼面から査定金額が高くなります。

買取業者からしたら、税金完済前の安心できる車がうれしいですが、販売者側からするとリスクがあります。

早めに売ることによってリスク回避になり、高額の買取価格を即日で受け取ることができます。

基本的には、早く売ることによって車体やバッテリーの劣化を防ぐことが可能です。

Q2.金融車買取の場合は、中古車に比べて料金は?

中古車販売価格の5割〜6割の価格になります。
金融車のメリットとして、ローンと名義を残したまま市場に売却できるため通常の中古車買取の価格から安くなります。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。
中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す