CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

車の買取で即決するのはあり?車を買取してもらう際におけるメリット・デメリットを解説

  • 2024年4月26日

車買取即決
車を査定に出した際に即決すると、他社との比較が困難になるため、納得できる金額で売却できない可能性があります。
この記事では、車の買取において即決すべきかどうか、即決するメリット・デメリットなどを説明します。

車の買取査定はその場で契約をしないことが大切

車の買取査定は即決しないことが大切です。
他の業者と比較される前に顧客を確保しておきたいという思いから、すぐに契約をするように勧めてくる業者もあります。

愛車を少しでも高く買取してほしい場合は、すぐに売りたいという気持ちを抑えましょう。

すぐに大量の電話がかかってくる

車の一括査定サービスを利用した場合、申し込んだ直後に電話がかかってくることが多いです。
一括査定は一括査定サイトに加盟している買取業者に顧客からの査定依頼があると通知が届き、どの業者もアポをとりたいため、短時間のうちに電話が殺到します。

電話がかかってくる煩わしさから提示された買取価格で即決してしまうことで相場よりも安く買取されてしまうこともあるでしょう。

地域によっては買取業者が見つからない可能性がある

地方や山間地域・離島は、一括査定サービスに登録している業者が少ないことも考えられます。
また、複数のサイトで買取サービスを利用すれば買取業者が見つかるかもしれませんが、遠方から業者が出向くとなると、高額な出張費を請求されるケースもあります。

トラブルに発展する可能性がある

一括査定では、いち早くアポを取りたいという思いから、営業が強引な場合があります。
出張査定では、業者側もコストをかけて来ていることから、何としてでも契約を取りたいという」思いが強いです。
そのため、契約を結ぶまで査定する査定士に押し切られたり、居座られてしまい、やむを得ず契約をしてしまったという事態も起こるでしょう。

そのほかにも、「事故車でした」「修復歴があります」などの理由を付けて、査定額を下げようとしてきたり、高額なキャンセル料を請求されるケースもあります。

また、複数のサービスを利用することで、買取業者を同日同時刻に呼んでしまい、トラブルに発展してしまう可能性もあるため、スケジュールの設定には注意しましょう。
トラブルを回避するためには、査定の日時をずらして、複数の業者からの査定を取り、即決しないことがポイントです。

車の所有者自身がわかっている修復歴に関しては、正直に申告しておくことで、後々のトラブル防止にもつながります。
また、一括査定をする上で、プライバシーマークやISMSを取得しているかを確認するようにしましょう。
JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟している業者は、買取業者の優良性を示すので、こちらに加盟している業者に絞るのもポイントです。

1社だけだと価格交渉の材料がそろいにくい

1社だけだと、他業者への価格交渉の際の材料がそろいにくく、相場感を掴むことが難しいでしょう。

愛車を少しでも高く売りたい場合は、1社だけで即決するのではなく、いくつか業者を絞って材料をそろえることもポイントです。

予想外の高額査定に出くわす可能性がある

車を査定する際、どこに依頼するかによって査定額は大きく変わるため、予想外の高額査定に出くわす可能性が期待できます。
愛車の価値を適正に評価してくれる買取業者を見つけることも大切なポイントです。

車の買取で即決をしても良い場合

基本的には即決はNGですが、例外で即決しても良い場合もあります。

中古車市場の相場は定まっていないため、時間とともに下落していくため、即決によって高値買取が見込める場合もあります。
売却する側の注意点としては、即決しても良い場合の事前準備が必要です。

複数社での相見積もりが完了している

相見積もりを取る際、少なくとも3社以上の業者から見積もりをとることがポイントです。
なるべく複数の業者から、比較の対象を増やすことができるため、最終的に高値買取につながるでしょう。

高価買取のタイミング

車が1番高く売れるタイミングは、1月〜3月です。
入学・就職シーズンに合わせて、買取業者が在庫の確保に力を入れます。

また、転職や転勤に伴って車の需要が多くなる9月も売却に適したタイミングです。
需要の変動と並行して、価格も目まぐるしく変化するため、高価買取に期待できる時期を見計らうことがポイントです。

即決を前提での高額査定

「売る気があることを示す」ことで、高額査定に期待できます。
その意思を伝える際は、条件次第ではすぐに売っても良いという旨を、査定士に伝えると良いでしょう。

車の買取査定の方法

これから車の買取査定を依頼したいと考えていても、どのようにしてどこに車の買取査定を依頼すれば良いのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
この項では車の買取査定を依頼する方法について紹介します。

車の査定はどこで申し込む?

車の査定は、主に以下の4か所で申し込みができます。

  • ・ディーラー
    ・中古車買取店
    ・一括査定サイト
    ・日本自動車査定協会(JAAI)

今現在の車の価値を知りたい・新車を購入するために下取りに出したいなど、車を売却する目的によって、査定を申し込むサービスを選択します。

ディーラー

ディーラーは、自動車メーカーと特約店契約を結んでいる販売店です。
ディーラーでは新車購入のほかに、車種によっては下取りも対応しています。

下取りと買取の違いは、ディーラーで新車を購入する際に、所持している車を買い取ってもらうことです。
一方で、買取は、買取店に車を買取してもらうことです。

下取りは、新車を購入することが条件で車の買取を行うもので、ディーラーでの買取は基本的にはできません。
買取価格は、新車の購入を条件とした額となるため、買取店で買取をしてもらうときの価格と、差がでる場合があります。

中古車買取店

中古車買取店とは、車の買取を行う店舗のことです。
同じ車でも査定額は店舗によって異なりますが、中古車買取店での査定額は、ディーラーより高くなる傾向にあります。

一括査定サイト

一括査定サイトとは、車の情報を入力することで、複数の買取店に査定依頼ができるサイトのことです。

スマホなどで査定依頼できるため、手軽にまとめておおまかな価格を把握できることがポイントです。

車の乗り換えを検討するときにおすすめなのは一括査定を利用することです。
CTN一括査定では利用者の登録情報をもとに3社を厳選してご連絡しますので、電話ラッシュで時間や手間を取られることがありません。

またCTN一括査定の大きなポイントは、軽自動車やSUV、輸入車などの専門買取業者などでも比較できることです。
そのうえ車販売店のみならず解体業者や貿易会社とも連携しているため、大掛かりな修理が必要な車などにも対応が可能です。
「きっと値がつかないだろう」と諦めている方もCTN一括査定なら、愛車にぴったりの買取業者を見つけられるかもしれません。
車を高く売りたいと思っている方は、CTN一括査定をぜひご利用ください。

日本自動車査定協会(JAAI)

日本自動車査定協会(JAAI)とは、全国52のネットワークで運営されています。
車を買取する際に重要な役割の査定士は、豊富な知識と高度な技術が必要とされますが、査定協会では、中古車の円滑な流通を図るため、全国の自動車販売店での中古車取引における中古車価格の適正な査定が行われるように、中立公正な第三者機関です。

査定を少しでも高く見積もってもらうためのコツとは?

査定額を少しでも高くするためには、いくつかのコツがあります。
以下のポイントをおさえて、査定額の向上を目指しましょう。

車のアピールポイントをしっかりと伝える

経験豊富な査定士でも、見落としてしまう可能性があるので、査定金額が向上する要素がある場合は、積極的に伝えましょう。
特に純正品は、査定の金額が高くなる可能性が高いため、可能な限り準備してアピールすることをおすすめします。

洗車や車内のクリーニングを行う

査定では、きれいな車の方が査定評価は高くなります。

車の外装・内装・エンジンや足回りなど、できるかぎり洗車や車内のクリーニングを行い、丁寧に使われていたということが伝わるように、手入れしておくと良いでしょう。

高値がつきやすい時期に売る

1~3月、9~10月は車が高く売れる時期といわれており、この時期は自動車税・軽自動車税の課税時期や決算期などの影響で車の需要が高まります。
そのため、買取価格が多少割高になっても、中古車買取店としては在庫を多く確保したいのです。

しかし、売却におすすめの時期はあっても、中古車の価値は1日でも新しい方が高いということが鉄則です。
売りたくなったタイミングが高く売れる時期ではなくても、基本的には早めに売るのが良いでしょう。

年式が新しく状態が良い

車の年式は、車の買取価格に大きく影響します。

一般的には、車の年式は10年がひとつの節目と捉えられており、製造から10年経過した車は車やパーツが老朽化した低年式車とみなされ、買取価格が特に下落しやすい傾向にあるのです。

一方、年式が新しい高年式車は、新車に近いため高値買取が期待できるでしょう。

純正のパーツがそろっている

純正パーツが揃っている車は、高く評価される傾向にあります。
カーナビや安全整備などが充実していると査定額が高くなるのが基本です。

純正品以外のパーツは高く評価されないため、もしカスタムしている場合には、査定前に純正パーツに戻す方が良いでしょう。

下取りよりも買取がおすすめ

ディーラーで車を購入する際は下取りを選択することも可能ですが、買取よりも低い査定額になる傾向があります。

買取は中古車相場価格やオプション品、車の状態で査定するので、下取りよりも高値がつくことが期待できるので、おすすめです。

車の一括査定のメリット・デメリット

車の一括査定のメリットと、車の一括査定や買取において即決するデメリットを紹介します。
一括査定は、売却したい車の情報(車種や年式、走行距離等)と個人情報を一度入力するだけで、提携している複数の買取業者に査定申込ができるサービスです。

車の一括査定のメリット

車の一括査定のメリットについて、みていきましょう。

売却までの期間の短縮が見込める

複数の業者に一括で査定を依頼できるため、一括査定の大きなメリットです。

通常、車の査定を依頼する場合は、一件ごとに業者を探して連絡をするため、手間がかかってしまうものの、一括査定では業者を探す工数や情報入力の手間を省くことができます。
そのため、車の売却までの期間の短縮が見込めるでしょう。

通常より買取金額がアップする可能性がある

一括査定では、複数の業者に査定を依頼できるため、より高値で買取をしてもらえる業者を見つけやすいです。
そのため、各業者それぞれに出してもらった査定額の見積もりを比較し、最も有利なところに売ることができるため、買取金額がアップする可能性があります。

業者としても競争心理が働き、自分のところに車を売ってもらうために、良い条件を出してくれることに期待できます。

車の一括査定のデメリット

車の一括査定や買取において、即決するデメリットを紹介します。

他社の査定金額よりも低くなる可能性がある

車の一括査定の際に、想定していたよりも高額な査定金額を提示されることもあるでしょう。
この査定金額で早く売ってしまいたいと考え即決したくなるかもしれませんが、それは一括査定で全ての業者の金額の提示を受けてからにする方が良いでしょう。

即決してしまうことで、他社の査定金額の方が高く即決した金額の方が低かったという場合も考えられるので、落ち着いて進めていくことをおすすめします。

即決後にキャンセルは難しい

一括査定を受けてその金額に納得して即決してしまった場合、売買契約をかわすとキャンセルするのは難しいでしょう。
また、すでに業者がオークションなどに売りに出している可能性もあるため、キャンセルできないという場合もあります。
もしキャンセルができても、違約金などのペナルティが発生する恐れがあるため、車を即決する際には慎重になったほうが良いです。

価格の交渉が難しい

即決してしまうと、価格の交渉は難しくなってしまうでしょう。
買取相場を知っておくことで、自分の車がどれくらいの価値であるかを把握し、買取業者が提示した査定額が適正かどうか判断できます。
複数の買取業者に見積もりを依頼することで、車の高値買取にむけた交渉材料となります。

高く売るための交渉のしかた

査定において買取店に促されるまま契約を行ってしまうと、思っていたよりも値段が低かったということもあるでしょう。
そこで、車を高く買取してもらうには、いくつかのコツがあるので紹介します。

希望金額を最初に言わない

希望金額を言ってしまうと、交渉の余地がなくなる可能性があります。

特に純粋な希望金額を伝えてしまった場合、愛車を安く買われてしまうケースもあります。

交渉を有利にするためには、自分から希望金額を提示せず、最低でもこの金額以上で売りたいという基準を考えておくことがポイントです。

希望金額を聞かれたら高かったところの10~20%増しで交渉

他店の競合を意識させて、一番高いところの10~20%増しで交渉することをおすすめします。

ほとんどの車買取業者は、査定の際、他社の動きを聞いてくるのです。

このとき、値段を正直に話すのではなく、1社目の交渉では「ディーラーの下取りが〇〇万円(10~20%上乗せ)でした」と話せば問題ありません。
続いて2社目以降は、「1社目で〇〇万円(10~20%上乗せ)で、ディーラー下取りは〇〇万円(10~20%上乗せ)でした」と話しましょう。

このやり取りを繰り返していくと、各社の査定額が横並びになるタイミングがあり、そこが本当の限界価格と考えられます。
最後は各社が1~2万円の競り合いをすることになりますので、最後まで残った1社に決めることができます。

大きな事故歴は正直に話す

売りたい車が過去に大きな事故歴がある場合は、正直に話しておきましょう。
その場では分からなかったとしても、後々修復歴が発覚したときには、トラブルになる可能性があります。
大きな事故というのは、車の基礎部分にあたるフレームを修正したかどうかが基準となります。

売却理由を売る前提で話す

車買取業者は、売る気のない人には平均価格を伝えることがほとんどです。
そのため、売ることに対して前向きな姿勢でのアピールがポイントとなりますので、売却理由を売る前提で話しましょう。

1社目で即決しない

車買取業者としては、査定に来たからには買い取りたいと考えています。

そのため、今すぐの判断を迫られ、即決させられそうになる場合がありますが、1社目の口車には乗らないように注意しましょう。
2社目以降のほうが高い査定額を提示してくれる可能性があるので、1社目で決断を迫られれても、最低でも2社以上の査定を受けることをおすすめします。

アピールしたいオプション品があれば伝える

アピールしたいオプション品があれば伝えましょう。
「プラス査定」というものがあり、これは人気のボディカラーやオプション品がついている場合に査定額を数万円上乗せしてくれるというものです。
基本的には査定してくれますが、念のためにアピールしておくと良いでしょう。

交渉はあきらめず何度も行う

交渉する際は、あきらめずに何度も行うことも大切です。
一度で決めてしまうと、最初に提示された金額で売ってしまうことになってしまいます。

しかし、交渉の回数を重ねることで、買取業者も交渉に応じてくれる可能性があるため、納得のいく金額がでるまで、何度も交渉してみましょう。

査定を受ける際に気を付けること

車の査定を行う際は、年式や走行距離などをチェックしますが、購入時に渡された書類などがそろっているのかどうかも大切なポイントです。
以下では、査定を受ける際に気を付けることを紹介します。

必要な書類が全てそろっているか

売却時は必要書類を全てそろえておくことでスムーズに手続きを終えることができるため、前もって確認しておくことが大切です。
以下の必要書類をチェックしてください。

  • ・自動車検査証
    ※現住所の記載があるか、氏名が旧姓になっていないか確認
    ・自動車税納税証明書
    ※有効期限の確認
    ・印鑑登録証明書
    ※発行から3か月以内のもの(車種などによって必要枚数が異なるため、販売店側に要確認)
    ・リサイクル券
    ※車の購入時にリサイクル券を発行済み
    紛失した場合は、リサイクル券の発行はできないため、自動車リサイクルシステムのホームページで、自動車リサイクル料金の預託状況を印刷する
    ・委任状、譲渡証明書
    ※実印もあわせて用意
    ・住民票
    ※軽自動車を売却する際や住所の確認が必要な場合に提出

相場価格を事前に確認しておく

買取相場を知っておくことで、自分の車の価値を把握することができ、買取業者が提示した査定額が適正かどうか判断ができます。
車の買取相場を知ったら、交渉材料として活用しましょう。

交渉材料は多ければ多いほど適切な買取金額に近づきますが、嘘や誇張はトラブルにつながるため厳禁です。

純正パーツの準備をする

新車購入時にオプション品として装備したものがあれば、そろえておきましょう。
純正ナビや自動ブレーキシステムなども需要が高いものに関してもプラス査定になりますので、できる限り準備しておくことをおすすめします。

スペアキーや取扱説明書などの準備をする

車を購入する際は、マスターキーのほかにスペアキーが用意されていることが多いです。
車の取扱説明書やパーツの仕様書に関しても、事前にそろえておくことで丁寧に保管していたという証明になります。
スペアキーや書類がそろっているということも大切なポイントです。

傷やへこみは無理に直さない

傷やへこみがあると、査定がマイナスになるのではないかと考え、自力で直そうと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、車の知識がない方や修理に慣れていない方の場合、さらに大きな傷になってしまうことも考えられます。
そのため、査定に響くという事態を避けるためにも、そのままの状態で査定を依頼する方が得策です。

傷を修理するために費用が増えるのであれば、余計なお金を払わずに査定をしてもらい、気持ちを切り替えることも大切です。

交渉材料を用意しておく

他店での査定額が提示できれば、それは大きな交渉材料となります。
1社のみの査定だと、その査定額が妥当なのかどうかは判断ができません。
最低でも2社以上の査定額を取ると、平均値がみえてくるため、妥当な査定額も把握できます。

まとめ

車を高値で買取してもらうには、さまざまなコツが大切です。

車の買取で即決してしまっては、高値での買取は難しいでしょう。
そこで、一括査定で複数の買取業者に査定依頼し、どこが一番高く査定額を提示してくれるのかを比較しながら、落ち着いて判断をして車を売却しましょう。

査定士との交渉は、売りたい熱意と明確な理由を正直に伝えることで、査定金額が上がることが期待できます。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

車の査定を受けた場合売らないといけませんか?

提示された買取価格に納得がいかなければ買取をキャンセルすることも可能です。

車検切れの車も売ることができる?

車検切れの車でも車検が残っている車と同じように買い取ってもらえます。

この記事の監修者

CTN

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。 中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す