CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

生活保護を受給していると車の扱いはどうなる?基本情報と注意点を解説!

  • 2023年12月25日

生活保護を受けることで、車の所有に関してはどのような影響があるのでしょうか。
多くの疑問を抱える方のために、この記事では生活保護受給者が直面する車の所有に関する基本情報と注意すべき点を解説します。
また、必要条件や例外規定、そして利用できる車種についても解説します。

生活保護の基本情報

生活保護制度は、1950年に日本で成立した重要な社会保障の一環であり、現在は厚生労働省がその管理を担っています。
この制度の根底にあるのは、生活に困窮する人々の生活基盤を支えて安定させることです。具体的には、生活費、教育費、医療費などが国から支給され、受給者の基本的な生活を保障します。
申請は、まず福祉事務所での相談から始まります。
ここで生活状況や経済状況が評価され、必要と判断されれば正式な申請へと進みます。
このプロセスは個々の状況に応じて変わりうるため、丁寧な準備と相談が重要です。

生活保護を受けるにあたって、対象者は一定の制約を受け入れる必要があります。
その中で最も重要なのが、資産の売却です。
この制度では、預貯金や使用していない土地、家屋など、ある程度の資産を持っている場合、それらを売却して生活費に充てることが求められます。
また、自動車も特定の条件を除いては、所有が認められず売却対象です。

生活保護制度は、経済的に困難な状況にある人々に対し、最低限の生活を保障し、自立への道を支援するためのものです。
しかし、この制度を活用する際は、その基準や条件をよく理解し、適切な申請と活用が必要です。

生活保護受給者は車を所有できない

生活保護受給者は、基本的に車は所有できません。
ここでは生活保護と車の所有に関する基本情報について解説します。

生活保護決定後は車を売却しなければならない

生活保護を受給していると、基本的に車を所有できません。
また、生活保護の受給が決定すると既に保有している車も売却する必要があります。
これは、生活保護受給者が経済的に自立しやすくなるようにという考えに基づいているからです。
車の売却により得られる資金は受給者の生活費に当てた方が良いとされています。

他人名義の車も運転不可

受給者は、他人名義の車も使えません。
これは、万が一の事故が発生した際に適切な賠償を行えない可能性を防ぐためです。
レンタカーやカーシェアの利用も制限されています。
これにより、生活保護受給者が不意の経済的負担に直面するリスクを最小限に抑えることが可能です。

隠れて車を所有すると受給停止のリスクがある

生活保護を受けている状態で、隠れて車を所有していると受給停止のリスクを伴います。
生活状況が常に監視されているわけではないため、一部の受給者は申告せずに車を保有することが可能だと考えがちです。
しかし、このような行為は不正受給にあたり、法的な問題を引き起こす可能性が高いです。

通常、ケースワーカーによる家庭訪問などを通じて、隠れた所有が発覚します。
不正が発覚した場合、受給停止や返還要求、さらには法的な罰則を受けることもあります。受給中は車を所有してはいけません。

受給者が車を所有できないわけ

なぜ生活保護の受給者は、車を所有できないのでしょうか。
ここでは、車を所有できない4つの理由を解説します。

車を所有していると資産とみなされるため

生活保護を受ける際、所有している資産は売却しなければならないというのが一般的な原則です。
車は日常使用のための物品ではなく、価値を持つ資産と見なされます。
生活保護の条件としては、処分可能な財産がないことが求められます。
したがって、車を維持するための資金がある場合は、生活費に充てるべきとされ車を所有できません。

受給している生活保護費をローンの返済などに使えないため

生活保護費は原則ローンの返済などに使えないため、車を所有できません。
生活保護費は、受給者の最低限の生活を支えるために提供されるお金です。
生活保護制度は、最低限の生活を営むために不足する金額を補填するものであり、車の維持やローン返済に充てることは目的から逸脱しています。
また、車のローンを完済していてもその車は資産として判断されるため、生活保護を受給するためには売却する必要があります。

維持費がかかるため

生活保護制度には、住宅扶助や医療扶助、介護扶助などを含む8種類の扶助があります。
しかし、車の維持に関連する扶助は含まれていません。
これは、基本として車を保有しないことが想定されているためです。
その結果、ガソリン代やメンテナンス費用は、生活扶助から賄わなければならなくなります。

しかし、生活扶助は基本的な生活費用に限られており、車の維持費を使うことは生活保護の目的に反すると考えられています。

事故を起こした際の賠償ができないため

生活保護を受けている間に車の所有ができない大きな理由として、賠償能力がない点が挙げられます。
車を運転する際、事故のリスクを完全に回避することは不可能です。
生活保護受給者が事故を引き起こした場合、多額の賠償金を支払うことが非常に困難になります。
さらに、任意保険に加入するための費用があれば、その分生活費が減るため車を保有することは現実的ではないでしょう。

生活保護を受給中でも車に乗れる4つのケース

生活保護を受けると車の運転は認められません。
しかし、例外もあります。
ここでは、受給していても車に乗れる以下の4つのケースを紹介します。

  • ・通勤や通院時
    ・子供の送り迎え
    ・事業を行う
    ・生活保護の受給期間が短いとき

それぞれ詳しく解説します。

通勤や通院時

地方部などで車がなければ通勤や通学が困難な場合や、健康上の理由で車の利用が不可欠な場合、利用が認められる可能性があります。
しかし、受給者の状況や目的に応じて利用できる基準が異なり、厳しい条件が設けられているのも事実です。
生活保護問題対策全国会議の公式サイトによれば、「社会的に車を保有することが必要」と認められれば、要件を緩和することができるとされています。
実際に車を利用するためには、ケースワーカーへの相談と車の維持費を補助してくれる親族の存在、親族による送迎の可否も重要な判断基準となるでしょう。

子供の送り迎え

生活保護を受給していても子供の保育園への送迎が車以外では困難な場合や、不可能な場合に特例で認められます。
特に、公共交通機関の利用が難しい地域に住んでいる場合や、公共交通機関でアクセスするのが現実的でない場合に適用可能です。

一部では公共交通機関を利用して通える施設への転入所を検討すべきという意見もあります。
しかし近年では、転入所が難しく適当でないと福祉事務所が判断した場合には、所有が認められる例も増えています。

事業を行う

生活保護受給者が個人事業主である場合、事業活動において車が不可欠な場合に限り、車の所有が許可されることがあります。
たとえば、商品の運搬やサービス提供に車が必要な事業を営んでいる場合、経済的自立につながると判断されれば、認められる場合が多いです。
実際のケースとして清掃業を営む生活保護受給者が、当初は車の利用が認められなかったが顧客の減少を受けて車が事業運営に不可欠であると判断され、利用が許可される事例がありました。

生活保護の受給期間が短いとき

生活保護の受給期間が短い時は、受給者受給でも車に乗ることができます。
生活保護の目的は、将来的な自立を支援することも含まれます。
そのため、就労の見込みがあり、6ヶ月以内に生活保護から抜け出せる場合に、車の所有が許可されることがあります。

しかし、資産価値が高い高級車の所有は一般的に認められません。
実用性を重視し、必要最小限の車を選ぶことが大切です。

生活保護受給中の適切な車選び

生活保護を受給している際、車の所有が許可される例外的な状況では、軽自動車やコンパクトカーが望ましい選択です。
これらの車種は、燃費の良さ、維持費の低さ、そして手頃な価格により、経済的負担を最小限に抑えることができます。
また、軽自動車やコンパクトカーは日常の移動に十分な機能を備えており、必要な時にのみ使用するという生活保護の条件にも合致します。
ただし、具体的な車種選びは福祉事務所のガイドラインに従い、必要な目的に限定して利用することが重要です。

生活保護受給時の車の所有についての相談先

生活保護を受給している間に車の所有を検討している場合は、最初のステップとして近くの自治体に相談するのが良いでしょう。
自治体や福祉事務所では、各種相談や支援をしています。また、民間の支援団体でもさまざまな援助が利用できます。
厚生労働省の公式サイトでは、住まいの地域の相談先や詳しい情報が記載されているため、一度確認してみましょう。
車の所有に関する判断は、自治体や福祉事務所によって異なるため、相談する際は以下のポイントを明確にしておくと良いです。

  • ・住んでいる地域での公共交通機関の利用できるかどうか
    ・日常の通勤、通学、通院の必要性
    ・就労可能となる時期の目処
    ・所有可能な車の資産価値について
    ・自身に障害があるかどうか

また、万が一車の所有が認められなかった場合に備え、代替のライフプランも考えておくことも大切です。

生活保護受給期間に車を利用する際の注意点

先程は、受給者でも車に乗れるケースを紹介しましたが、誰でも乗ることができるという訳ではありません。
受給中に車を利用する際には、以下の4つの点に注意が必要です。

  • ・申請した目的以外の利用不可
    ・所有できる車種が限られている
    ・維持費が必要
    ・親族の理解が必要になる

それぞれ詳しく解説します。

申請した目的以外に利用不可

生活保護受給中の車の利用は、申請した目的以外できません。
仮に車の使用が認められていても、それ以外の目的で使用することは認められません。
たとえば、買い物やレジャーでの利用は規定違反です。

不適切な使用が発覚した際には福祉事務所からの指導が入り、使用許可の取り消しや生活保護の停止という厳しい処置が下されることがあります。
したがって、許可された利用目的を厳守することが生活保護を受給している間の車の利用において非常に重要です。

親族の理解が必要になる

生活保護を受給している際の車の所有には、親族の理解と協力が重要です。
経済状況に制約がある中での車の所有は、万が一の賠償責任や車体の故障時に状況を複雑にする可能性があります。
車の所有が認められると補償費用は経費として計上可能ですが、これは対人・対物の範囲に限定され、車体の故障などには適用されません。

そのため、故障時の費用は親族に立て替えてもらう必要が生じることがあります。
車の所有を検討する際は、あらかじめ親族の理解と協力を得ておくことが重要です。

所有できる車種が限られている

生活保護を受給している間に所有できる車の車種は制限が設けられています。
主に排気量が2,000cc以下の車種かつ、車の処分価値が低い車種に限定されています。
さらに、その車が公共交通機関を利用するよりも経済的であることが条件です。
これらの基準により、所有できる車種はかなり限られているため、選択する際には注意が必要になります。

また、車種の選択は排気量や処分価値のみならず、受給者の具体的な状況や事情に基づいて総合的に判断される場合が多いです。
排気量が低く処分価値が低い車種であっても、所有が許されるとは限らない点にも注意しましょう。

維持費が必要

生活保護費は、受給者の最低限の生活を支えるために提供されています。
つまり、車の購入や維持費に使うことは認められていません。
したがって、車の使用が許可された場合でも購入費や、維持費は受給者が用意する必要があります。
維持費用にはガソリン代、保険料、車検費用などが含まれます。生活保護受給中の車の所有には、これらの費用が支払えるような経済的な計画が重要です。

まとめ

今回は、生活保護受給者が直面する車の所有に関する基本情報と注意すべき点について解説しました。
生活保護受給中の車の所有は、原則として認められていないものの、特定の条件下では例外的に認められれば利用可能です。
しかし、車の所有が許可された場合でも、車の資産価値が低いことや車種が限られていること、明確な利用目的が必要であることなど、一定の条件が設けられています。これらの条件はケースワーカーや福祉事務所の判断に基づくため、車の所有を検討している場合は、事前に相談することが重要です。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.生活保護受給中に乗れるおすすめの車種は?

生活保護受給者におすすめの車種は、一般的に経済的で実用的なものです。排気量が2,000cc以下で、処分価値が低く、燃費が良く、維持費が比較的安い車種が適しています。具体的な車種としては、以下のコンパクトカーや軽自動車が挙げられます。

・ダイハツ ミライース
・トヨタ ピクシスエポック
・スズキ アルト
・マツダ キャロル
・ホンダ ライフ

ただし、車種の選定は個々の状況やニーズによって異なるため、ケースワーカーとの相談が必要です。

Q2.生活保護受給者でもレンタカーやカーリース、カーシェアは利用できるの?

生活保護受給者がレンタカーやカーリース、カーシェアを利用することは、原則として許可されていません。生活保護の受給者は賠償能力が限られていると判断されるため、これらのサービスの利用は適していないとされます。免許証が有効であっても、万が一の事故が発生した場合、その責任や賠償を自身で担う能力がないことがほとんどです。特に、事故が起きた場合に親族に賠償責任を負わせることになれば、周囲の人にも迷惑をかけます。どうしてもレンタカーやカーリース、カーシェアの利用が必要な場合は、その都度ケースワーカーや担当の福祉事務所に相談してみましょう。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。
中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す