CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

中古車の買取価格が高騰しているって本当?買取価格の高い車の特徴を解説します!

  • 2023年3月22日

中古車買取 高騰

あなたが車をなるべく高く売りたいと思っているなら、現在は高く売りやすい絶好のチャンスとなります。
なぜなら、中古車価格が値上がりしているためです。
中古車を購入するなら不適な時期ですが、売却には適しています。
原因は、半導体不足やロシア産原油の供給不足など様さまざまです。
この記事では、2023年時点で買取価格の高い車と中古車市場の現状を合わせて紹介します。
あなたが所有している車が中古車市場でどのような価値があるのか、確認してみましょう。

中古車の価格が高騰している理由とは?

中古車の価格は、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)が基準を定めています。

一方で、中古車の価格に最も影響を与えているのは需要と供給のバランスです。
中古車買取業者が需要と供給を踏まえて中古車の価格を付けた結果、中古車価格の相場が決まります。
2023年時点で中古車の価格が過去最高水準にまで高騰しているのは、需要と供給のバランスが需要に傾いているためです。
ここでは、より詳しく中古車の価格が高騰している理由を解説します。

◯円安

円安とは、他の通貨の価値と比較して日本円の価値が下がっている状態です。
高額な車ほど割安感が感じられるため、円安では海外に国産の高性能モデルが流出しやすい状態となります。
実際に2015年頃の1ドル120円台となった時、スカイラインGT-Rをはじめとする高性能モデルが海外に大量流出しました。
近年の中古車市場では業者が円安での海外需要を見込んで、人気モデルの中古車を海外へ優先して出荷しています。

◯新型コロナウイルス

新型コロナウイルスは、2023年も人々の生活に影響を与え続けています。
新型コロナウイルスは、中古車市場にも、大きな影響を与えました。
新型コロナウイルスによる中古車市場への影響は、自動車製造工場の稼働停止と生活様式の変更によって好まれる車種が変わったこと、移動手段として求める方の増加の3つです。

コロナにより自動車製造工場の稼働が停止

コロナ禍で自動車製造工場の稼働が停止したため、新車の生産が追いついていません。
よって、新車の納期が大幅に遅れたり、車種によっては新車が購入できないために中古車の需要が高まっています。

アウトドアや娯楽の需要が高まった(高級な中古車購入へ踏み切る方が増えた)

近年はコロナ禍によって、アウトドアや娯楽として車の需要が高まっています。
ジムニーやランドクルーザーなどのクロスカントリー4WDは、長年アウトドアを愛する人々から人気を獲得しています。
趣味を追求するために中古車で購入に踏み切る方もいる一方で、将来的なリセールバリューを見込んで購入する方も多いです。

感染対策の移動手段として車の利用が増えた

新型コロナウイルス感染対策のために、人が密集する環境を避けることが推奨されています。
公共交通機関の利用に不安を感じた方々にとって、プライベート空間を維持できる車移動は魅力的です。
実際に、2020年以前のコロナ禍前と2020年以降2021年までのコロナ禍後を比較した場合、車移動している方が増加しています。
データから見る限り、感染対策のために車移動の需要が増加したことは事実といえるでしょう。

◯半導体不足

スマートフォンやパソコンといった電子機器以外にも、車にも半導体が使用されています。
よって、半導体が供給されなければ車の製造ができません。
半導体不足は、新車の納期遅延に繋がっています。
新車の納期が数か月先になるため、中古車の購入を検討する方が急増しました。
中古車の供給が追いついていないために、中古車価格が高騰しています。

◯車を手放す方が減り中古車市場の在庫不足につながった

コロナ禍で公共交通機関を利用するよりも、車を利用する方が増えました。
近年では、新車購入した際にも下取りの車を手放さない方が多いです。
下取り車の減少によって、中古車の在庫不足にも繋がっています。

◯原油価格の上昇

原油価格が上昇した場合、新車・中古車ともに値上がりします。
車のタイヤやエンジンオイル、バッテリーなども石油由来のパーツなためです。
原油価格と他の事情も相まって、中古車の相場が高騰しています。

原油価格の上昇により輸入車の値上がり

新車の輸入車は、2021年頃から値上がりしています。
例えば、フォルクスワーゲン ゴルフであれば予約を開始した2021年2月から2022年夏までに値上げを3回発表しました。
2022年に突入してからは、フォルクスワーゲン以外にも多くの輸入車メーカーで値上げを行っています。

◯ロシアのウクライナ侵攻による部品供給の遅れ

ロシアへの経済制裁として、自動車部品や金属の輸入が停まっています。
日本がロシアから輸入していたのは、エンジン部品やパラジウム、レアメタルなどです。
部品が不足しているため、新車の生産減少に繋がっています。

車の価格が高騰することによる影響とは?

近年は、新車・中古車ともに車の価格が高騰しています。
実際にどのような影響があるのでしょうか?
ここからは、車の価格が高騰することによる影響を詳しく紹介します。

◯新車の納期遅延

納期遅延の原因は、新型コロナウイルスによる自動車製造工場の停止や半導体不足などさまざまです。
新車の納期が通常1〜3ヵ月に対して、5〜6ヵ月まで遅延しています。
車が欲しい方のなかには、車検切れや転勤といった急を要する事情で新車の納期が待てない方も多いです。
よって、納期未定の車よりも納車がはやい中古車を選びやすいです。

◯車離れの危機

現代は、新車に魅力を感じない方が増加しています。
近年発表された新車は耐久性や安全性能といった心地良さを追求してますが、外観のデザインに大きな変化がないためです。

さらに、近年は新車・中古車ともに大幅な価格の高騰が発生しています。
自身が所有している車に特に不満を感じていない方であれば、乗り換えを検討せずに10万km以上乗り続ける方も珍しくありません。
所有している車の寿命を感じたとしても、本当に生活の都合で車が必要な環境でなければ車から離れる方も多くなります。

中古車の高騰はいつまで続く?

新型コロナウイルスによる経済への影響は、当初と比べると小さくなりつつあります。

しかし、半導体や部品の不足、中古車の在庫不足などはすぐに改善される事情ではありません。
イレギュラーな混乱が収束するまでは、中古車の在庫不足や新車の納期遅れは続く見込みです。
中古車の高騰は、すぐには収束しないと予想しておくのが良いでしょう。

中古車の買取価格が高い車の特徴

中古車価格が高騰しているのが全体の傾向ですが、特に買取価格が高い車には特徴があります。
所有している車の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみましょう。

◯新車の納期が長い・新規受注できない車

新車の納期が長い車種は、すぐに入手したい方からの需要が高いです。
納期遅延の他にも、新規受注を受け付けていない車種も当てはまります。
具体的な車種は、カローラクロスハイブリッドです。

カローラクロスハイブリッドは、中古車相場が400万円に近い価格で取引されています。
ここまで高額な原因は、新規受注を受け付けていないことです。
国内外でも人気の高いランドクルーザー300は新車が4年を超える納車待ちとなっています。
ランドクルーザー300の中古車相場は新車価格の2倍以上となり、話題になりました。

◯高年式、低走行

もともと新車の購入を検討していた方が中古車を選ぶ場合、高年式・低走行の車が選ばれやすいです。
そのため、高年式・低走行の人気車種であれば買取価格が必然的に高くなります。
走行距離が1万km未満であり、内外装に傷みが感じられない状態が目安です。
人気車種については、アルファードやハリアーといったミニバンやSUVに注目が集まっています。

◯限定販売車・プレミア車

限定販売車やプレミア車は、車種のファン以外にも投資を目的に購入する方が多いために需要が高まります。
希少な車種であれば、高年式・低走行の車でなくても買取価格が高くなりやすいです。

中古車の買取価格が高い車は?【普通車】

ここからは、具体的に中古車の買取価格が高い普通車を紹介します。

◯トヨタ ハリアー

ハリアーは、大型クロスオーバーSUVとして絶大な人気を誇ります。
1997年の誕生から2003年・2013年・2020年とモデルチェンジしており、現行のハリアーは4代目です。
初代モデルから美しいフォルムの外観にこだわっており、ラグジュアリーな内装も人気の理由となっています。

現行ハリアーが最も人気が高く、現状では中古車価格と新車価格がそこまで変わりません。
ハリアーにはハイブリッドとガソリンモデルがありますが、ガソリンモデルのほうがやや人気が高いです。
2020年式ガソリンモデルの中古市場の相場は260万円〜440万円となっています。

◯ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルは、2021年にフルモデルチェンジしました。
現在流通しているのは、ヴェゼルの2代目モデルです。
2代目モデルは、発売前から注目を集めていました。
発表から僅か1ヵ月で、月間販売目標台数の6倍の新規受注を集めています。

特にヴェゼルの最上級グレードである「PLaY」の人気が高いです。
半導体不足の影響で2021年10月から、新規受注を停止しています。
中古車市場での相場は、PLaYのみ450万円前後です。
新車価格は329万円~であるため、中古車価格が新車価格を上回っています。

◯日産 スカイライン

スカイラインは1969年に発売されて以来、国産スポーツカーの代表格として愛され続けてきました。
現行モデルは、13代目です。
2014年にフルモデルチェンジを果たし、2019年にマイナーチェンジしています。

スカイラインのなかでも、1972年に発売されたGT-R仕様の4代目モデル(通称ケンメリ)が非常に人気です。
4代目モデルの中古車相場は、業者の取引で3,000万円~4,000万円となっています。
故障して不動車でも、400万円以上の高値がつくほどです。
希少性と人気の高さが、スカイライン4代目モデルの価格が高騰している理由となっています。

中古車の買取価格が高い車は?【軽自動車】

続いては、中古車の買取価格が高い軽自動車を紹介します。

◯スズキ ジムニー

ジムニーは、1970年に誕生した軽自動車における本格クロスカントリーモデルの代表格です。
走破性能とデザイン性の高さで、長年高い人気を獲得しています。
現行モデルは2018年に登場しましたが、2023年時点でも1年から1年半ほどの納車待ちが発生しています。

また、納期長期化でもとから高かった中古車価格がさらに高騰しました。
現行モデルの中古車相場は、新車価格よりも高騰しています。

ジムニーの最上級グレードであるXCの新車価格は187万円~ですが、中古車相場は170万円〜370万円です。
エントリーグレードのXGだと新車価格158万円で、中古車買取相場は160万円〜270万円となっています。

◯ホンダ N-BOX

N-BOXは、トールワゴン型の軽自動車です。
軽自動車でありながらも広い室内空間を実現できるため、複数名での移動やたくさん荷物を積む時にも不自由しません。
現行モデルは、2017年にフルモデルチェンジを果たしています。

また、2023年秋にフルモデルチェンジが行われる予定です。
実用性の高さから、中古車市場ではコンディションの良いN-BOXが求められています。

中古車相場は、60万円〜140万円台です。
フルモデルチェンジ後は買取価格が急落しやすいため、なるべく高く手放したい場合にはフルモデルチェンジ前に売却を検討しましょう。

◯スズキ ハスラー

ハスラーは「遊べる軽自動車」をコンセプトとして、2014年に誕生した軽ワゴンとSUVが合体した軽乗用車です。
キャッチーで親しみやすい外観と日常生活での利用しやすさに配慮された仕様で、幅広い層から人気を獲得しています。
一般社団法人全国軽自動車協会による2021年度軽乗用車における新車販売ランキングでハスラーは、6位という好成績を収めました。

現行モデルは2代目であり、2019年にフルモデルチェンジが行われました。
フルモデルチェンジ後は旧モデルの中古車価格が急落する傾向ですが、ハスラーは旧型の価格がそこまで下がっていないことが特徴です。

現行モデルの中古車相場は96万円〜240万円ですが、旧型モデルは26万円〜228万円となっています。
コンディションが良ければ、旧型モデルのハスラーも高く買い取ってもらえる傾向です。

まとめ

この記事では、買取価格の高い車と中古車市場の背景を紹介しました。
中古車価格の高騰は、今後もしばらくは続く見込みです。
なるべく高く車を売却したい方は、機会を逃さないように気をつけましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.中古車がなるべく高く売れる時期ってあるの?

1月から3月、または7月から9月が売り時です。
買取業者には在庫を確保したい時期にあたるため、好条件で売却しやすい時期となります。
車買取でおすすめの時期についてはこちら

Q2.中古車相場が高い=買取相場も高いで間違いない?

間違いありません。
買取業者は在庫不足を防ぐために、買取を強化しています。

この記事の監修者

ナカハラ

資  格:普通自動車第一種運転免許、普通自動二輪免許
専門分野:車・バイク分野、金融分野、美容分野、BtoB分野など
概  要:家族が毎日自動車の運転をすることから、安全や節約といった面で安心できるカーライフのご提案を多く行う。
自動車メディアや金融メディアなど、数多くのメディアで記事執筆・監修を行っている。

人気車種の買取相場

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す