CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

中古車の査定アプリはおすすめ?車を一番高く売る方法とは!

  • 2023年12月28日

中古車を査定してもらうのに、個人情報を登録してしまい、「営業の電話がひっきりなしにかかってきた!」という話を多く聞きます。
もっと手軽に自分の車の価値を知りたいと思われる方は多いはずです。
この記事では、手軽に自分で中古車を査定できるアプリと、車を高く売却する方法について解説します。

中古車査定アプリとは

中古車査定アプリとは、自分で手軽に車の査定ができるアプリのことです。
中古車査定アプリのメリットとしては、中古車査定アプリは、個人情報の入力をしないで、査定できます。
中古車の査定と言えば、おおよそのケースで求められることが、個人情報の開示です。
個人情報を開示してしまうと、査定後に営業の電話がかかってくることが予想され、その電話の対応が面倒なために、車の査定そのものを諦めてしまう方もいることでしょう。
世間的には、「車を査定してもらう=必ず車を売らなければならない」という認識が植え付けられているのではないでしょうか。
そこで、個人情報の開示がなく、手軽に自分の車の「今の価値」を知りたい、という方が使いたいと思う「中古車査定アプリ」についてご紹介していきます。

中古車査定アプリのメリット・デメリット

中古車査定アプリは、車の車種、年式、走行距離、オプション装備など入力すれば、査定額が表示される便利なアプリです。
アプリの利用は基本無料で、ダウンロードさえすれば、いつでもどこでも車の査定ができるというメリットがあります。
一方、デメリットもあり、車を見ずに査定を行なうため、「詳細な査定は受けられない」という点です。
ここでは、中古車査定アプリのメリット・デメリットを、それぞれ解説します。

車査定アプリのメリット

車査定アプリのメリットの一つが、個人情報を入力しないで査定が受けられることです。
個人情報を入力しないで済むため、査定後に営業の電話がかかってきません。
さらに、いつでもどこでも査定でき、すぐに買取相場が把握できるのもメリットです。
自分の車のみではなく、家族や友達の車も査定できます。
車の車種や年式などのデータを入力するだけで、手軽に車の「今の価値」を知ることが可能です。

車査定アプリのデメリット

車査定アプリのデメリットは、車を見ずに査定を行なうため、詳細な査定が受けられないことです。
車の車種や年式、オプション装備だけの情報では、車の外装や内装の不具合は把握できず、車の劣化状態をつかめません。
さらに、査定を出すために重要な、車のメンテナンスや点検の頻度も確認できず、非常に大まかな査定評価をするしかないでしょう。
詳細の査定を望む場合には、車査定アプリは向いていないと言えます。

中古車査定アプリ3選

自分の車の買取相場がすぐに把握できる、便利な中古車査定アプリですが、2023年12月現在では、どのアプリもサービス終了となりました。
現在ではWEBサイトへ移行される、もしくは査定だけのサービスにとどまらず、高い査定額で売却を可能にするサービスへ移行されています。
ここで紹介するのは、以前手軽に査定ができたアプリと、より高い査定額を引き出したい方向けのWEBサービスです。

DMM AUTO(現在サービスは終了)

DMM.comが2018年にリリースした車査定アプリは、わずか3分で査定完了するのがセールスポイントでした。
使い方は、写真を3枚撮影し、簡単な質問に答えると、評価額を表示します。
査定額の表示後、そのまま売却手続きを始められ、アプリ内だけで完結できる特徴が
ありました。
現在サービスは終了しています。

カチミル(サービス終了)

カチミルは、「ノールック査定・買取」がセールスポイントのアプリです。
車検証のQRコードと、いくつかの質問を入力すれば、査定額が確認できます。
カチミルのメリットは、入力項目が少なく、手軽に査定額を把握できることです。
さらに、査定額を上積みしたいなら、一括査定サービスへ申込みが可能で、最大10社に一括査定を依頼できます。
デメリットは、入力項目が少ないため、車の情報量が少ないと査定できず、査定額が「0円」となってしまうことです。
現在はサービス終了になりました。

中古車買取大百科(サービス終了)

中古車買取大百科は、中古車買取マニュアルなどが充実したアプリです。
特徴的なのが、以下の3つの機能で、これらに加え、一括査定の依頼もできます。

・中古車買取マニュアル(車の処分方法、高く売るポイント解説)
・中古車買取FAQ(よくある質問Q&A)
・はじめての中古車買取(はじめて車を売る方向け)

充実したコンテンツを備えた中古車買取大百科ですが、すでにサービスは終了しました。
上記で紹介したように、手軽に査定できる中古車査定アプリは、サービスは終了しており、また「MOTA」や「楽天Car車買取」では、詳細に車の情報と”個人情報”を入力するのが不可欠となっています。

フリマアプリでの車売買について

車を売るとき、業者を介さず車を個人で売買したほうが、手数料など取られないため、より高く売れると想像する方は多いのではないでしょうか。
個人で売買するにも、準備しなければならない書類に変わりはなく、名義変更も自分で行わなければなりません。
個人売買のリスクは、トラブル発生時の対応が、生活に大きな負担となることです。
特に、お金の支払いにまつわるトラブルは、膨大な時間と手間を取られてしまうでしょう。
ここでは、ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで車を売買するリスクについて解説します。
また、近年で注目されているのが、車売買に特化したアプリです。
こちらについても解説します。

ヤフオクやメルカリでの車売買

ヤフオクやメルカリと言えば、フリマアプリとして日常で触れる機会が多いと思います。
自分にとって不要になった所有物が、価値を持って他の方の手に渡り、売った側も買った側も得した気分になれるのがフリマアプリの価値と言えるでしょう。
フリマアプリでよく扱われているのは、家電や古着、古本ですが、同じ感覚で車を売買するのは危険です。
家電や古本で欠陥が見つかったとしても、金額的にも諦めがつく程度でしょう。
しかし、車に欠陥が認められた場合には、人命にも影響を及ぼす重大な事故にも繋がりかねません。
車の欠陥以外で心配なのは、お金にまつわるトラブルです。
以下に、お金のトラブルの例を挙げます。
・車を引き渡したが、支払われない
・頭金は振り込まれたが、残りの金額が支払われない
・引き渡し後に故障し、修理代を請求される
・名義変更が行われず、税金の請求が来てしまう
買い主とトラブルになると、膨大な時間と手間の他に、弁護士費用などが発生する可能性もあります。
さらに求められるのは、売り手も買い手も、車の状態についての良し悪しの見当がつけられる知識を持つことです。
実車を見ないで取引することが大半のフリマアプリでは、写真を見るだけで車の状態を見分けなければならず、相当な経験や知識を身につけておかなければなりません。
フリマアプリでの車の個人売買は、メリットより、デメリットが上回ってしまう恐れもあるため、気軽に利用できるものではないと言えます。

車売買に特化したサービスアプリ/サイト

何でも扱うフリマアプリに対し、車の売買に特化したアプリを紹介します。
車売買に特化したアプリでは、車のプロによるサポートがあるのが特徴です。
2023年12月現在で、稼働しているアプリを4つ紹介します。
・コバフリ
・クリマ
・カババ
・Cartree

コバフリ

まずは、コバフリの紹介からです。

コバフリでは、「車検のコバック」で点検された車のみが出品されているのが特徴です。
すべての車がコバックの店舗で点検・査定されており、安心して乗れる車であると言えます。
出品には、コバックへ来店、車の点検ならびに、車が動いている状態を確認するためのスタッフを乗せた試乗を行い、スタッフが診断結果を報告してくれます。
出品後は、購入者のコバックへの入金が確認された時点で出品者に連絡され、その後、必要書類を揃え、コバックに車を引き渡せば完了です。
車の状態の確認と、お金のやり取りをコバックがサポートしてくれます。

クリマ

クリマは、成約手数料が安いのが特徴で、出品者と購入者双方で税込5500円です。
フリマアプリでの手数料は出品価格の10%であったり、他社の車専門フリマでは出品価格により変動したりします。
魅力的なのは、手数料だけではありません。
車の状態から適切な価格をクリマが調べてくれ、出品に必要なセールスポイントやアピールポイントの文章作成をフォロー、購入希望者への質問の応答、車の輸送の相談、必要書類の手配まで、車が売れるまでサポートしてくれます。
クリマには決済機能がついており、購入者からの入金をクリマで管理してくれるため、お金のトラブルは回避可能です。
オプションとして、点検整備、車の輸送サービス、名義変更サービス、購入者とのやり取りなど、細かいオプションが設定されています。
やってほしいことだけお願いできるのが特徴です。

ガババ

カババは、個人売買の心配事を、すべてプロに任せられることが特徴です。
出品作業は、カババが無料で代行、出品から成約後の対応まで、担当スタッフがサポートしてくれます。
トラブル防止を目的とした整備士点検サービス(有料)があり、取引成立時に自宅へ整備士が出向き、車を点検します。
点検を受けた車が納車後、トラブルが発生した場合には、カババが10万円まで費用負担するという保証付きです。
カババは主に購入者からの手数料でまかなうビジネスとして明言しており、出品者が出品手数料などを支払うことはありません。

Cartree

Cartreeの特徴は、完全無料で個人の中古車の掲載ができることです。
車を売却する際の必要書類である、委任状、譲渡証明書がCartreeのサイト内からダウンロードでき、準備するべき書類についても案内があります。
自分で準備するため、売却まで無料でシステムを利用可能です。
面倒な手続きの代行を依頼でき、わからないことはチャットで問い合わせできるなど、車の売買に関するサポートが充実しています。
基本的に、すべての手続きを自分で行うことで、出品料やサービス利用料を、無料で利用できるのがCartreeです。

車を高く売るには中古車一括査定がおすすめ

和歌山で車を高く売却する方法は、中古車一括査定を利用することです。
CTN一括査定では利用者の登録情報をもとに1000店舗から3社を厳選してご連絡しますので、電話ラッシュで時間や手間を取られることがありません。
またCTN一括査定の大きなポイントは、軽自動車やSUV、輸入車などの専門買取業者などでも比較できることです。
そのうえ車販売店のみならず解体業者や貿易会社とも連携しているため、大掛かりな修理が必要な車などにも対応が可能です。
「きっと値がつかないだろう」と諦めている方もCTN一括査定なら、愛車にぴったりの買取業者を見つけられるかもしれません。
車を高く売りたいと思っている方は、CTN一括査定をぜひご利用ください。

まとめ

自分の車の今の価値を調べたいときは、中古車査定アプリを使うより、WEBで個人情報なしで、買取相場を調べるのが最も簡単です。
車の高く売る方法は、一括査定サービスや車売買に特化したものを使うと、より高く売れる可能性があり、手間やサービス内容を比較し、自分の望むサービスを提供してくれるものを選ぶと、満足が得られるでしょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q.1中古車査定アプリは便利?

いつでもどこでも査定ができる便利さが特徴ですが、機能が限定的だったり、基本的に査定額が低くでたり、詳細な査定が期待できません。

Q.2個人売買はハードル高い?

買い手にも売り手にも車の知識が必要で、車の価値を共有できないと納得できるやり取りが期待できません。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。
中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す