CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

ディーラーと車買取業者どちらがお得?交渉ポイントもご紹介!

  • 2023年5月8日

車 買取 ディーラー

初めて車を売却するとなると、下取りと買取の違いやディーラーと中古車店で売る違いについて、よくわかっていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、車の下取りと買取の違いについて、
ディーラー・買取店を利用するメリットとデメリットについて
などについてご紹介いたします。

上手にディーラーや買取業者を利用すれば、思っていたよりも高い値が付く可能性もあります。
車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ディーラーで買取をすることはできるの?

結論から申し上げると、ディーラーでは買取をしてもらえません。

なぜなら、ディーラーは車の販売を専門としており、中古車買取店のように車を売却して現金化をすることができないようになっているからです。
代わりに中古車をディーラーに引き取ってもらうことは、「下取り」と呼ばれています。

車の下取りと買取の違いについて

買取と下取りの違いは、以下の通りです。

  • ・下取りとは、新車購入を条件に車を引き取ってもらうこと
  • ・買取とは、買取業者で買い取ってもらうこと

下取りとは、ディーラーに新車購入を条件に引き取ってもらうこと

下取りとは、ディーラーから新しい車を購入することを条件に中古車を引き取ってもらうことです。
そのため、手元に中古車を売ったお金は入らず、そのまま新しい車を買うための資金に充てられます。
ディーラーに中古車を持ち込む場合、面倒な手続きを代わりに行ってくれたり、値がつかない中古車でも引き取ってもらえる可能性があります。
ただし、査定額は買取店よりも低かったりするなどのデメリットもあるので注意が必要です。

買取とは、買取業者に車を買取ってもらうこと

買取とは、文字通り買取業者に中古車を買い取ってもらうことです。
下取りと違い、売却した車のお金がそのまま手元に入ってきます。
下取りの場合、中古車を売ったお金は新しい車の購入にしか使用できませんが、買取ではその限りではありません。
また持ち込める車は車種、他社メーカーなどにこだわらないのもポイントです。
さらに、人気の車種などを持ち込んだ際は、下取りよりも高値がつきやすくなります。
しかし、買取業者を複数利用しないと見積もりが甘かったり、安く買い叩かれてしまう危険性もあるので、中古車業者の評判などは気にしておく必要があるでしょう。
また新しい車を購入する際は、さまざまな手続きを自分で行う必要があります。

下取りと買取については、別記事でも詳細がありますので、そちらもぜひご参考ください。
買取と下取りの違いについてはこちら
中古車の下取り査定についてはこちら

ディーラーを利用するメリットとデメリット

それでは、中古車をディーラーに売るメリットとデメリットにはどのようなものがあるか、詳しく解説致します。

ディーラーを利用するメリット3つ

ディーラーを利用するメリットは、大きく分けると以下の3つです。

  • ・新車購入までの面倒な手続きなどを一括で行ってくれる
  • ・新車の値引き交渉などを行いやすい
  • ・値段が付かない中古車でも引き取ってもらえる可能性がある

ディーラーを利用する大きなメリットの一つが、新車を購入する際に発生する面倒な手続きを代わりに行ってくれることです。
ローンを組んでいた車など、売却すると手続きが煩雑になってしまう手続きも代わりに行ってもらえます。
書類や手続きなど、自分で行うには慣れていないと時間もかかってしまいます。
ディーラーで車を売却した場合、これらをプロにお任せできるため時短にもなるうえに、、安心感もあります。
しかし、買取店に売ってしまった場合はこれらを自分で行わなければなりません。

次に、下取りした車の売却額を新車の購入に充てるのですが、その際にディーラーと新車の値段交渉がしやすくなります。
ディーラーは車の販売を主にしたいので、新車の購入額が高いときなどは下取り額を上げてくれる可能性があるのです。
また値段のつかなくなった中古車を引き取ってくれる可能性もあります。
ディーラーによっては下取り額の補填がついてくることもあるので、買取店で断られた際は一度ディーラーに持って行くのも良いでしょう。

ディーラーを利用するデメリット3つ

対して、ディーラーを利用するデメリットは以下の3つです。

  • ・査定額は買取店を下回ることがほとんど。
  • ・出張サービスはやっていないことが多い。
  • ・新車を購入しない場合は利用できない。

反対にディーラーを利用することで起こる一番のデメリットは、中古車の売却額が買取店を下回ることがほとんどということです。
特に他社メーカーのものは、下がる傾向にあります。
大きな理由としては、車種などの流行に左右されないこと、高額だったとしても他社のオプションでは値が付きにくい、などが挙げられます。
買取店ではプラスになる要素もディーラーではマイナスの要素になりかねないので、他社パーツなどを付けている場合は買取店のほうがディーラーに持ち込むよりも高値がつきやすいのです。

また基本的に店舗に出向かなければならず、出張査定などのサービスを行っているところは多くありません。
下取りの査定だけをしてほしい時でも、店舗に行かなければならないので多忙な人は少々難しいかもしれません。
なにより、ディーラーに中古車を持ち込むとそのまま新車を購入する流れになってしまいます。
ディーラーでの下取りは新車購入が前提となっており、新車を購入しないで車だけを引き取ってもらうことはできませんので、注意しましょう。

ディーラーへ車を売却した後の再販ルートとは?

ディーラーに持ち込んだ車は、一般的に中古車市場のオークションにかけられます。
オークションに参加しているのは、中古車業者です。

中古車業者に落札された車は、在庫に補充されたり、海外へ輸出されるほか、パーツとして販売されたりもします。
先進国では、ハイブランドの車が、後進国ではバンなどが人気で、販路に事欠きません。

この他には走行距離が長い、年式が古くて下取りとしても値がつかなかった車などは、廃車工場へと送られます。

ディーラーと買取店、どちらを選べばいい?

結論から申し上げるなら、「車を売る人の状況によって、どちらを選んだら良いかが変わる」とのことです。
詳しく解説いたします。

ケースによっておすすめの売却先は異なる

ディーラーと買取店も、それぞれ一長一短があります。
一番大事なのは、車を売る人がどのような状況であるかです。

下取りの方がおすすめなケース

下取りの方がおすすめなケースは、以下のような方々です。

  • ・購入したい車が決まっている
  • ・新車への乗り換えをスムーズにしたい
  • ・複数の買取業者をはしごできない

ディーラーにお任せすると、手続きに時間を取られることがありません。
また複数の買取業者で査定額を出す時間が取れない多忙な方も、ディーラーに持ち込むのが良いでしょう。

買取の方がおすすめなケース<//h3>

買取の方がおすすめなケースは、以下のような方々です。

  • ・車を高値で売りたい
  • ・売却したお金を車以外に使用したい
  • ・他社のオプションパーツがついている

買取業者を上手に利用するためには、複数の業者に査定を申し込むことがポイントです。
当然、ディーラーに持ち込むよりも手間も時間もかかります。
しかし車を売ったお金が手元にほしい、自由に使いたいという方には、下取りではなく買取の方がおすすめです。
他社のオプションパーツを複数つけている場合も、ディーラーでは査定額に響いてしまいますが、買取では、オプションパーツをプラスにとらえることが多いのも嬉しいところです。

少しでも高く売りたい!交渉ポイントは

下取りにしろ、買取にしろ、大事な愛車を売るのだから少しでも高く売りたいものです。
そこで、値段交渉をする際に押さえておきたいポイントについて解説いたします。

下取りでの交渉のポイントは

下取りで値段交渉を行う際、押さえておくべきポイントは以下の4つです。

  • ・売却する車の市場価値を出しておく
  • ・取り付けられる純正パーツは付けておく
  • ・新車購入の意欲を伝える
  • ・3月の決算期に車を下取りする

まず、売却する車の市場価値を知っておきましょう。
車にも流行や人気があるので、自分の車と同じ車種が現在どのくらいの値段で売られているか把握しておけば、交渉の際に安く買い取られる可能性をグッと下げることができます。

また純正パーツがある場合は取り付けておき、他社パーツは外しておきましょう。
先にも述べたように、ディーラーは基本的に他社パーツが付けられていることを好みません。
転売しにくい車と評価されてしまうので、査定額が下がる可能性があります。
外せないもの以外は、純正パーツに取り替えておきましょう。

新車購入の意欲を積極的にディーラーに伝えておくと、顧客を逃したくないディーラーは査定額をアップしてくれる可能性があります。
「子供が大きくなってきたから、乗り換えたい。」
「住宅街に引っ越したので、もう少し小回りの効く車がほしい。」
このように、新車が欲しいというアプローチをディーラーにしておくと良いでしょう。

そして、下取りに出す一番おすすめな時期は、3月の決算期です。
3月は、どこのディーラーも少しでも販売実績を伸ばしたいので交渉がしやすい時期となっています。
次に交渉がしやすい時期は、9月の中間決算期です。
時期を見極めつつ、確実な査定額アップを目指しましょう。

買取店での交渉のポイントは

買取店で交渉を行う上で、押させておきたいポイントは以下の4つです。

  • ・複数の業者に見積もりをしてもらう
  • ・車のアピールポイントを説明できるようにしておく
  • ・修復・事故歴などは正直に話す
  • ・他店での査定買取価格を持ち出す

買取でも下取りと同じように、自分の車の市場価格を知っておきましょう。
ネットの車買取情報やオークションなどである程度の相場をあらかじめ知ることができます。
そのうえで、複数の業者に査定をお願いするようにしましょう。
買い叩きや妥協点を見つけ、査定額アップのための交渉材料にできるからです。

流行の車種であるなど、自分の車の良いところを買取業者にアピールし、買取業者にとってのメリットを話すことも重要です。
もし事故や修復歴があるなら、そちらを先に正直に話してから、デメリットを上回るメリットを話しておくと、買取業者から好印象を得られやすくなっています。

別の買取業者に査定してもらっていれば、その査定額を提示して交渉するのも一つの手です。
実際にこの価格で買い取ると言ってくれている業者がいるということを押し出せば、より具体的な金額交渉に持ち込みやすくなるでしょう。

高く買い取ってもらうためにしておくべきこと

車を高く買い取ってもらうためにしておくべきことは、車を綺麗な状態にしておくことです。
下取りでも買取でも、汚い車は査定額に響く可能性があります。

外のボディはもちろん、社内のシートなどもできる限り清掃しておきましょう。
掃除するべき箇所としては、食べカスなどが落ちた隙間やマット、タイヤ・ホイール周辺の足回りなどがポイントです。
業者に「大事に乗ってきた。」「手入れが行き届いている。」との印象を持たれると、値段アップのアピールポイントになります。

高く買い取ってもらうために避けておくべきこと

高く買い取ってもらうための交渉を行う上で、避けておくべきことは以下の4つです。

  • ・横柄な態度を取る
  • ・大掛かりな修復を行う
  • ・嘘の報告をする
  • ・即決してしまう

誰であれ、横柄で強引な態度をする人に良い印象は抱かないものです。
へりくだる必要もありませんが、上から目線で話しをすることは止めておいた方が無難です。
値段アップを引き出すために強硬な姿勢で粘るのも、業者にマイナスな印象を与えます。
車検や大掛かりな修復を行ったからと言って、必ずしも査定額が上がることはありません。
修復分の利益を得ることはほぼないので、自分でできない範囲の修復はしない方がおすすめです。
また事故歴や修復歴を偽って業者に報告すると、悪印象となって査定額に響きますので止めておきましょう。

営業トークに乗せられて、すぐに売却する判断をするのも危険です。
もし希望額が通ったとしても一度冷静になるために即決は避けておきましょう。
もしかしたら、さらに値段が上がる可能性もあります。

まとめ

今回は、「ディーラーと車買取業者どちらがお得か」について解説いたしましたが、いかがだったでしょうか。
この記事のポイントは、以下の4点でした。
・ディーラーで車を売却することは「下取り」と言う。
・下取りは査定額が買取より低いが、新車乗り換えなどの手続きがスムーズに行える。
・交渉のポイントを押さえて、なるべく値段交渉をする。
・目的によって、買取と下取りどちらが良いかは異なる。
愛車を高く売るためにも、ディーラーや買取店を上手に利用しましょう。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.結局どっちで売った方がお得になる?

売却する方の目的によって異なる。
買取と下取りは、売りたい人の状況や目的でどちらがお得になるかが変わります。
自分の身の回りやどうしたいかなどの目的をはっきり明確にしておきましょう。

Q2.絶対交渉しなきゃだめ?

なるべくした方が良い。
業者との値段交渉は、なるべく行いましょう。
なかには、相談をすることに苦手意識を持たれる方もいらっしゃるでしょうが、車は安い買い物ではありません。
上記の交渉のポイントを押さえつつ、できる限り業者と話し合ってみるのがおすすめです。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。
中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す