CTN車一括査定

CTN車一括査定では中古車・廃車 ・事故車を高価買取

1,000店舗以上から厳選

中古車を査定する時は無料でしてくれるの?査定する時のポイントも紹介

  • 2023年5月31日

車買取 査定費用
自分の車の価値を知りたいけど「査定費用はどのくらいかかるの?」と気になったことはありませんか?
今回は、「査定をする際に費用が発生するのか知りたい」「無料査定をする際の注意点を知りたい」といった方に向けて、以下の内容を紹介しています。
・査定費用
・査定依頼から売却までの流れ
・無料査定を受ける方法・ポイント
・有料査定が向いているケース
・査定額を高くするコツ
上記の内容を詳しく解説していくので参考にしてください。

中古車の査定は無料でしてくれるの?

自分の車の査定依頼をする際に費用がどのくらいかかるのか気になる方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、買取業者の多くの車査定は無料で行ってもらえるケースが多いです。
ただし、業者によっては有料査定の場所もあるため、必ず確認するようにしましょう。

個人情報の入力なしで無料査定できる方法と注意点

無料で査定をしてもらえるけど、「査定後にしつこく電話がかかってきてめんどくさい」と感じたことがあるかもしれません。

ここでは、個人情報の入力なしで査定を受ける方法と注意点について紹介します。
査定依頼後の電話を避けたいと思っている方は確認してください。

ネットの買取シミュレーション機能を利用する

個人情報を入力せずに車の査定をする際は、ネットの買取シミュレーション機能を利用することがおすすめです。
ネットの買取シミュレーションは「車種・年式・グレード・走行距離」の車両情報を入力することで大まかに車の査定金額がわかります。
個人情報の入力なしで簡単にできるため、査定後に電話がかかってくる心配はありません。気軽に行うことができるため、ぜひ行ってみてください。

査定額はあくまで目安

ネットの買取シミュレーションは簡単に行うことができますが注意点もあります。
それは、査定で記載された金額はあくまで目安であることです。
ネット上で車両情報のみを入力し査定となるため、実際にプロの査定士が所領状態を見て査定しているわけではありません。

そのため、外装・内装の細かい傷やメンテナンス状態など実際に見ないと正確な査定額が分からないケースもあります。
ネットの買取シミュレーションで高額査定がでたが、業者で査定依頼をしたら査定額が下がる場合もあるため注意しましょう。

無料査定となっていてもお金が発生する場合もある

「自分の車の価値を知りたい」と無料査定が可能と記載がある業者に依頼をした場合でも、費用が発生する場合があります。発生する費用としては以下の2つが考えられます。

  • ・出張費用・輸送費用
  • ・手続きにかかる費用

上記の2つの内容について解説していきます。

出張費用・輸送費用

費用が発生するケースとして出張費用・輸送費用が考えられます。
「査定無料」と記載がある場合でも、出張査定のみ「有料」と別に記載がある業者もあります。

また、出張査定が無料の場合でも車の車検切れやエンジンがかからない状態であれば、車の走行ができないため輸送が必要です。
そのため、輸送費が発生する可能性もあります。

査定依頼時にどのような場合に費用がかかるのか事前に確認することでトラブルを回避できます。

車の出張買取についてはこちら

手続きにかかる費用

出張費用・輸送費用以外にも、手続きをした際に費用が発生する場合もあります。
主な例としては名義変更の際の手続き費用です。
車を売却する際には、必ず所有者は名義変更を行う必要があります。
名義変更は買取業者が代行することが多く、代行して行うにあたり名義変更手続きの手数料が発生する可能性があります。
買取業者によっては無料で行ってくれる場合もあるため確認しておきましょう。

自分で名義変更をする際は、登録している住所を管轄する運輸支局か自動車検査登録事務所で行うことができ5000円ほどで行うことができます。

名義変更の手続き方法はこちら

中古車の無料査定を依頼して売却するまでの流れ

実際に中古車の無料査定を依頼して売却するまでの流れを解説していきます。
一般的な流れとしては以下のようになっています。

  • 1.中古車の査定を依頼する業者を決める
  • 2.実際に査定を受ける
  • 3.必要書類を準備する
  • 4.必要書類にサインする
  • 5.売却する
  • 6.入金されているか確認する

上記の流れをポイント付きで解説していきます。

中古車の査定を依頼する業者を決める

初めに、査定依頼をする業者を決めていきます。
査定依頼を行う業者は主に、車買取専門店と中古車販売店の2つです。
どの店舗にするか迷う方もいると思いますが、選ぶポイントは以下の2つです。
・ホームページ等の口コミを確認する
・JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)の適正買取店の認定がある
口コミを確認することで実際に業者を利用した方の生の意見を聞くことができるため、依頼する業者を決める目安になります。

また、「消費者が安心・安全に契約を行うことができる店舗」という証でもあるJPUCの認定がある業者を選ぶことが大切です。

上記の2つのポイントを意識して選ぶようにしましょう。

実際に査定を受ける

業者が決まれば実際に査定を受けていきます。査定時にチェックされる項目は主に以下の4つです。

  • ・外装・内装
  • ・エンジンルーム
  • ・グレード・走行距離
  • ・付属品

上記の項目が査定額に影響してきます。

中古車の査定基準についてはこちら

必要書類を準備する

査定が終了した後は価格の交渉を行っていきます。
価格に納得がいったら手続きに必要な書類を揃えていきます。
必要書類は、普通乗用車と軽自動車で少し違いがあるので不備がないように確認しましょう。
以下の表で、普通乗用車と軽自動車の必要書類をまとめています。

必要書類
普通乗用車 軽自動車
〈所有者が用意する書類〉
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証明書
・印鑑登録証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・振込口座情報
・実印
〈業者が用意する書類〉
・譲渡証明書
・委任状
〈所有者が用意する書類〉
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・振込口座情報
・印鑑(認印可)〈業者が用意する書類〉
・自動車検査証記入申請書
・委任状

書類が不足していると売却ができないため確認しておきましょう。

車の買取時に必要な書類についてはこちら

必要書類にサインする

書類を揃えたら、必要書類にサインをしていきます。
業者が準備した契約書類にサイン(著名・印鑑)をした時点で手続き完了です。
契約書類のサインについては担当者が対応してくれます。

売却する

契約書にサインをしたら、実際に車を売却します。
売却時、車内・トランク等に忘れ物がないかを確認してください。

※カーナビ・ドライブレコーダー等は個人情報が残っている場合があるため、削除しておくことが望ましいです。
必ずチェックしましょう。

入金されているか確認する

売却後は、必ず入金の確認を行ってください。
入金のタイミングについては業者によって違うため、事前に確認しておきましょう。
入金予定日を過ぎても入金の確認ができない場合は、必ず業者に連絡してください。

車を売却後入金されるまでの期間についてはこちら
車買取の流れや手順についてはこちら

中古車の無料査定を受ける際のポイント

中古車の無料査定を受ける際には、以下の5つのポイントを確認しておきましょう。

  • ・車に修復歴がある場合は必ず伝える
  • ・査定依頼をする前に相場を確認する
  • ・売る意思をハッキリ伝える
  • ・メンテナンスノートを用意する
  • ・スペアキーや取扱説明書などの準備をする

上記の5つのポイントを解説していきます。

車に修復歴がある場合は必ず伝える

車に修復歴がある場合は、査定を受ける際に必ず伝えなければいけません。
「修復歴を申告しない方が高額買取が期待できる」と意図的に伝えず、後から発覚した場合は契約不適合責任に問われます。
すると、売主に対して追加請求や損害賠償を行使できるためトラブルに繋がります。

修復歴は、必ず伝えるようにしましょう。
傷がある車の買取についてはこちら

査定依頼をする前に相場を確認する

中古車の査定依頼をする前に、自分の車の買取相場を確認しておくことがおすすめです。
なかには、査定額を買取相場よりも安く提示する買取業者もいるかもしれません。
事前に、車の買取り相場を知っておけば査定額が適切な価格なのかを判断することができます。

また、買取相場を確認しておけば値段交渉もしやすくなるので、納得する契約にするためにも買取相場を確認するようにしましょう。

売る意思をハッキリ伝える

中古車の査定を依頼する際は、売りたいという意思をハッキリ伝えることが大切です。
伝え方としては、「納得のいく査定価格であればすぐにでも売却したい」といった伝え方がベストです。
売りたいという意思がない方から依頼を受けても、業者は本気で査定をしてくれません。

注意点として、希望額を最初に伝える場合は買取相場より低く伝えないようにしてください。
希望額が買取相場より低いと買取業者は査定額を低く提示する場合が多いです。
最初に希望金額を伝えたことで値段交渉がしづらくなるため、希望金額を伝える時は買取相場を確認してからにしましょう。

車を高額査定してもらえる交渉術についてはこちら

メンテナンスノート(定期点検整備記録簿)を用意する

中古車の査定を依頼する際は、メンテナンスノートを用意することがポイントです。
日頃からのメンテナンスは査定額に大きく影響します。
メンテナンスノートを用意しておくことで、車のメンテナンス状況を正確に把握することができ、大切に乗っているという査定士への信頼にも繋がります。
査定額のアップも期待できるため必ず用意しましょう。

スペアキーや取扱説明書などの準備をする

中古車の査定を依頼する際は、スペアキーや取扱説明書といった付属品も必ず準備するようにしましょう。
付属品が揃っていないと査定の減点に繋がります。
日頃からきちんと保管しておくようにしましょう。

有料査定が向いているケースとは?

ここでは、有料査定を行っている買取業者と有料査定が向いているケースについて紹介します。

有料査定を行っている業者はどこ?

有料査定を行っている業者は以下の2つです。

  • ・ディーラー
  • ・日本自動車査定協会(JAAI)

上記2つについて紹介します。

ディーラー

多くの業者が査定をする際は無料で行ってくれますが、ディーラーで査定を行う際は、査定見積書に査定料と下取り費用の項目があるため、有料になる可能性があります。
正確に査定してくれるという面では安心感があります。

日本自動車査定協会(JAAI)

日本自動車査定協会は、中古車の取引や査定が安心して行うことができるように「査定制度」を運営している重要な組織です。
しっかりとした基準があるといった面でも、有料査定が依頼できます。

有料査定がおすすめの場合とは?

有料査定がおすすめの場合を紹介します。今回紹介する有料査定がおすすめな
個人間で車の売却を検討している場合
個人間で車の相客を検討している場合は有料査定がおすすめです。
個人間では、適切な査定基準が分からない場合がほとんどだと思います。
また、トラブルにもなりやすいため適切な基準の下で査定依頼をすることがおすすめです。そのため、日本自動車査定協会(JAAI)といった基準がきちんとある有料機関で査定依頼をしましょう。

ローン中の車の場合

ローンが残っている車の場合も有料査定がおすすめです。
理由としては、ローンが残っているからと査定額を安く提示する業者もあります。
基準がある有料査定を受けることで、適切な査定額を提示されやすくなります。

事故車の場合

事故車の査定依頼をする場合も有料査定がおすすめです。無料査定に依頼すると、事故車という理由だけで相場より安く査定額を提示されることは少なくありません。

有料査定に依頼することで、事故によってどれだけの価値が落ちたかを「事故減価額証明書」で証明でき、査定項目も細かく記載されます。
そのため、必要以上に安く買い取られることはありません。

車の価値を正確に知りたい場合

車の価値を正確に知りたい場合は有料査定に依頼しましょう。
日本自動車査定協会は、経済産業省と国土交通省の許可の元、中古車の価値を適切に判断する機関として運営されています。
信頼性も高く、適切な価値を知りたいといった方は有料査定がおすすめです。

中古車の査定額を高くするコツ

中古車を売却する際に、少しでも高く売りたいと思います。
ここでは、中古車の査定額を高くするコツを紹介します。
査定額を高くするコツは以下6つです。

  • ・査定する車を洗車しておく
  • ・高価買取りの時期を狙う
  • ・純正パーツにしておく
  • ・モデルチェンジする前に依頼する
  • ・車検が切れる前に依頼する
  • ・複数業者に依頼する

上記の内容を解説していきます。

査定する車を綺麗にしておく

査定額を高くするために、査定前に車を洗車しておくことが大切です。
外装を綺麗に見せることで、車への印象が高くなり査定額アップも期待できます。
持ち主への評価も上がるため、価格交渉もスムーズに行うことができる場合もあります。

また、外装だけでなく内装も綺麗にしておくことも大切です。
シートの汚れやタバコ・ペットの匂いなども査定額の原点になります。

日頃からのメンテナンスが査定額に大きく影響するため、綺麗に乗ることを意識しましょう。

買取価格がアップする車の掃除方法についてはこちら

高価買取りの時期を狙う

査定額をアップさせるために、高価買取りの時期を狙って売却することも大切です。
高価買取が狙える時期としては春や秋といった決算期です。
特に、春は新社会人になる方が車を必要とし、中古車需要が高まるため売却には最適な時期です。

また、業者によっては高価買取りキャンペーンを行っている場所もあるため、キャンペーンの時期を狙って査定を依頼する方法もあります。

少しでも高く売るために、タイミングをしっかり見極めていきましょう。

車が高く売却できる時期についてはこちら

純正パーツにしておく

車を購入してから、自分好みに車をカスタムする方も多いと思いますが、査定依頼をする際には純正パーツに戻しておくことが大切です。
カスタム車よりも純正パーツの車の方が人気が高く、高額査定がつきやすい傾向にあります。
なかでも、純正オプションを搭載している車は、査定額がアップしやすくなります。

純正パーツに戻すことが難しい場合は、査定時に純正パーツも同時に査定してもらうことも可能なので純正パーツを必ず保管しておきましょう。

純正ナビや安全装備などは、需要が高く査定額がアップしやすいオプションです。

モデルチェンジする前に依頼する

車の査定を依頼する際は、モデルチェンジする前に依頼することがおすすめです。
車は定期的にモデルチェンジを行います。
型落ちのモデルになると査定額が大幅に下がるため注意しましょう。

注意点としては、新型モデルの販売開始日ではなくモデルチェンジの発表があった時点で価格は下がり始めます。
現行モデルが高額査定がつきやすいため、新型モデルの発表前がベストです。

車検が切れる前に依頼する

車を査定する際は、車検が切れる前に依頼することが大切です。
車の査定額は、車検の残り期間が長いほどプラスになりやすい傾向にあります。

しかし、車検の期間を長くするためにあえて車検を受けようと考える方もいるかもしれませんが、かえって損をしてしまうので控えましょう。
理由としては、車検を受けるだけで10万前後の費用がかかってしまうためです。

売却を決めた時点で、査定を依頼するようにしましょう。

複数業者に依頼する

車を売る際に、査定を複数の業者に依頼するのも高く売却するコツです。
複数の業者に依頼することで、最も査定額が高い業者に売却することができるためです。
また、「〇〇店の方が査定額が〇万円高かったんですが…」と値段交渉もしやすくなります。

複数の業者に依頼する時間がないといった方は、「CTN一括査定」といったネットの一括査定サービスを利用することで複数業者の査定依頼を受けることができます。

まとめ

中古車を査定する際の費用は、無料で行ってくれる業者がほとんどです。
反対に、ローン中や事故車の査定の場合は有料査定がおすすめです。
自分が、どこで査定を依頼するべきかきちんと把握しておくことも大切になってきます。

また、査定を依頼する際はポイントや査定額をアップさせるコツを知っておくことで、満足のいく契約をすることができます。

ぜひ参考にしてください。

About CTN COPORATION



2020年度東海エリアにおけるSUV販売台数5,000台以上の株式会社グッドスピードです。
国産・輸入SUVはもちろんミニバンやハイエース等の販売を行っていますので、
取り扱い車種に詳しい営業スタッフのほか、保険や自動車検査、整備などの有資格者も数多く在籍。
車両情報や購入時のポイントのほかにも保険や整備、買取などなど
皆様のクルマ選びやカーライフに役立つ情報をお届けします


■有資格

損保一般資格 基礎 / 損保一般資格 / 自動車 AIS検定3級 / 自動車検査員 2級 / 国家自動車整備士...



よくある質問

Q1.有料査定と無料査定のどちらがいい?

費用をかけずに売却したい方は無料査定、適切な価値を知りたいといった方は有料査定がおすすめです。

Q2.新型モデルの発売日までに買取依頼すればよいですか?

新型モデルの発表が出た時点で価値が下がるため、モデルチェンジの発表前がベストです。

この記事の監修者

CTN

CTN編集部

株式会社CTNは創業以来車事業に特化したプロとして、加盟店様を中心に新車卸事業・リース事業を展開しています。
中古車販売店様を15年以上ご支援させていただいたノウハウを基に、中古車買取においてCTNならではのお役立ち情報を配信しております。

人気車種の買取相場

アルファード

買取相場

2.3万円~404.6万円

トヨタ ランドクルーザープラド

買取相場

71.06万円~456.39万円

プリウス

買取相場

2.3万円~404.6万円

N-BOX

買取相場

12.9万円~193.8万円

タント

買取相場

0.1万円~196.0万円

トヨタ ハリアー

買取相場

17.38万円~364.76万円

フォレスター

買取相場

9.7万円~179.1万円

CX-5

買取相場

28.3万円~296.5万円

セレナ

買取相場

150万円~300万円

メーカー別中古車買取相場ランキング

メーカーから買取相場を見る

国産車

輸入車

全てのメーカーから買取相場を探す

高価買取店を地域から探す